« 戦国自衛隊ですと? | トップページ | タワー体操の歌 »

見ましたとも。

昨夜は・・・眠い目こすりながら、見ました。
この調子で続く第二部も見ましょう。。。

   てか、どうなってんねん、関ヶ原前哨戦ー!!

な、展開でしたが、まぁあんなのが急に現れたら仕方ないという事で。
どこまで、どんな、関ヶ原合戦模様に繋いでくれるのか楽しみです。

ハマり役と昨日書きました家康・津川雅彦さん。
ハマりすぎて、もう妖怪かよ?!思いましたです。。。
相方??の本田正信・長門裕行さんとの掛け合いもほのぼのと・・・。
実際もこの二人、こんな感じだったのかもなぁと思わせます。
家康の伊賀越え時にも確かいたはずで、剣や槍の腕、
と、言うより、頭のキレ?を家康に認められてた人みたいです。

で、対する三成ですが、やっぱ竹中さんでは、
ほっといても西軍勝利!!しそうな三成ですなぁ。。。と。
秀吉時代からほとんど事務処理的なものはこの人!だった訳で、
太閤検地も刀狩りもこの三成の発案による?・・・等等。
オデコが広くて色白~な華奢~な感じで(あれ?なぜか山南さんが・・・
なイメージを勝手に持っているka_akoでした。。。
この松方・島左近を破格の給料(禄高?)で登用しました三成です。

キーマン、藤原竜也・小早川秀秋。反町隊長に聞いてましたね、
自分はいつ死ぬのか・・・・。

   「それはねぇ~関ヶ原の2年後に病気で~・・・」

と、テレビにむかって言ってました、思わず( ̄^ ̄)
クチはとても小さくて、か細い首で、上目遣いするような・・・
と、言うのがこの当時の秀秋の風貌らしいのだが~・・・、
何か生き生きしとりました。ものスンごい状況下な訳ですが。
なぜキーマンか、って、この小早川家率いる部隊が、
相当な数で、1万5千だか6千人とか。東西どちらも欲しい訳です。

この小早川家と言えば・・(相当長くなるらしいのでヤメ)

関ヶ原の戦いは「淀×ねね」の戦いとも言われ、
自分が嫁ぎ、ここまでにした豊家が、(子供はいなかったけど)
愛人の子に奪われるのだ、と見れば、なるほど~な話で。
いや、ねね本人も、政治や情勢を読む能力が高かったかと。

秀秋はこの愛人「淀」の産んだ秀頼に立場を追われ、
おばである「ねね」(と、秀吉)に引き立ててもらったようなものでもあり、
関白の権利はまだ豊臣だし、
立場が危うい時には家康が力になってくれたり、
ほんとああでもない、こうでもない・・・状況なのです、きっと。
これが二十歳の秀秋の身の上に起こってた訳です。
2年後、病没と言われてたり、狂い死にだったとも。

当の三成も、精神的に追い詰められるとお腹壊してたとか。

タイムスリップした現代人ですが・・・、厳しい状況でした。
当時もう鉄砲は普及していたし、いくら最新鋭の武器持ってても、
弓矢は飛んでくるわ、槍は向かってくるわ・・・・・。
やっぱりタイムスリップはしたくないもんですね。

この時代にくると、誰もが天下取りの野望を抱くのか、
渡部隊長行ってしまいましたが、(最近やった映画もこんな展開だった?
本当に家康を討ったと思ったんでしょうか。
本当に大殿が討たれたってのなら、近侍が逃げて行く訳ないと・・・、
普通に思いましたが・・・・討ち取ったり・・・と、思ったんでしょうか。
自分が優位だと思うと、つい油断が出ると言うか、
特にこの時代、詰めの甘い事すると必ず痛い目に遭う気が。。。
「確認」を怠ったのでは?!?!と、思ってしまいました。
が、余命幾ばくも・・・(血吐いとるし)という事なので、
戦国の世を、身を持って体験し、見せていただきましょう。。。

さてさてこの辺で・・・来週に続く・・・・か?

|

« 戦国自衛隊ですと? | トップページ | タワー体操の歌 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

きょうかーこの、blogするはずだったみたい。
きょうはここへかーこの目をblogすればよかった?
popuranが調子みたいなblogした?

投稿: BlogPetのpopuran | 2006/02/03 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51359/8447190

この記事へのトラックバック一覧です: 見ましたとも。:

» 戦国自衛隊 関ヶ原の戦い [春 primavera]
見ましたよ~。「ありえな~い!(笑)」をTVに向かって何度言ったことか…。「あな [続きを読む]

受信: 2006/02/02 13:40

« 戦国自衛隊ですと? | トップページ | タワー体操の歌 »