« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

赤!白!!・・・

そ~んな運動会な季節ですね~日曜にこんにちは。

本日の予定が変わり、現在カタカタ可能となりまして、

カタカタ中でございますka_akoです。

この時期、週末はもうあちこちで、

赤!白!わーーーっ!o(゚Д゚)っ

って感じなんですが、 

 

 

090927_055141  

 

   赤! 
 

 

 

090927_053950  

  白!?

 

ちょっとその見かけたお宅のを撮らせて頂きました・・(;;;´Д`)ゝ
 
 

って訳でございます~。

家の子供らの運動会はまだだ。

この白いのは、去年くらいから見かける(気付いただけ?)ように。
また今年もその子らが出てきて咲いたと言った感じでしょうか~。

090927_053839  

 

 やっぱ赤いのと同じ花よねぇ・・・?

 

 

普通、彼岸花っつったら、それこそ今みたいな時期に、

090927_055646  

 

ドガガ~~っと、

 

 

群生してるイメージだったり、

何やら不気味~な話が付きまとう花だったり、

なんですが、

そもそもそういう場所に群生してる理由ってのがあって、

「獣(けもの)避け」

なんだそうで。

ともかく、

『掘り返されないように』

という目的で植えられてるらしく、
だもんで、あぜ道や墓地近くにある・・なんですわね、おそらく。
根っこに少々毒があるんだかで寄って来なくなるみたいで。

で、その毒を嫌うのは獣の様なんですが、
人はその毒を抜く方法を知っており、
なんと毒を抜けば食用となるそう

毎年同じような所に咲くところをみると宿根で、
球根か芋みたいな根っこなのかもしれません。
(さすがに引っこ抜いたことないもんで想像ですが)

それは当時の飢饉対策でもあった

という話を、新聞で見た。

そんな知恵の中で暮らしてた時代から人が居るところに、
この花は咲くのだろうな~。

この赤はもうほっといても咲いてる感じですが、
この白はどうも植えられたのか、
園芸用かであるのかな、と言った感じ。

そしてついでに、

 

090927_060540  

黄色?

で、ございます。

  

 

何かここまで来ると何だか丸々よく肥えて別の花みたい。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

虫の音が。

チリリ、リンリン、

おや?と耳を澄ませて聞こえてくる風流な虫の声も、

あんまり多すぎると、

わーわー♪ぎゃーぎゃー!!

って気がしましたka_akoです、こんにちは。

鑑賞などしてみようか、とエンジン切ってみれば、

数多過ぎ。

ると、こんな感じなんでございますねぇ。

さてさて、こちらのデザインも替えてみまして、
何やら記事を書くと木が育つんだそうで??
こりゃ頑張って更新しなくちゃ!!
って気になるかなぁ~などと期待しつつ・・・。

え~と、先週などはとうとう新学期が始まりまして、
(もちろんPTAも、あははは・・)
そして待ちに待った給食なども開始されまして、
無事夏休み最終日も終了してた訳ですが、

「せんせいに・・・。おこられるぅ~・・・。」

と、1日の朝は起きてきまして次男。
(逆に長男はこういうとき潔すぎてやはりある意味ヤバイ)
夏休み中の出校日の朝とまったく同じなのですが、

「 あのね~、

 先生が怒るのはね~、

 あなたの夏休みの過ごし方への

 正当な評価ですから。」

 堂々と怒られたら良いのだ!!(#`Д´) 

と、その日も送り出した訳でございますが、

多分先生もいちいち怒る暇もないんだろうな~と、
何事もなかったかのように帰った次男を見て思いましたが、
こうパニくるの分かってるのにやらないんだもんな~宿題。
やるにはやったのかな、こんでええの?ってのはあっても・・・、

なんですが、

どー考えても、

「アンタ・・・こんな勉強学校でしてる・・・?」

と聞いてしまいたくなるような課題ですとか、

「答えあわせをしてきて下さい」とか、

ちゃんと助けてやってる?(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

そうなりますと、

せめて答え合わせだけでも・・、

宿題出来てない=答え合わせ遅れる

で、ありまして、

「お前が片付けんとこっちも出来んのじゃー!!」

という展開に必然的に陥ります新学期前夜。
まさに抜け殻と化します、セミより遅く。

読書感想文などは「言われたまま」書き、
これからいよいよ感想を!みたいな所で文章は終わり、

プリントをやった日付を書くカッコ内には、
全て自分の誕生日を書き、(直さず提出)

「この絵のなかにあるものを書きましょう」と、
「海辺の砂浜の絵」を見て、  

 

 

「しお」

「さんご」 

 

どこにそんな絵描いてあんねん!!「しお」って何?みたいな、
先生も見たらぶっ飛んでる事と思います。(やはりそのまま提出)

長男は長男で、「あ、ポスターあったんだ」と、
言い出したのが31日の夜
火の用心なポスターだったそうですが、

「出来た~~~(=´Д`=)」
全然、啓発とか危機感のない優しい色で書かれた物が完成。

ついでに、
「あ、習字あったんだ」

ええ?!

ですが、さっき習字の用意してたと思ったら、
もう片付けてるではないですか??

ほ~・・・・?と見てみたら、

いっそ書かないほうが良かったのでは?

な、一発勝負で書かれた一枚のみ・・・。

「だから~・・・

 習字習ってる子に

 教えて貰えって言っただろー!!」

    いや、、、、字はいいんです。

この使ってる筆とか道具とかが無茶苦茶なのは、
学校でしか毛筆なんざやらなかったka_akoにも判りますわよ!

「道具をこんな風にしとる人間の字が上手くなるわけないだろー!」

ってなる訳です。だからこういうのを習ってる子に教えてもらえと。

同じく充電中で床に置きっぱなしのDSを見ても、
「こんな事しとけるヤツがゲーム上手くなるわけないだろー!」
ともなる訳で。(でも放っておいてもこれは勝手に上手くなる)

こういうのは教えてもらえんの?
(ってより聞いてないのもあるだろうが)
って気になって参りますわね・・・・。

最近は小学校で覚えるなり教えてもらうと言うより、

スイミングで泳げるようになった状態で学校のプールに、
または習字を習ってから学校で書道の授業に出る、

のが当たり前、とは言いませんが、
もうかじってるに越した事はない、といった状況を感じます。
かじってるの前提で学校でやられますとお手上げです。
ka_akoソロバンしかやってなかったんで!

だから先生に聞いて来い、でなく、
習ってるお友達に聞いて来い、なんです・・・家は。
ええのか・・ってもう5年来たしなぁ。

して、

夏休み最終日がこんなだと言う事は、
日暮れまで毎日毎日遊び倒した結果でございます。

今日から○○はおじいちゃん家行ってるからいない
自分達がいない日はいつも遊ぶ顔ぶれには知らせておく
などの連絡の取り合いはかなりの精度のようです。
子供がいない日は呼びに来る事・行く事がなく、
帰ってきた日からまた玄関のピンポーン♪が鳴り出すのです。

で、夏休み中の園児~小学生(あちこち兄弟含)入り乱れ状態で、
あっちで一塊、こっちに一塊、といった感じで遊んでおります。
そんな中で、

mailto「下の子が皆に叩かれたって泣いて帰ってきたんですが何があったんでしょう」

と、そんな内容のメールが着た・・・(lll゚Д゚)

というのは、ご近所さんの話なんですが、
まず相手の顔も判らない・アドレスも当然教えた事がない
なのにメールが来たと言う事にまず驚愕したようで。
(何処に、誰に聞いたんだろう・・と・・・)

そのご近所さんの家の子とそのメール送り主の子は同級生で、
叩かれたのは送り主の家の下の子だったらしいのですが、
泣きながら下の子が帰ってきたので聞いたら・・・というものだったらしく、
誰に叩かれたのか、と言えばその上の子含同級生の名前が出て、
そしてメールを送ってくる結果になったようなのですが、

