« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

みんなイイ汗かいてるかぃ?

いやぁ~もう何だか、クソ蒸し暑いですね~、
曇りでも熱中症が発生するのが判りますわ~、
こんな日にまさか毛布なんか洗いたくないですが、
洗ってますka_akoです、こんにちは。

あの取り込んだ時の肌に触れた途端そこから暖かいので、
本当に毛布って暖かいんだなと、こういう時よく分かりますね!
(この季節にそんなの実感したくないが、いい加減早くしまわないと)

先の雨の日、

いい汗かいたんですわ~

次男と~、

    

     

歯医者で。(さぁ苦手な方はスルー!)

    

    

あのスムーズ過ぎたらしい初回とは打って変わった、

次男の怒涛の攻撃?くらいまして、

一体どうしたって言うんだ!!の大騒ぎ。

もう今回、診察室に入る前からヤバかった。
椅子がウィーンって前に、

もう座らない。滑り台のように滑り降りる。(落ちる?)

だから前掛けも付けられずそのままゴー!

それでも椅子に引き上げれば、もう泣き通し。

    

終いに泣きすぎて吐く。
(麻酔のせいかと思ってちょっとビックリした)

本人は時々口を開けて、
何をされてるのかさっぱり判ってないと思います。

    

思いっきりギャーーーって大口開けてくれたら
そのまま治療ゴー!!!なんですけども、

微妙に閉じる為口開いとく器具みたいの噛まされた。

が、これが更に神経逆なでした模様。

    

「これ・・!コレ要らないのー!」
(と、口を開けたまま言ってみよう)

と、自分でその器具を引っ張り出し

「これ要らないから」

落ち着いて先生に手渡し。

「あっちの本が読みたいの~」

訳の分からん抵抗を見せるものの

    

「終わったらね」

    

と、あっさり言われ再び戦闘開始。

   

ka_akoは両腕を押さえ~、
助手さんは肩を押さえ~、

先生必死で削りに入り~、

    

ka_akoひたすらに蹴られる。
 

喉とか腕とかもうキックキックキック・・・
(動くの足だけだから)
しかも足の裏で皮膚引っ張られてぎゅぅぅ、、、

    

こんなことになるなら

ちゃんと歯磨きしとけばよかったー!
(きっと気付くのやるのが遅すぎる次男&ka_ako)

    

とうとう、ka_akoは言った(叫んだ?)。。。

    

「あれー?
 ○○(長男)はもっと口開いてたけどー?!」

    

と、先生も、

「あ、そーだぁ~お兄ちゃん上手だったよ~?」

   

    

     ∑(゚Д゚)・・!!

    

     

      何だって?!
  

       ヤツは・・・

    

   ヤツはコレに耐えたと言うのか?!

   

    

的、初めて(?)お兄ちゃんを見直したのかどうか
対抗意識はあったのかいきなり口開けて頑張れた

    

本当にちょっとだったのが次男の性格が知れるわ。

    

そして詰め物の型を取るのに、(ピンクのガムみたいの)

もう先生が口の中ずーっと押さえてた。

まず固定は(噛んでてね~とか助手さんでは・・・)無理。

終わったら親子で汗だく。
汗だけでない、ヨダレやらもう雨に濡れてきたのやら、

   

・・・・もう疲れた・・・・・・・。

でも次で終わるってさ・・・・・・・。

あともう一回あるのか、これが・・・。

   

時々、思い出しては泣き、あれは嫌いだ誰はどうだ、

   

もう歯医者さんの先生より、

保育園の先生の方が好き!(言うまでもなかろう)

ギャぁーーー(泣)

もう行かない!嫌い~わぁぁ~~~(号泣)

   

そのまま・・・

昼寝してしまい(診察が眠い時間なのは確かだな)

その日は終わっていった。。。

体が大きい分、暴れると動きも大きい為、
押さえるにも厳しい状況が勃発。
2~3歳と(長男時)4~5歳(次男)ではね~違うわそりゃ

そして、

ついでにその翌日は長男が歯医者でして、

    

   「俺も行くーーー!!」

   

と、次男さま、張り切って着いて行きまして候。

そして「俺、吐いたんだよ~」と現地で、
昨日の自分の様子を声高らかに語っていた模様。
受付の人にも昨日の様子を聞かされたとお父さん。

多分、

「そんな感じで歯医者頑張った俺ってどうよ」

と、この日はお父さんが付いてったので、

それが言いたかっただけかと。。。

    

長男はやはり、
もう慣れたもんでして、
でもかなり久しぶりでして、
学校から「歯がやばいよ」の紙貰ってきてまして、

   

    

歯を抜かれて帰ってきた。
次、もう1本抜くらしい。

   

そんな酷い虫歯が・・・・・?!

   

ではなく、
もう大人の歯がすぐに迫って来てまして~、
抜いた割には早かったよな、で、すぐ抜けるのねきっと。

長男は歯が生えるのが早く~(生後3ヶ月頃にはもう・・・)
だもんで生え変わりも早く~、実はka_akoもそうだった。
周りが抜けてる頃には既に永久歯完了。

あと、

やっぱり、

かなりでかい虫歯も発見された模様。

   

「俺、7時半までご飯食べられないんだよ・・・」

   

と、何だかガーゼ噛み締めつつウダウダ。

そして、
きっかり7時半に秋刀魚を平気で食ってました、この男。
しみるとか痛いとかは食えないよりマシのようである。

いまや歯医者さん慣れっこ長男ですが、

先生もお兄ちゃんは上手だったよ~言ってくれてましたが

   

昔、先生の手を噛んだんだよコイツは。

「怯えてただけなんだよね」とナウ○カとテ●の様な状況じゃございません事よ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想像は想像を呼ぶが一見に敵わず。

次男さまの2度目(以降)の歯医者に向けまして~、

少しでもスムーズに治療が進めば・・・と、
いろんな事を吹き込んでます、ka_akoです、こんにちは。

   

「今度はばい菌のお家壊してもらうんだからね~」

  

「うん。(´□`。)」

   

「もうねぇ・・・

 ばい菌のお家見つけたのにほっとくとねぇ・・・

   

 ばい菌のお家が3階建てになるよ!」

    

    

     ぅは~・・・(゚д゚;)

    

    

ふふふふふ・・・きっと効いてるわ・・・・・

   

狙いとしては、

ちょうど近所のお家の取り壊しを、
思わず立ち止まって見てた事が過去にあり、
(これまたスゴかったんだ、メキメキーーバリバリ~っと)

お家を壊すってのはああいうことなのよ!!

記憶を引っ張り出しにかかってみたのでございます。
子供らの様子としては、かなり、
衝撃的かつもうその場から離れられない光景で(大人もね)

見てたのは2階建てのお家の取り壊し。

それが3階になってそれを壊す事を想像したら~~・・

    

メキメキーーッ、バリバリバリーー!!

ドッシャーーーーーン・・・!!!

    

なんだよ、と。

  

今壊せば、あそこまでならないよ、と。

   

そういうイメージで進めとります。

    

すると次男が言いました。

    

    

    「じゃあさぁ~ 

     

    

    5階とかもなるぅ~(;´Д`)」

    

     

     

       なぜ増える。

    

     

「そうそう、5階とかにもなる・・・・・」

と、言いながら、

    

歯の上に五重塔が建ってる想像をした。

    

もう5階クラスの建物は、

「爆破」すんじゃない・・・?

ああ・・・・そんな光景は近所ではちょっと・・・・。

    

   その前に爆破せねばならん虫歯てどんな??

   もう、ビルディングオブばい菌??(何じゃそれ    

     

・・・・・でもねぇ・・・・(←想像から戻ったらしい)

まぁなんと言っても一番効きそうな歯の話は、

    

    

   お父さんの事件。

    

    

かもしれない。

    

   

あれはいつぞや、お茶漬けを食べてたお父さん、

    

  「イっ・・?!」(お父さん)

   

   

   「?」(一斉にお父さんの方を見る)

    

     

    「前歯折れた・・・」

    

    

     ひぇーーー?!(@Д@;

     なんで?!

     何でお茶漬けでそんな・・・

    

    

     「コレだ・・・(-_\)」

    

    

と、手に乗せておりましたのは、

    アラレ小さい丸いのね・・。

元々差し歯か何かで・・・・・
慌てて歯医者走って行きましたわ・・・・・

「ちょっとしばらく堅いもの食べないでってアラレで折れるのにこれから何食えっつーんだ・・・・(-"-;」

と、治療後ぼやいておりました。

アラレがふやけてから食べたらいいんじゃないっすかね。

だから、

    

 「お父さんみたいになるよ!(゚Д゚)」

    

で、済む話なのかもしれないんですけど。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーんと多分しっかり営業中。

うん・・・なんだか全然書いてないやね・・・。

だからドーンと行きますかね。。。

そういや先週末は、珍しく怒涛のスケジュールで~、
いや終電は全然良かったのよ、うん。まだどんどんあったのよ。
終バスがもうなかったのよ、15分くらいの差で。

ん~・・・こういう時、タクシー??
その辺歩いてる人とっ捕まえて「何処まで帰られますか?!」
タクシーの相乗りも普通に(普通か?)考えたが~家に電話。

まず1回くらいの電話じゃ出ない。いつものことだ。

   

あ、ちょっと待てよ?

   

駅から家まで歩いたら

何分かかるんだろう(・∀・)

    

という酒の勢いの入った好奇心に負け、
50分夜道歩いて帰りましたka_akoです、こんにちは

で、続きを話せば、なんとかその日当日中に帰りつき
「俺、電話したがや」と、ああ着信入ってるわ~・・・。

「ああ。歩いてきたから。」
「・・・。(まさかと思うが駅から?という雰囲気ありあり)」

もう旦那ひたすら無言。そのまさかだよ、君。
多分5kmくらいの話ですが。

この日(土曜)もよくよく考えたら、朝刊から始まり、

ソフト→夕刊→飲み会→歩いて帰宅→(寝る頃既に翌日に)

朝刊→カッター→帰宅・やっと昼寝→起きたらご飯作る→・・・

割に動けるもんだな~( ̄∀ ̄)と、ふと思ったりして。

そのとばっちりが・・・、

あえて書かないが・・・、書ききれないが・・・・

  

各所に現れるのは言うまでもなく・・・。

いやいや・・・、

これで終わりではないのないの、
怒涛のスケジュール最終日は昨日の月曜!でしたの。

カテゴリー「育児」っすよ、この期に及んで!!

次男さま、

   

   歯医者の洗礼!!(;´Д`)ノ

   

ああ、思い出せば長男はもう2歳から通いましたとも、
そして「歯の質がもろい」とのことで・・・・
もうこの先も虫歯とは長いお付き合いでございますきっと長男。

大人になると、この歯のもろい方が歯周病にならない・・・、
という変な展開をみせるのが不思議ですわね。。。
歯が丈夫いと、歯より歯茎が来るって感じな話になるのね。。。

この「もろい」子はもう何やっても虫歯になる
と、思っておいてもいいくらいでございますのよ。
さすがに長男、一人目!だけあってマメに歯磨き、
機会あるごとにフッ素やってたのに、

いきなり神経までとる治療になった長男当時。

で、子供の歯は小さいので、
もう削ってみたら神経までいっちゃうパターンもあるらしく~?、
もう神経とっちゃいます・・って感じでね。

子供の歯は生え変わるから・・・、と思ってると、
その子供の歯目指して次の永久歯は伸びるので迷子になる?!
あの歯の二股の根っこが抜ける時に無くなってるのは~、
この永久歯が吸収して伸びてくるのよ?!
(うろおぼえ)

その当時も、歯医者には行くものの、
長男が歯が痛い~と痛がってる場面には遭遇した事無かったのです。
歯磨きしよか~と口を開けてみたら「緑」の物体が歯にあって、

キュウリ・・・・・・

だったのですな、歯の中央に。
もうそれが神経治療まで達する虫歯だったのさ!

看護婦?さん、先生、受付の人、ka_ako、
総がかりで押さえつけてやりましたっけか!
診療時間かなりオーバー、先生達の昼食あの時どうなった?

あんまり泣いて興奮しすぎて、頭に血が上って、
神経治療の穴から血が止まりません~状態でした。

そして今回、次男。。。

歯磨きもフッ素もほどほどどころか
あ"ーーー寝ちゃったよーー!!なヤツでして・・・。

週一、こちらが仕上げ磨きしてればマシな方って人でして・・・・。

だから多分、

歯の質はもろい方ではないのかもしれない。(そうきたか)

でもとうとう虫歯。

さぁ、体力勝負(押さえつけ力ずく)
知力で勝負か(どんだけ子供を乗せるか)でございます。

ここの歯医者さん、初子供ちゃんの時は、
始め数回は様子見で進めます~。
ホント何年生かな、って子でも時々泣いてるからね・・・・。

「ほら、こんなお水出て電気も付くんだよ~」

と、あのバキュームやら、
本当はおそらく先にドリル付けて削るヤツとかを、
子供の手の平に当てて見せてくれますのね。
風が出るヤツで次男に笑みが!!これはさっさかイケるかも!

で、次男は、

じゃあちょっと倒すからね~と、
先生が言うのと共にウィーン・・って・・

    

    

     

 ぁああーー降りるーーもう降りるー!!

    

    

   

          椅子かよ!!

    

口に何か入れる前の問題でした。さぁどうしよ。

椅子から降りて立ったまま口あけて「ここで見て」とか申しますの。
「うん、俺ここでいいからさっ」とか、
格好つけて言ってもらっても困るんです、
この椅子の上に横になって下さらないと!

出番だka_ako!?

 

「この電気当たるとむっちゃ見えるんやで~~?
 ばい菌のお家がここの電気に当たると見えるんやで?」

あ、そうなの・・・・てか、

自分の口の中にそんなばい菌のお家が?!

そんなの・・・・イヤ!!!

状態に。少々そういうのに敏感な次男にはこれでオッケ。
椅子に乗せるのは、
うがいの台に立ってると届かないだろ、でまぁ納得。

「ここ!この丸いトコねらってべーして!!」

うがいと言うか水吸ってブーブー吹いてるだけですが~。
もうボタンでカップに水が出ると知ると、
今度はこぼれるのでは?とか心配で目が離せんらしい。

そして歯医者さんは、
そのばい菌のお家を壊して取ってくれる人であると植え込み、

「そういやこの椅子、飛行機の操縦席みたいでない~~??

 あ、ガン○ムの椅子もこんなんやったかな~~、

 あ~ブルーイン○ルスの椅子もこんなやったかな~~」

あ、そういやそうだったかも

とか、たとえ全然違っても何となくそう思わせます。

で、ようやくあのライトの当たる所まで頭を持って行って、
ようよう口を開けたら、

「あ~~ばい菌のお家あるあるある~~~!!」

と、盛り上げます。
あ、今(バキュームで)
お家の外にいたばい菌が吸い込まれていった~!
とか、

もうベタで可。で、ございます。本人は見えてません・・。

はっきり言って、

お母さんちょっとうるさいです

   

いざ座り、先生が口の中見ようと始まります。

   

え~、え~?、

え~何コレえーー?!

それどうするのぉ~~??!

   

   

      
    あ~~(´□`)~~ん 

    

    

    出来るんじゃねぇか。

    

ん~ちょっとレントゲンを・・・ってなっても、

「うわぁ~骨が見える写真撮るって~~」

   

  え?マジに??(゚д゚)←嬉しいやら見たいやら

    

みたいな顔してすぐレントゲンの部屋に入って行きました。

次男の場合、自分の何かが見れるのが結構好きで、
鏡があればいろんな顔やポーズしては眺め、
写真を見ては喜び・・ちょっとナル傾向?
あの小さい写真は本当に見せるときっと欲しがるので、
出来上がって置かれてましたが、軽くスルーしました。

実はホネも好き。特に恐竜の骨が好き。
だから近頃買い物行くと必ず小さいガムの入った某箱菓子

全ては、子供の好きなもの、わかる物とすり替える。

割によく喋る子供だけに何か言えば適当に、
自分流に置き換えてしまうのが早いのか何なのか、
長男2才時代に比べると4才半ばともなればこうかな。

だって、

    泣いてはないんだ、一回も。

何か薬塗ってもらって初回は終わり。

ともあれ、

    

    次回から削り入ります。

   

    本番は、次からかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »