« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

暑さ寒さも~

彼岸までちゃうんかーー!(`Д´) 

 

それを合言葉に生きてる我が家は、

一体どうしろと言うのーー?!(;д;)
 
という中、もう8月も折り返しまして、
 
 

今年はエアコンもバカ売れしたってねぇ、
 
へぇ~・・
(隣の家に~ってな程度で
 
 

まだ家にはやっぱりなかったけど。
 
 
の、ka_akoです、おはようございます。
残暑お見舞い何たらです。

家の中には打ち水出来ないモンで、
あちこちの水拭き大好き!(掃除の類ではないらしい
で、なんだかんだ元気でやれております。
 

「あら~涼しいの頂きました~(o^-^o)」
なんて言って打ち水の跡を通るものなのか~と、

初めて聞いた、ザ・日本の夏!fuji

 
 

この暑さに耐え続ける生活が、
何の役に立つんだろうと終いに思いつつ、 
いい加減エアコン付けたら・・?なんですが、

 

もうここまで来ちゃったから、 
今年ももう不要。(言い切ったな)

 
 

一応考えたんですのよ~、夏の始め頃は・・・。

(って毎年言ってる気がする)
 
ふと、どこに取り付けるのか、を、
今更考えますと、

 

え?なに?自分だけ涼しけりゃいいの?
てか、この部屋になかったら意味なくない・・?
じゃぁ何台あったらいいわけ・・・?

 
 
 
 
もう要らん!!(`Д´)
 
 
 
という結論に至った(早ッ)訳でして、えぇ。。。
 
だもんで、エアコンの風なり冷えた場所に、
1分もいない日もたくさんございます。
どこか出かければ建物の中は涼しいですが、
もう出かける気力すら奪う暑さでございますからして、
 
もう昼間など動かないに越したことない、
 
と言う結論後の次の極論で暑さ満喫です・・・。

もう家の中で汗だくになりながら、
これやったら水かぶるぞーーー!!と念じ、
気付けば、汗だくまで動いたら水かぶって良し!
だけを楽しみに日中過ごしていたりしてます。
 
そんな中大活躍と言えば、

冷蔵庫・扇風機・ブ○タ浄水ポット。
 
もう全然浄水出来てないんじゃないかという勢いで、
もう冷えてる暇ないんじゃないかという開閉多しで、
終いに扇風機を冷蔵庫に向けている状態。
(人より冷蔵庫が大事!?)

 
この夏で更に頻繁に思うようになったのは、

扇風機って自分だけ涼しくなろうと思って回すとダメで、
部屋や家の皆が涼しくなるように考えて回す、

と言う扇風機の使用鉄則強化!みたいな。

一見、「は?」みたいな場所に向かって回してる方が、
いいのであります!?
 
そういう使い方がやはり扇風機の存在理由!?
家族で協力して考えて使うモノ!

 
「あれ?暑くなってきた・・・」
と思うと誰かさんが扇風機を動かしてたりする訳ですな~、
( ゚皿゚)キーッ!!みたいな。今はそっちに回しちゃいかーん!で。。
その扇風機の向き決めるだけで、こっち?いや、こっち?って、
20分くらいかけてる時もある。幸せな人だな、俺って。。
 
あ、当然窓全開ですけどほぼ24時間・・・。
(幸い、今までも事無き状態はありがたい事です・・・)

突然の横殴り雨でも、
「降込まない窓はそのまま」となっております。
 
まだこの夏は何とかなった・・・という話で、
しかし暑さへの限界は近い気がしてます、さすがに。
気付けば、
「エアコンの素晴らしさヽ(´▽`)/」を、
ここで訴えているかもしれませんねぇ・・平成二桁にして。

 
節約節約~って言いながら、
張り切っていろいろやれるのも動けるのも、
体力のある若いうちだけだと思え!
って感じで、
落ちた体力を補うのはもういろいろに頼る、
に、なって来るよな、これ・・・と言うのを、
いよいよこの暑さの中で感じ始めた訳です。
 
ここ近日のニュースを見ても、
それが必要だったのではと思える事も多く、
便利なものはお金で手に入ったり、
動けない体の周りには動ける体があるべきだったり、
そういう事を思ってしまい、
考えさせられてしまい、
それもこの暑さから教えられた事かもな、と。
 
漠然と、

その若いうちから結構何でもあったって事は・・

と、今と言う時代を思ってしまう、その時代ど真ん中。。。です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初・尾鷲レース!<2010特別>

四日市のレースも終わり、

あぁ・・・今年も終わりましたね~・・・・

 

とか何とか言いながらその数日後、
 
 

 我がチームの悲願(?)でありました、

 尾鷲カッターレースに参加してきました!

 
 尾鷲の皆様ありがとうございました!
 
 
悲願・・と、言いますか、毎年毎年、
8月の第一土曜・尾鷲、第一日曜・四日市・・・
と言うスケジュールの為、断念せざるを得ず、
 
かれこれ10数年待ちに待ち・・・、

今年とうとう日程がずれたのでございます!!
これを逃してなるものか!!

 
なぜにそんな尾鷲?なんですが、
 
どうしても尾鷲行きたいの!(#゚Д゚)
 
という気持ちも10数年前にさかのぼりまして、 
 

「尾鷲」と聞いて、
ピキピキbombと反応してしまう人はズバリ、

 
尾鷲から来たチームに負けたことある人でしょう!!
(思い込み?)

かくいうka_akoは、その一人でして、
「尾鷲」と聞くだけで「勝つ気が失せる」ほど。

どうやって負けたのか、なんてのはもう覚えがなく、
ただただ負けてから「尾鷲か・・(゚Д゚)」みたいな事も。

もうその地名聞くだけでビビッてしまう訳で、
今までの対戦、いろんな聞いた話から、
もうka_akoの脳内では
 
  「カッターの聖地・尾鷲」
 
になっており、
 
  どっかの大会出てきても強いのに・・・、

  その地元が、

  地元でやってるレースっつったら、
 
 
  どんなん?!(゚д゚lll)

 
 
と言う、
そういうのがもう10数年分溜り溜まってまして
今までいろんな所でいろんなチームと競って、
勝ったり負けたりしてきましたが、
別の位置に「尾鷲」がずーっと居た気がします。
 
その10数年前当時でしたら、
「その地元で勝ったる!!!」
くらいの勢いで行ったり、行けたかと思うんですが、

もう今になりますと、

「尾鷲の人達ってどんな所で漕いでたのか見たい」
勝ちたい!とかそういう気持ちとかは、
なくなっていくものなんですかね~・・。
気になる人がどこのどんな家に住んでるの?って気分?

とにかく行って、
この10数年分のモノがどうなるのか、
確かめねばならん!!

もうそんな一心に変わっちゃった感じですね。
 
そして片道200km超え、
ついでに朝の仕事分20kmくらい足して一日激走。

(いや、お前が走ったんじゃない車が走ったんだ)

 
 

そして朝、出掛けに天気だけ見たら・・・
 
070 さすが尾鷲。
 
 

そして着きました会場はもう、
 
沼津の香り・魚の居る港の香り!
 
これが今日のタイム表!!

001 貼ってある!

002 やってるよー!heart01 
 

003 大きな魚の泳ぐケースからドバドバ流れる水。
 
 

そして選手は大きな屋根の下!
012 暑さも雨も安心!(後でBBQしてた!)

あっちの屋根の下では海鮮市場が大盛況!
009  
 

で、ここがスタートの乗り場ですが、
 

034 004

陸→船→カッター。
 
 
そしてスタートのブイは・・トグルは・・
007  
 

 
033 これだ。
 
 
乗ったらこれを投げてくれるので~
 
038 近付いてキャッチしましょう!
 

040 041 042

あんまり張るとビヨ~ンってなるよ!?

この右端の背中のロゴに見覚えあり?!通だな?!
 
 
今回距離は回頭有400mって事なんですが、
「2~3m長くしときましたんで?!」
って話で(オマケ?)403m?
あ~そうなんだぁ~あはは~って感じで、、
 
ふと思ったのが、他の会場で、
「あのブイ前に出すぎてないか~」とか、
距離云々でワーワーやることありますよね。

もうスタッフの方、関係者の方、規定や会場の雰囲気で、
そこでは自分達もそういう一選手になってしまうのだな、と。

結果を求めるチームが集まればそれも当然で、
公平な状態で競技を展開したいと思うものですが、

ここではそういうのがヤボな感じなのだ。
あんまり「勝つ」様なオーラ出してるとダメなのだ!
出てしまう人は気をつけましょう!(笑

終いに、
あのロープ長すぎるだろ!って誰もが思っても(?)、
気付いてても(?!)誰も言わない気がする(笑) 

 
出てる人達も、港のとなり近所から、
「洗濯物干したら行くわー」って感じ(そんな事ぁない?)で、
毎年出て漕ぐ、とりあえず見に行くって感じがする!
 
気付けば、漕ぎに来たくせに、
「いいところだぁね~ここは~(゚▽゚*)」
とすっかり尾鷲マジックにハマっているではないか!!

だってこんなロケーショ~ン!!!
010 035

045 海もキレイ~
(え?今日汚い方ですよ?!と驚かれていた)
 
 
こっち山ないんだもん!
コンクリな風景ばっかだもん!

海が青いって事ないんだもん!

せいぜい透明が精一杯。
 
 
そんなで、
のんびりしたレース風景かと思いきや、
ここで来た!鳥羽商船!!!

060 061
あ、でも、何か某所と違って楽しそうだった、うん(笑

優勝チームはキャプテンがマイクで喋るんだぜぃ!

064  女子優勝チームでーす
 
 

で、予選と決勝とあったんですが、(女子は一発勝負
 
「四日市はこういう漕ぎなのよ~」
 
チーム名でなく、
地名で立ち話されてたと言うのだ。

(いや、名前分からんかっただけかもしれんが)

あの始めの「きせまき~」とかそういうの一連の動きも、

 脱線:きせ巻きで思い出した!
    むっさ綺麗なんだキセマキが!普通、出来たてでも、
    ピンピン細かく繊維みたいのが出てるものですが、
    それすらない!ゆるみ・ほどけなど当然ない!美し!
    ちょっと細くて、もっとよってある紐っつーか、
    細めオールに合わせキューーっと締め上げてあり、
    「技」を感じるキセマキです!

え~・・で、その一連の動きは~、
「四日市はいつもやる」と話してたとかで、
これはやっぱ四日市(特に家の系列)が育んできた、
漕ぎ方で乗り方って事かと。
どっかでコレを見てたから、
知ってたから、こう言ってもらえたんだろな~。
 
レース行って、地名で漕ぎとか表現されることって、
なかなかないよ、と。チーム名が出ることはあっても。
 
ここで「四日市」って呼ばれたのがちょっと嬉しかったなぁ。
 
 

開会式には間に合わなかったのですが、

怪我のないように~ハーイ

反時計回りに回ってください~ハーイ
 
 
 
 
   ・・・・・・・・
    
  

   そ、、、そんだけ?!Σ(゚□゚(゚□゚*)
 
 
みたいな、もう新鮮ッ!!(≧∇≦)だったようで。
 
召集も、

「次の次ね~」と、人声で届く。
 
で、全チームに、
くじ引きで何か賞品が出るんです。
ビールとかスイカとか・・・・

068 066
 
 

え?

うち?
 