さすがにもう親が付いて回って遊ばせてるアレでもないんで、
子供ら間で起こった出来事で、
そのメールを見て「どうして叩いたのー?!」なんて聞いても、
本人も覚えておらず・・(そんくらい時間経過した後のメールだったかもしれん)で、またこんな事ないように・・と謝罪を含め返信をした所、

mailto「どうして叩いたのか理由を聞きたい」

とか返って来たらしく・・・もう、えーーーー?です。。。

「そんなん叩かれた子も何でか覚えてないで~・・」

って言っちゃったんですが、
もうその時やまだ記憶にあるうちに言わないと子供って無理
せめて当日中

メールのアドレス探したり聞き出してるうちに時間経ったのではないかな・・。それこそそんな頭来たならそれこそご近所なんで、直接でも来れたはず・・なんていろいろアタマでは考えられますが、

子供らしかいなかったならもう無理だ~そんなのは~

って感じです。見てたならそこで言えるもんだろ?

家も急に次男1人帰ってきたり、泣いて帰ってきたりしても、
「誰かに家帰るって言って来た~?」とか、
「じゃあもう行かなきゃいいじゃ~ん」とか言ってる間に、
何かまた持ってあぁ行くんだね・・・みたいな事も多く、

また現在一緒に外で遊んでる様なら、
そうワーワー言わんでもなぁ・・ですが、

これから親同士も顔あわせる機会どんだけでもあるし、逆にアドレス誰から聞いたんですか?って、誰かが教えたとしたら、その誰かはソレ聞いてどう思ったん?とか、あの子の親がそういうこと言う親なの?とか思って見るようになっちゃうが~

とか、大人と子供の対応の差ですかね~・・・、

その時で終わらんって感じ。

嫌われるような事をする乱暴な子って、手が出る・脚が出る子ってだけでなく、「アイツはちょっとな~」って性格の部分ももう子供目からもさすがにあり、自然とそういう子とは距離や誰かを(笑)置いたり、遊ばなくなったり、
一対一で遊ぶのは嫌だけど、こんだけ居るからいいか、これをやるから一緒でもいいか、とか、アレ?嫌いって言ってなかったっけ・・って子と普通に居たりします。

さすがにこの夏休みだけでも眺めてると判りますし、

アイツのこういうところは嫌なんだ(#`Д´)

っつって次の日も遊ぶんです。
こういうのは全く親は介入せずとも出来上がりますのね。

だから何かあって泣いて帰っても、
また出かけていくヤツは問題ないだろうし、
何か悪い事したな、とか、怒らせたなってのが当人にあれば、
何かそれを埋めるアクションを起こすもんだと。

「お前何で勝手に帰っちゃうんだよ!!」と長男がガガーと帰ってきて、ブーたれの次男がソレに対しブツブツ言って「だからアレはどうこうでどうだから~・・と、お茶だけ飲んで(飲みに来ただけか!)またガガーーと飛び出して行くと、そのあとイソイソと次男がまた出かけていく様を、

寝っ転がって聞いてただけですが、

あ~勝手に帰ったもんで、一緒に居た子達が、もしかしたらこのせいかも、どうして?、もう来ないの?そういうのを長男が代弁しに来たのだな~・・といった感じだったり、その逆もあるし(笑)終いに「そうやって皆の遊ぶ時間お前が奪ってんだよ!」と口出したりもするんですが、子供らで何とか解決したりやっているようです、聞こえてる限りでは。

お陰でかなり昼寝堪能した夏休みだった為、
何やらまだ少々体内時計いまだ夏休み気味です。

とはいえ2学期、行事てんこ盛り・・・

ウヒ・・・

って感じですが、しかし、こないだの会合で、
もう次期の役員選出の話が飛び出してた!!

って思うと、早いなぁ~( ゚д゚)って思う、

今日この頃です。

しかし、2学期は長そうだ・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »