« 司馬遼太郎の功名が辻・最終話 | トップページ | 水疱瘡終了~ »

今年も名古屋の片隅で。

あ~雨だね~肌寒いねぇ~・・・

この時期の雨は冷たくてやだねぇ~・・・

だから?

って感じで行われました(?)、
名古屋港の片隅で開催されます、秋の恒例、

第7回カッター交流会!!

でした!!!

地元チームはじめ、
遠方のチームをも気付けば巻き込み始め、

シーズン最後!

の後の、

今年最後!!の、

 

「我々の心の支え」

とも言うべきイベントとなっております。

 

小雨決行(きっと雨天でも決行)で、
昨日も無事にお肉お腹に収めてまいりましたー!!

ご参加の皆さん、遠方からお越しの皆さん、
また、
この為に早くから動いて下さってる皆皆様、

ありがとうございましたー!

お疲れ様でした!!

 

交流会の様子・・の、前にka_akoから、

 会場にお子様連れだった皆様へ・・・。

  本日、息子が水疱瘡発症致しまして・・・

  ずーっと室内等ではございませんでしたが、
  念の為「まだ」のお子様、お気をつけ下さい~・・

 

一日降ったりやんだりのしとしと雨の中、

各チームでの予選、
くじ引き即席チームでレースに挑むシャッフルレース、
その後、予選の上位チームによる決勝

そして美味しい時間が待っております、こちら、
もう決勝戦の時間帯ともなりますと、
誰かが「これ終わったらお肉restaurantと言ってる状況です。

今回はシャッフル優勝ならず~・・・でしたが、
本チームレースで優勝させて頂きまして!!うはは。

で、いったいこの交流会ってどんなだ?と、

思う方がいらっしゃるかと思い、

会場にあります表を写しておいてもらいまして、
参加者はこのチーム数×8人+見学、家族、関係者諸々で、
どれくらいの人が(肉やカレーや焼きソバを求め)
ひしめいていたか想像して頂けるかと思うんですが。

↓こんな感じでホワイトボードに貼ってある状態。
 チーム名は磁石のよくあるアレで、
 決勝に行ったチームは予選から消えてます。
 

で、よ~く見て頂きますと、22973538_2338341039_6(写真見たら「戻る」で戻ってね!)

 

 

「?!」ってチームが居たりすると思うんですが。。。

多分、

前夜の、

 

「カッターバカ選手権のせいだ。」
(潰し合い効果がいよいよ出た?!)

とか言われたり・・・・・・・。
(確かに店を取ったのはka_akoですが何か?)

でも、前夜に来てても、

ちゃんと決勝行ってるチームもあるってばよ!

 

この前夜の方もですね~、

気付けばいつかのライバルチームメンバーが、
一緒に飲んでる訳で、
この日も、えぇ?あそこのチームだったの?!
って初顔合わせも。

「可愛いよなぁ~もうピチピチやもんな~」と、
若者を見て言ってみれば、
「もうそんなん言い出したら"おばさん"やで」
と言われ、「チッ・・」ってka_akoが言ったかどうか。。。

もう当日ギリギリまでお仕事調整して参加して下さる方、
忙しいにも関わらず参加してくれる方、
交流会当日ダメだからコレには行く!と来てくれる方、

皆様、ご参加ありがとうございます。
今後もどうぞよろしくお願いしますーー!!

それも皆さんの予定など聞き込んでるうちに、
数日前にババーーっといろいろ決まる無謀な状況で、
毎回決行しております。。。

そんな先日の無謀な会の間に、

とてつもない素晴らしい計画が持ち上がり~、

またこちらで何か書ける事になるかもしれません?!

 

はい、
前夜の話から交流会の話に戻りまして・・・・。

予選も終わり、クジを引き、即席チーム作りです。
もう何処に乗るか漕ぐか分かりませんから・・
ビビる気持ちも分かります。。。

そんなシャッフルレースの状況見ますと・・、

22973538_1810792157_3  

本チームで何やってんだ

 

 

 

というほどの好タイムが続出してたりします。

だからこのシャッフルレースで優勝なんかしたら、
メンバーの名前と艇座をメモっといて、

このメンバーでどっかのレース行けば・・・

って、思えてしまうのでございます。
まさに『名古屋シャッフルレース発ドリームチーム』

誰かが誰かに引っ張られたり、
誰かが誰かに合わせてるうちに、
こんな事になるのかな~・・・・・
と言われたりしてましたが、不思議ですね~。

とにかく、昨日は3本(350m)漕ぎ、(男女距離同じ)

1本は艇指揮として乗り込み、

 

この日最大のハプニングに遭遇出来ました。

 

この艇は一緒に練習することもある某チームでして、
漕ぎ手は全員そのチームの、

基礎体力・精神力・チームワークの、皆様。

号令を出しますは我がチーム会長、
んでka_ako、だった訳ですが、

この会長&ka_akoってのは、
同じ高校出身でして、それがなければ、
今ここで彼が舵握ってる事はあり得んかったはず。

で、思わず「おおーー!初コンビか?オイ!」
「○科と○科、○高コンビ!!いぇーーーぃ!!」

と、乗り込んでから勝手に盛り上がってましてですね
以前に我々二人がギャーギャー盛り上がった時は、
大阪レースの帰り、道に迷いましたっけね、そういや。

で、スタート地点まで向かいますと、
右舷、左舷がズレてクロール状態になることが判明。
クロールでなくバタフライでないといけませんです。

とにかく左右が合わせる事を念頭にスタート!!

おぉ~~?!
ええやん、ええやん!!!

さすがにパワー溢れる漕ぎが炸裂!

