« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

横浜レースお疲れ様でした!<2011>

と、いつもの様にいきたいところなんでございますが、

昨日行われました、
「雨具準備」で乗り込みましたるは、横浜は山下公園にて、
 
 

flag第28回 横浜港カッターレース
 
 

だったのでございますが、、、、
 
 

会場に居た選手、スタッフ、応援の皆々さま、

体調等崩されて無いでしょうかー?!
 

しかし、お疲れ様でございました!! 
 

と言いますのも、
 
 
嵐が来てですねぇ、、(某超人気グループでなく)
 
 
マジ嵐。
 
 
風はこんなにここで吹いてた事あったっけか、
と思いながら過ごす、まだ曇り空の下、
いつ昼食べとく~?(*゚▽゚)ノと何だかんだ中華街に出たり、

まだ午前中~昼過ぎ辺りは余裕はあったのですが、
内心、予選までどう繋ぐか天気は持つのかでいっぱいいっぱい。

男子は予選終了、準決勝進出16チームが決定、
もうこの頃辺りになると、 
「自分の荷物ビニールに入れておけ」と言われ、 
小学生の部も何とか終え、

女子の第一レース目のチームも、
ポンツーンまでの船に乗りはしたものの、

ポンツーンに着く事はなく、

一気に天気は崩れ、

 

雨?風??雷???突風ーー!!
 
 
  中止ってーー!(゚д゚;)
 
 
という運びになりまして、
 
 
今朝家を出て、新幹線乗って、
 
 
乗り場まで来たのに!
(あそこの店舗軒下で中止決定)
 
 
で、ございました。
中止決定後は皆散り散りで帰路に着いたことでしょう各チーム。
 
雨の事はもう言われておりまして、
もう何時までもつか、って話だったのですが、
 
多少の雨くらいなら出るんじゃないか、って時は、
 
櫂立てした時雷ドーンとかないよねぇ~、 
いや~ん、櫂立てこわぁ~い、雷こわぁ~い、
風車(風力発電の)もいつもより多めに回っておりまーす、みたいな?

 
などと始めはワーワーキャーキャー言ってたものの、
 
突風も加わり、雨もポツポツ、
少々海面が荒れだすのを見ると、

 
「こういう時に出るものなのよ、カッターは!」 
と、脱出用、救命艇であるカッターのウンチクを炸裂させ出し、
どんな状況下でも出るのよカッターは!
むしろ、こういう時に出るのが本筋ですらある
という話を新人さんに話しつつ、

 
終いに、
 
 
 

  「もうこんな海で出るなら、
 
      演じるのよ!!

       女優になるのよ!!」
 
 

  

    はぁ?( ゚д゚)
 
 
 

「この荒海を、
 船を漕いで行くヒロインになってる自分に酔え!漕法」

 

を、この期に及んで編み出すオレ、みたいな。
 
物語はなんでもよく、
誰かを助けにいく、会いに行かねばならない、
それもこの荒海を、この船を漕いで!!
というヒロインを演じきれ、そして漕ぎきれ!と言う、 
状況にひるむなー作戦。我ながらナイスだ。(本気か)
 
やっぱここのはいろいろが滑る、
という話も事前に耳に入っており、
それに加え、この雨・風・波、
全ての悪条件と言われるものを、
 
熱演の為には最適の材料
 
くらいに思ってしまえという「策」を、 
 

軒下で作ってみたが天候は悪化するばかり。
 
 

そして更には誰かがぽつりと、

 
「・・・・・・・・、
 
  これジャンケン大会になったら誰が行く?」

 

 
という話になり、(どこぞのいつぞやのレースの話に基づく)

ジャンケンで一番勝った今日ツイてる人が行こう!と、
皆でジャンケンし、(o・ω・)ノ)) ((へ(・ω・o)

よし!これでジャンケン大会でもオッケーじゃー!
 
 
と、ここまでテンション維持してみたものの、(してたんだ?)
 
って言うか、こんなチームです実はうちってば、って感じ?

 
さっき女子を乗せ出て行った船はまだ海上待機、
軒下でも時折吹く突風にギャーみたいな感じで、
目の前で傘は折れ、

待機?中止??な状況に。
 
 
とうとう船は引き返し、中止が決定しまして、
 
もう後は大騒ぎの後片付けさ。

 

20110524_924416_t 20110524_924415_t 櫂長使って撮らせた中止後の海
 
 

男子の方は、予選タイムのまま順位が決定。
 
こういう事もあるので、
 
もう予選から当然全開走行せよ!

