« やっと二学期らしく~ | トップページ | 雷奉行 »

思いは尽きぬ・・・

タイトル同様、思いは尽きぬ・・・な昨晩でした。
昨晩どうしようか迷いつつ(起きれないから・・・)見てしまい・・・、

   『零のかなたへ~THE WIND OF GOD~』

今打ってみて、「~神風~」だったのだ、と気付く。。。

交通事故の衝撃で、終戦間近の特攻隊基地にタイムスリップ・・・、
した(後から見始めたのだが・・・)、お笑いコンビ(ぐっさんと森田剛)の物語。
輪廻、タイムスリップ等、まさにka_ako好み・・・な、ストーリー大筋ですが、
舞台は60年前の、あの夏です。
実際の映像も手伝ってか、身に摘まされる思いが。

(あれに人が乗ってんねん・・・・)

ただ、ただ、それを思うのです。
あと数日で戦争は終わるんや!とぐっさんは言いますが、
だんだん、自分の居た2005年のぐっさん・・・の、
前の人(が特攻隊隊員だった)の記憶と言うか、
タイムスリップで意識だけ終戦間際に飛んだからか、その人の体が、
勝手に動き出したり、思い出したり。。。し始めるんですね。

飛ぶ前の現代に回りに居た人も、
なにやら現代と同じ関係や、似た関係でその時代に居たりして、
何とも不思議で、ありそうで無さそうな、ストーリー。
ぐっさん相方の森田剛演じる青年が、何とも切なく。
先に色んな意味を知ってしまうと言うか、素直に受け止める様が何とも。。。
気付かないうちに、ka_ako達もこの流れの中生きてるんでしょうかね。

明日、出撃の一人が、
「明日の昼には、もうこの体がないなんて」と、言うセリフを聞き、
もう、普通に、ガーーーンって、感じでした。
考えられへん、そりゃ明日どうなるかは分からないけど、
それが分かってる状況って、完全に考えられへん!な事です。

「あいつ等ターミネーターや」と言わせた強靭な若い体も、
論文を書き上げるような頭脳も才能も、
一途にそれを思い続ける事のできる心も、吹き飛んで来たんですよね。
このドラマの特攻隊は空でしたが、真っ暗な海中を行く「回天」というものも、
考えただけで、気が狂いそうな怖さです。

血を流すのは、国では無く、生きた体から血は流れるのだと。
過剰な金も、物も、保障も、つまらん生活でも、どうでもいいから、
明日さえ迎えられ、無事それが訪れる事だけで良いという事。
あれは欲しい、こういうのも欲しい、もっとこうだったら、言っています。

ka_akoは、ある50回忌の法要に出たことがあります。
これは祖父の兄、のもので、勿論会った事はなく、
仏間の写真と墓石の文字と、戦争で死んだと聞いてる話だけで。
その法要から、また10年と少し経った今、
今日は大きな国の、大きな建物に、人を運ぶ為の飛行機が、
激突した日でもあり、日本では、総選挙です。
たまたまか、狙ったのか、昨晩の放送でした。

これが終戦60年の今日の姿。。。

|

« やっと二学期らしく~ | トップページ | 雷奉行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51359/5883501

この記事へのトラックバック一覧です: 思いは尽きぬ・・・:

« やっと二学期らしく~ | トップページ | 雷奉行 »