ズレを感じ出すと「待て!!待て!!」連発し、

回頭用意ーーー!!

いけるでーーー!!回るで~~!!

 

「左櫂上げ!!!!!」

 

おぉ~ブイが左舷脇に・・・

 

しかし、あの、

 

 

   向こうのブイは何?

 

と、思った瞬間、

 

   「向こうだぞーーー!!!」

 

と、他の艇がまだ先に向かっていくではないか!!

 

こちとらほぼ回り完了、しかももう戻りかけ!!

 

 

    アンタ(会長)スゴ過ぎ!!

 

 

もーどうすんのー?!失格ーーー?!

と、言うか、

あまりにも度が外れすぎてるモノに遭遇すると、
笑えてくるもんなんかな、と思った。。。。。

漕ぎ手さんに申し訳ないやら、
気付かんかった自分が情けないやら。

「大丈夫!!!
 もう一回やらせてもらえるからー!何とかなる!!」

「あ・・・アップだ、アップ!!今のはアップ!!」

漕ぎ手以外の二人わめくわ騒ぐわ。

他の艇に何となく合わせて戻り・・・、

「全員で頭下げてもう一回お願いします言ったら大丈夫!」

と、漕ぎ手の意見も聞かず求めず、
何とかもう一回漕がして貰わないとーー!!!

(どこぞのチームやったらもうええわ!とブチキレられそうな場面)
そんな一心で、何となく周りの反応を見つつ。。。

そしたら、

再レースオッケーでそのまま3コース入って下さいって事で、

 

   ああああ、

     ありがとうございますぅぅ~~・・・・

 

そうと決まれば、早くスタート位置まで行って体力温存!
(で、一回取ったスタートブイまた離しとるし会長・・・)

 

「・・俺・・、朝・・・・、

 

 あの事(違うブイが浮いてる事)説明したんだった・・」

 

 

   あ~・・・そんな話したんだぁ・・・・・・

 

    ヲィ!!!

 

・・・・常に何かをやろうと、

   新しい事を目指す男なんです!

       ・・・・・・それが例え失敗でも!!

    それがうちの櫂長ッ!!!

 

と、何を言ってんだ・・・・で、再戦したら、

 

とんでもないタイムで予選1位通過。
(さぁ先のタイム表に戻ってみよう?!)

 

何が素晴らしいかって、

文句一つ言わず漕いでこのタイム!!の、

漕ぎ手の皆様です!!!

また懲りずに一緒に乗って下さーーい・・・・・

と、言うわけで・・・・

その後のバーベキュータイムはひたすら徘徊し、

人の皿から肉とって食ってた。ちゃんと並べ。

そして家に帰ってきて、荷物あけたら、

081027_075054  

関東・関西・海外からのお土産達と賞品heart01

 

 

 

もう、とにかく、

ここのこのカッター交流会は最高なんだぜぃ!

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

   ちょっと思い出したので書いておこう。。。

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

カッターバカ選手権(普通に飲み会ですから)時に、

あの四日市レースの、
「ぎゃーフライング~?!」の話
が出まして、

「ピストルの音ではダメなんだよ~

 奥のコースと手前で誤差が出るからね~

 旗見てスタートかけたらいいんだよ、あれは」

って事で、

じゃあアレはアレで出れば良かったのか???

観客側からあのスタートの旗は見えてないので、
何となく全艇が同時に出るのを見てしまうものなんですが、

そうらしいぞ?!

確かに音の誤差は大きいぞ!!!

今後艇長やる時は心に留めておくのだ?!

|

« 司馬遼太郎の功名が辻・最終話 | トップページ | 水疱瘡終了~ »

カッター関連」カテゴリの記事

コメント

名古屋ってなに?

投稿: BlogPetのpopuran | 2008/10/30 13:35

おはようございます!!お疲れ様でした!!(特にあの1本?!)
そうでした、そうでした・・・

漕いでらっしゃいましたね!!

あの皆様は我々とは体の構造から違うと思われます。。。
更に本当、職業柄でしょうか本当あの状況にも関わらず、
誰も怒らず(いや、内心は・・・??)
騒がず(騒いでたのはトモの二人)
慌てず(慌ててたのはやはりトモの二人)

そしてあのタイム。すばらしい!!!の一言です。。。
もう乗ってた人間にしか分からない世界かもしれないですね?!

かくいう楽備萬さんも、
何故エアロビで癒される体なんでしょうか!!!
勿論『笑顔』でエアロビなんでしょうね!!

投稿: ka_ako | 2008/10/28 06:38

この日最大のハプニングを艇の上で体感させていただいた怪しき者です。関係者の皆様大変お疲れ様でした。また、ありがとうございました(゚ー゚)

噂のあのチーム、メンバーが勤務の都合で欠席してしまい急遽お仲間に入れて貰ったのですが、あの方達にとって失格?レースが実はアップだったなんて!?流石常日頃肉体を鍛錬されている方々大変恐れ入りました。また絶妙のチームワークに感動しました。今後二度と無い!と断言出来る程の貴重な体験!?をさせていただき本当にありがとうございました。誤回頭後、艇が止まった時には怒(゚Д゚)ハァ?を通り越して何故か失笑していましたが、彼らは職業柄危機管理がしっかり体に叩き込まれているのか?全員無言でした(`◇´*)

あのハプニングのせいで昨日は午前中に4本漕ぎ、さすがに今日は疲れたので体を癒しにエアロビクスに行って来ました。ああ疲れた...

投稿: 楽備萬 | 2008/10/27 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51359/42921562

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も名古屋の片隅で。:

« 司馬遼太郎の功名が辻・最終話 | トップページ | 水疱瘡終了~ »