 
 

069 家はこれです~shine
 

  
このレース会場も、
056  撤収中です~

夜は打ち上げ花火の会場になったそうで、
「おわせ港まつり」の一環?としてレースも行われ、
本当そんなムードが、皆さんから、会場から満々で、
普通40mのレースと聞くと辛いイメージなんですが、
体力使うけど奪いすぎない(!)感じで、
しっかりレースから「祭」しています。

 

またカレンダーがずれた年に、

カッター続けたご褒美に、
 
行きたいですね~・・(*´Д`*)

 
 
   泊りで。花火とか見たい。
 
 
 

尾鷲にいる以上これくらいの体力は常にあって下さいよ!
と?言わんばかりに、職業も年齢も無視の?(笑
もう皆乗るのよ!漕ぐの!みたいな、
今の人に必要だけど手に入れるのが難しいと言われる、
「空間、時間、仲間」(遊びに必要な三つの間らしいぞ?)を、
 
町ぐるみ全員で発生させている!!

のが感じられ、

何というか、この土地やそこに住んでる人達への感謝と言うか、老若男女「今年も元気でやってます!」と土地に報告すると言うか、ああやって現役が優勝するのを見ても「こうした若者も育っています!」というのを皆で喜ぶというか、今までにないカッターレースを体験できた様な気がしています。。。

こういうの心洗われると言うんだろうかな~・・

 

素敵な海辺の町shineの、 

ちょっと秘密にしときたいレースです!
(あんたおもいっきり書いとるが!!)

 
 
〆としまして・・・、
 
家の監督がいい仕事しまして!
会場では、
冷凍サーモンを回頭解凍してメンバーに配給してくれ、
レース終了後は、美味しいお店ある!との事で、
監督の車に続くこと山道を行くと、
実は閉店時間を過ぎていたのを事前に連絡して、
この大人数を嫌な顔せず入れて頂きまして。。。

(また我々の車に釣られて入ってきてしまったお客さんも!)
 
実はテレビカメラの入るようなお店!!
 
P1000258 旨しご飯!

に、ありつく事ができました~、そして、

1436574_460312333_121small 今が旬というウニに感動。。

レポーターが言葉失くす気持ち分かった気がした・・・。

家の子らは「あんまりお腹減ってないし・・」と言いながら店に入り、
そんな事始めに言ってしまった事を後悔していた。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

四日市レースお疲れ様でした!<2010>

今年も終わって行きました・・・
 
昨日行われました、
灼熱の、
海辺岸壁のアスファルトが照り返す熱波の中、

(あぁ思い出すと何だか頭痛がする)
 
 
第23回 四日市港カッターレース大会flag
 

各参加チーム・選手の皆様、
  
また今年も遠方から若手から猛者が続々と・・
応援に来てくださった皆様、
会場でお世話になりました大会スタッフの皆様、

 
 

  大変暑い中、お疲れ様でした!
  ありがとうございました!!

   5541052_398636900_60large_3  
 

今回エントリー申し込み時、
出場チーム抽選!ってんで、
まず出れるの出れないの?そん時はどうする?!

↑みたいな心配したのもすっかり忘れ
出るの当たり前のように、
当日を迎えていた気がいたします。。。 
 
そして現在、一夜明けただけでございますが、
なんだかka_akoには、
もう遠い昔みたいな気が。。。。(歳・・?
 
更にこれは元・地元、四日市だったから?
のような気がしています。
 
乗艇前は懐かしい面々様方と再会したり、
また知った顔と会えば話してみたり、
あっついなぁ~・・・とひたすら連発したり、
あれ?あそこもうテント片付けてるよ・・とか、
もう暑いから動かない!と思った割に、
あっち行き、こっち行き、ポートビルに避難したり、
周りで食欲のないメンバー横目に、
これ食べんの?じゃあ食べていい?みたいな、
この暑さの中で食いすぎたかも・・とかぼやきつつ、
 
 

昼過ぎまで出番なし。

 

もうここら辺のスケジュールから、
四日市感たっぷりと言いますか、
朝に家を出てきたので、
まだka_akoの待機時間は短い方だったんですけども。
何かいつもの練習行くん?
みたいな感じだったわ(笑)高速は乗らんけど練習に!
 
今回ライフジャケット着用っすか?!で、
この紐縛った方がいいの?
え?ファスナーで親指引っ掛けるって??

などアタフタしてみて、

いよいよ乗艇ともなりますと、

もうここの艇は~オールは~・・と、

もうきせまきもボロボロになったオールを避けつつ、

いざ今日の相棒(ブレードがささくれ立ってたわ・・)
持ってみたら、
 
「あら?」みたいな、

 

・・これって?

このオールって?この艇って??
 
アタシ知ってる!!

 
 

って気がしたとでも言いますか、
 
「この艇ってもうあの時の艇と一緒の艇やで~」
「アノ時って、あん時?」

あの時っつったら、我々(一部)には、
学校終わったらいろんな学校の制服来た子達が、
毎日艇庫に直行だった時代の話で。。。
 
そんな話も朝っぱらから聞いたからか、 

もう握ったグリップが異様に手に馴染みまくり

全然艇もオールも重くねぇ!!

くらいの見事な過去トリップ?(てかトランス?)
 
したとしか思えない程、
漕いでた(と、思うんだけど)感触がない。
全然えらくもない、そんな感じだ。。

 
は?準優勝?
 
 
どーでもええねん、そんなん・・・(ぼ、暴言・・?

 
 
くらい、
 
そんなんいいから、
 
今日の漕ぎを頭の中でリプレイさせてくれ!!

 
みたいな。
 
で、

そういう1本・1戦ほど記憶がないもんで。
 
 
珍しく(珍しく?!)

今日は(今日は!?)

アタシにしては(いつものは何?!)
 
 

良く漕げたの!!waveドーン!!

 

そんだけで十分なんスけど? 
まだ何かくれると? 
何も要らないんですけど? 
これ以上のモノが何かありますか!

 
 
無性にそんな気分に落ちて(落?)いった次第。
 
 

レース数日前から、ka_akoなりに、
「欲は絶対出すな」と。
こうやって漕ごう、優勝をしよう、
どっかに、誰かに、勝とうと思うな、
って、四日市来た訳なんですが、
 
そう来たか、こう来たか、で。
 
 
暑すぎて、
他に何も考えられなかっただけかもしれん。
 

 
このメンバーがいつ集まっても、
これくらいの漕ぎが出来る、見せられる、
という確信が新たに芽生えたと言うか、
皆どこかで「家の」って言える物が染み付いてて、
この皆でチームの名前背負ってんだな~と、
そんな事も思ってみたり。
 
でも重くなく。
それは皆で背負ってるから、
誰かだけが重たいモノ背負ってるってことは、
ここでは無い。
 
そういう事だったのかな。
 
悔しさも嬉しさもなく、
閉会式とかどこか他の行事みたいで、
淡々と他のチームを眺め、
ただ、自分は漕いだ!漕げた!!←言い張るか!
という思いを味あわせてくれ認めてくれるのは、
自分の居るチームしかないのだよな、とひたすらに。

だから1本をバリバリ漕いだ感触は、どこかないんだけど、
(いや、ロング漕はこういう事が稀にある?!)
誇りたいほどの満足だけ持って帰ってきた気がする。
勝利以外のそれかなぁ、と。
 
タイトルも、それはそれは嬉しいですけど、
噛み締めるほど美味しいのはきっとこっちだな、と。
タイトルがガムならこっちはスルメか?!
噛んだ後捨てないだろ!?(笑
 
また昨日も、
ここを見てくださってる?!(゚▽゚*)というチームと遭遇し、
(またお会いできるやも?笑)
嬉しい限りでございますね~。

これからも、
 
できるだけ頑張って続けて行きたいと思いますので、
暖かく見守ってやって下さい・・・  by管理人
 

と、シーズンは熱く、暑い中、
終わっていくこのカッターでございますが、
 
またどこかの会場で、
少しでもいい漕ぎをお見せ出来たらな~と思いつつ、
 
いわゆる、シーズンオフに突入したいと思います。
 
 
今年も各所で、
チーム共々お世話になりました皆様、

ありがとうございましたshine

※大急ぎアップですいませ~ん、またおいおい追加あるかも~(;´д`) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »