« タワー体操の歌 | トップページ | プチなんかどうか・・・ »

第二部も見ましたとも。

さすがに昨日は眠たかったぞ、と・・・・。
先週第一部感想に引き続き、
第二部に関してチンタラ書かせていただきますと・・・・・、

     まぁ、ドラマやからね・・・・・・・・・・・・・

で、ka_ako期待の島津義弘ですが、

     こんだけ・・・・・・・?!?!

しか、出ませんでした。。。。名前出ただけで良しとしましょう・・・。
そのチラっと出ました諸将について少しずつ(少しじゃない)。

宇喜多秀家:「ご先祖様」と言われてたこの人は西軍の副将で、
   石田軍に続く大部隊引き連れ、敗戦後処刑間逃れ「島流し」に。
   この人からこの「島流し」と言う八丈島への流刑が始まったらしい。
   「いいとも」で本当のご子孫様見ましたよ。
   奥様が前田利家の実娘で秀吉の養女・豪姫。
   この前田家から隔年物資などが八丈島に送られてました。
   明治維新後、放免状が届いたそうです。

大谷吉継:覆面してました、演出◎。実際顔や手は隠してたそうで、
   難病のハンセン病を長く患っていて、この頃はもう失明寸前とか。
   三成の挙兵の話を打ち明けられると、信じられない!!で、
   その挙兵をやめさせようとしましたが、三成の決意固く・・・。
   それでも親友・三成の為に死装束で参戦。
   石田軍の横に陣取り、小早川軍の寝返りに備えていました。   
   三成と共にこの関ヶ原に備え戦い、小早川勢の攻撃に遭い自刃。

島左近:ドラマでは、なんでここで死んじゃうの・・・・・でしたが、
   実際も馬上で狙い撃ちされたようです。しかし、実際合戦後、
   この左近がどんな鎧を身につけていたのか?と、
   戦った人が覚えてないほど(見てる暇与えないほど?)の、
   戦いぶりだったそうです。首が見つからなかったそうな。。。

上の大谷・宇喜多・島隊と石田隊が、実際は戦っていただけで、
後の西軍各隊は徳川と内応して、または優位な方に寝返るつもり。

さて、ドラマに戻り・・・、小早川秀秋・石田三成・島左近の消え方は、
歴史の流れ上問題はないかと。しかーーーーーし、
石田三成になった渡部隊長・・・・・・・やっぱ家康討ったと勘違い。

   ってか、もっと戦い方あるんでないのか、コレ!

歴史塗り替える!!名を残す!!!ってなら、

     そのつもりでやらんかい!!で。

何でヘリあるのに開戦後速攻で家康本陣攻撃しないのだ?
んで、また反町隊長と後でホントの関ヶ原戦やったら・・・?

と、思いました。いくら最新武器でも、あの兵数相手に、
いちいち敵に向かって引き金引いてては、弾も消費・体力も消耗。
弾薬使って罠しかけて、効率よく誘い込んでいかないと・・、と。
まともにやって数万人を相手にできると思ったのかどうか。
戦だーって、格好つけたせいで、勝てるものも勝てなかった・・・、
のは、実際の三成にも言えた事かもしれない。
周りに強者を就かせたのも、その為だったのに?

その点、いくら未来の物だろうと、所詮人が造って動かす物と、
よく分かってたのが家康の方だった気がします。さすがに・・・。

結局、家族を持って幸せに・・・という道を選んだ隊員だけが、
まともに生き残るって訳で、これが一番なのよ、と。。。。。

      まぁ、ドラマやからね・・・・・・・・(2回目)

とにかく、やるならとことん信念貫いてやらねば生き残れない、
事がよく分かりましたです、戦国時代。。。
石田三成は、家康もドラマ内で惜しんだほどに、
文官として優れた人物で、主君に忠実に一途、
自分の城を飾り立てるようなお金の使い方はしない人でした。
今でもあの処刑された場所は「正面」と名前が残ってるそうで、
豊国神社に祀られてる秀吉に向かって、正面、だったとか。

こうなると、関ヶ原の一部始終を濃密に描いた、
濃い~ドラマ見てみたいな・・・・。秋くらいに。
あ、そうだ。これで火がついて、別館こしらえてしまいました。
そのうちサイドバーに表示されるかと思います。     

|

« タワー体操の歌 | トップページ | プチなんかどうか・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

popuranが感想blogされたみたい…

投稿: BlogPetのpopuran | 2006/02/17 09:35

ネットで感想と、眠たかった感想をBLOGするはずだったの。


投稿: BlogPetのpopuran | 2006/02/10 09:43

そうかもしれないですね~、
前半に比べると・・・は否めないかも。。。
TB、コメントありがとうございます(^^)/
大谷吉継は、
徳川の采配で豊家の存続をと考え動いていた所、
この合戦の事を打ち明けられたようです。
確かにあの程度の出番なら誰でも良かったかも(>_<)

どこまで歴史の大まかな流れを変えず自衛隊を組み込むか、
で、ストーリーが一杯一杯だった気がします。
しかし、当時でも言われた
家康と三成の器の差は見事に変わらなかった、と・・・。

こうなると、皆無事だった!な
「ハッピーエンド版・戦国自衛隊」も面白いかも。。。

投稿: ka_ako | 2006/02/10 09:39

前半はかなり面白かったんですけどね~~。
家康暗殺して見せたりとか。

後編の嶋村二尉は完全にナルシス入ってましたね(w
歴史に名を残す!といいながらなぜ三成を名乗るのか疑問でした。

家康殿はよかったです!
狸っぷりが素晴らしかった。
三成のことを高く評価していたってのははじめてみる解釈でした。

しかし大谷吉継って六平さんだったんですね、エンドロール出るまで分かりませんでした(汗
というか覆面してるなら誰でもよかったんじゃないかと気もするけど(w

投稿: KAIEN | 2006/02/09 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51359/8560651

この記事へのトラックバック一覧です: 第二部も見ましたとも。:

» 戦国自衛隊 関ヶ原の戦い 完結編 [春 primavera]
昨日見ましたよ。いやぁ~脚本家さんあれでええんですか??映画であれ見たら、金返せ [続きを読む]

受信: 2006/02/09 16:58

» 戦国自衛隊・後編 [KAIEN’s ScrapNote]
前編が面白かったので楽しみにしてたのですが! 思ったほど盛り上がらなかった(w [続きを読む]

受信: 2006/02/09 17:36

« タワー体操の歌 | トップページ | プチなんかどうか・・・ »