って事なのかしらねぇ・・・。
 
 
夏場の台風シーズンですと、晴れていようが、
台風コース上の為中止なんてのもありますが、
今回みたいのは初めてでした。
天気も夕立みたいのでおさまらなかったですし。
 
 
こうなったら、
 
 
大阪(7/17)SHUGO!(ここで使わんでも!)ですわよ!

 

 ~プチおまけ~ 

後日、大会中止に至った経緯と、
是非また来年も!と言う内容のお手紙が、
横浜から届いたそうで、

 
大丈夫ー!また行くからー!!(=゜ω゜)ノ
 
って感じにて候。
お気遣いに感謝でございます!shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸レースお疲れ様でした!<2011>

昨日、夏かよ!という日差しの中、行われました、
 
  第33回神戸港カッターレースflag
 
で、ございました、
 
ご参加の皆様、
応援に駆けつけて下さった皆様、
スタッフ皆様、運営、準備に早くから動いて下さった皆様、
 
  

   sun暑い中お疲れ様でございました!

         ありがとうございましたー!sun
 
 
暑いとは申せど、夏場の某所のレース等に比べると
さすがに5月の爽やかさは漕ぎには最適!
といった感じでございまして、
 

寒いかも、暑いかもと増える荷物も少なく準備も楽~な感じで、
今回シーズン初戦でユニフォームも現地で受け取るし~、
荷物はこんなもんか、何か少な~と思ってみたら、
 
黒軍団揃いのジャージとかTシャツすら忘れたオレ、みたいな。

他の人見て、あぁあぁ!そういやそういうものがあったんだった!
と、気付いてどうするシーズン初戦!!
 
どういうテンションなんだ貴様!
(多分、こないだGOっつったくらいのテンション)な上、
 

あまりにリラックスモード過ぎた様で、

 

「今日って、ka_akoさん、、

    乗るんですよねぇ・・・?」

 

恐る恐る聞かれる始末。
全然戦闘オーラ出てなかった模様、これヤバイ。
 
何しろ昨年は一人で観戦にやって来て、
何やら寂しい思いをし(でも美味しいホルモン食べて帰った)
来年は絶対チームで来てやる!o(#゚Д゚)
と、迎えた今年、
男女チームエントリー出来まして、達成万歳
 
普段は違う場所で違う事して顔合わせる訳でもないのに、
あら皆さんお揃いで~あらあらどうも~今年もよろしく~とあちこちで、
こだまでしょうか、いいえ、神戸で会うとこうなんです的風景。
このシーズンになると集まってくる人達の持つ、
こないだ(こないだが半年前、1年前等)もレースしたよね、
みたいな独特の空気感。
 
「これがオールでーす」
から始めたうちの女子新人さん達も、

今回いよいよ初レースってんで、
その緊張ぶりったら、
 

気付けば自分達はいつからどこに忘れてきたのだろうか。
 
 

その新人さん皆が、
許す限りの時間を練習に来て、一生懸命に漕ぐ姿は、
 
こーんなに新人さんが頑張っとるのに、
ワシら(誰?)もっと頑張らなイカンがね!!

 
と、こっちまでそういう気にさせてくれ、

そんな彼女らが練習でやって来た事を、
レースで出してくれる事が願いであり、 
「自分のせいで」と思ってしまうようなミスが、
彼女らに起こりませんようにと祈りつつだった。
 
やはりレースとなると、
順位やタイムや勝敗が付いて来るのが普通だけど、
目一杯漕げました!と言える事が結果になる一本が貴重であり、
別にそれを決勝で出そうってのでもなく、負けても出てる事もあり、
そういう一本体験を逃さないようにしようと思うと、
緊張してると、順位や何かで決めると、もったいない事に。
 
女子レースは午後、
シニアの部(シニア?って屈強な方々が乗ってた気も(笑))挟んで、
だったので、

まだかまだかと、果てしなく落ち着きなく
体操してみたり、集まってみたり、またブラブラしてみたり、
レースを終えた人から、波は、風は、オールは・・・
なんて話が、一杯出てくると、
 
あ~・・・

も~・・・・

  

 ※さっさと乗せろ!!
   そんなもん自分が決めるわ!

 
 

みたいな気分になり、
 
と、スタート地点に行ってみれば、
そんな女子チームが一杯、みたいな。
 
もうゴールすりゃいいんだ!!
 
もうそんだけだ!

 
てか、あれスタートになかなか着けないよ!

ってチームも多く、
スタートまで引っ張る規定とか女子だけ作ったほうがいい?
 
そして何度か、

 

※繰り返し

 

いよいよ乗るぞ!って時、

相手チームの背中に「商船」の文字が。
ここで初めて知る相手、みたいな。
 
 
は?( ゚д゚)
 
 
って思ったけど、※も限界に達しており、
相手の事より、
うちの新人が心配。
(自分の子供は時々テント付近から消えてたがこれほどではなかった)
 
ここでワシら(だから誰?)がビビッてもどうしょうも無いが!
 
 

この初戦が一番デカかったと思う。 
レースは練習の続きである。

 
と、同じくして、
 

一般男子の部なんかも行われている訳なんですが(メインです)
 
 

2度目の殿堂入り(初)をあのチームが果たしまして!!crown
 
漕ぎは相変わらずの迫力に加え、
ホームの王者の意地を感じましたね~さすがに。
レコード塗り替えんでも!!(lll゚Д゚)みたいな。

が、しかし、同時に、王者チームにここまでさせた(?)、
ここを倒すのはあそこかもしれない、、、というチームも、
固まってきたような!?

こっちまで負けじと服を脱ぎそうになる(脱いでないですが)決勝でした!
 
という事は来年はあのチーム不在という事で、
根底に変なテンションの流れる次の神戸をもう想像してみる次第。
 
昨日はあんまりウロウロし過ぎたせいで、
アナウンスを聞けずだったり、
在住市を全部言ってくれてるぞー!と、
遠方組のツボはしっかり抑えてくれてたり、
ちくわの話から竹馬の友になったり、
とうとう、どんな人が話してるんだろうと、
今回はウロウロついでにテントの後ろまで行って、
こんな風に話されてたのか~とアナウンスを観戦!
と言っても後ろ姿。一日中ありがとうございますー!

今回、現在復興中の東北地方の宮古から、
遠路はるばる1チーム参加してくれてまして、news
やはり全国にまだ見ぬカッター人はたくさんいるぞ!!ですね。
いろんな慣れないことも大変な事もあると思いますが、
カッター人の体力で(並よりあるはず!)乗り切っていって下さい。
ふと、神戸も壊れたんだよ・・と、思い出した気がした。
 
そして一日が終わり、
帰る頃には、
 
「じゃあまた2週間後~横浜で!(◎´∀`)」
 
と別れた人の多い事、多い事(笑)
 
シーズン開幕でーす。

 

   ★゜・。。当日の小ネタ゜・。。・゜

 

★ほんまでっか?!
 
   
「子供のいる(連れてきてる)チームは、
 
        強い!」

 

と、うちの櫂長が言われたそうな・・・・。
根拠は判らないが、孫までいる所ありますけどーー!?
 
 

★レース会場で一発占い
 

まず現地に着き、コースを眺めてみた時の、
第一印象で占う今日の出来。
 
うわ、遠ッ!とかコース・・長いな~・・・と思ったら、
いつもより?間違いなく頑張ろう。

こんなに狭かった?こんなにコース短かったっけ?
と思ったら、まずまずのレース展開が期待される。
 
 

ような気がする。

 

なので、無理やりでも、

「なんだ~こんだけかーー」

空元気に言ってみる手もある。何となく辛いものがある。
 

今回神戸は、こんなもんだったっけ~?で、
単に回頭ブイの旗がデカく高く?(四日市並?)なり、
ピンボケした気がしなくもない。
 

 

★神戸レースのソウルフード
 

たこ焼き、焼きそば、牛串、カキ氷、バナナと、
誰かが食べてたり、その匂いだけで釣られてしまう、
定番メニューも揃ってますが、
何といっても、
 
ちくわの丸かじり。
 
今回は、並ばないと買えない!と言う某肉まんを、
食べる事が出来ましたのー!(Kさん感謝!!)
もうなんでしょうねぇ、、、
皮の中で肉汁のプールに種がプカプカしてんじゃないかと言う、
何スかコレ!!という衝撃的旨さヽ(´▽`)/

 

★オール
 

神戸レースで使用したオールを、(グリップ端がもう一段カットされてるタイプ) 

我々はガッタンと呼ぶ。

だってガッタンってなってるから、というだけである、おそらく。
 
非常に扱い易い軽さ・細さだったのだが、
ブレードがどうにも小さく、
グリップ側のが重たいんでないかという気すらした。
このブレードの表面積を稼ぐ為に、 
このササクレ全部立ててのこぎりみたいにしたら稼げんかな・・ 
とか、真剣に考えてしまったらしい三十路。
漕ぎ方で軽さカバーする方向に遠回りしたいお年頃(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »