« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

ここん所の戦況報告

盆休みも終わり、例の人から戦況報告が届いたよ。

相変わらずのレンタル待ちka_akoVS映画館だ。

最近CMで見た気がするものまでもう観てるんだな。

あくまでも、仲間内やワタクシめが新旧含め最近観たものを紹介するコーナーです、えぇ。今後も長期休み前後に集中してきそうです、えぇ。

 

「ダークシャドウ」
 最近のジョニデ出演作の中ではまだ マシ な方です。
 でもジョニデである必要性は???
 いい加減ティム・バートンとのコンビは飽きてきた。
 動くアリス・クーパー(ハードロック系の人)を久しぶりに見た。
 仕事選べよ!!!
 面白くない訳ではないが、だからって感じです。

「メンインブラック3」
 久しぶりじゃないですか?こんなに緻密に計算されたSF映画って!
 反則キャラクター?の出現でストーリーが、ギュッと締まりましたね。
 BOSSのおじさん、なかなか渋いです。
 
 

このシリーズの緻密さは、
昔昔にバックトゥザフューチャーを見た時の熱狂を思い起こさせる。

「幸せへのキセキ」
 いいお話です。でも見せ場が惜しい。
 実話だから?映画的な脚色でもっと泣かしてほしかったですな。
 マットデイモンは、このままいってしまうのか?
 また体を引き締めることができるのか?
 
 

出演してるとすぐこの人(マット・ディモン)!って分かるんだけどね。

「スノーホワイト」
 シャーリーズセロンの怪演に度肝を抜かれました。
 かといって以外な感じがしないのは何故だろう?
 ジャンヌダルクやもののけ姫もパクル、
 何でもありのお話ですが面白かったです。
 
 

「長靴をはいたネコ」
 シュレックシリーズのスピンオフ。
 シュレックワールドの流れをこのネコも組む。
 超有名な童話のキャラクターも、
 実際居たらそうだわな、有りだわな、の人物像に置き換えられ、
 思わずニヤっと、割にかゆい所に手が届く。
 
 

長靴をはいたネコは元々お父さんの形見分け?で、
兄弟の末っ子が唯一貰えたネコ。

ka_akoさんはあの緑色の主人公を見てる事が耐えられなくなる事があるらしい。

「アメイジングスパイダーマン」
 トビーマグワイアのイメージを払拭出来るか?
 と思いながら観てしまいましたが、
 アンドリューガーフィールドのナヨナヨ感もなかなかのもでしたよ~。
 ストーリーも崩さずズレずでいいんじゃないですか!?
 お決まりのP次回へ続くですが、とりあえず期待したいとおもいます。

「タクシードライバー」
 とにかくロバートデニーロがカッコいい。
 鬱屈とした生活のなかで足掻きもがく若者を演じています。
 セリフではなく、間で表現する演技は、
 最近の映画ではなかなか観られるものではありません。
 ラストの展開には、なんとも言えない憂鬱感が重くのしかかってきます。
 
 

「フリー・ウィリー」
 1で、このまま行けば、
 ろくでもない人生を送るのではないかと言う少年が、
 ウィリーと出会い、その人生を一転させた!
 なので1が一番見ごたえ有りかな、と。

「崖っぷちの男」
 失敗を覚悟で観に行った映画ですが、これはやられました。
 ツッコミどころは満載です。
 でもこれを力技で押さえ込む映画です。
 細かいことは抜きに面白いです。

「トータルリコール」
 リメイクだそうでシュワちゃんの方は観ていません。
 ヒーローはなにがあっても死なない典型的映画です。
 ハリウッドの王道です。
 アクション、スピード感、VFX、とても良いできです。
 特に何も残りませんが、面白い映画でした。
 
 

シュワちゃんと言えば、
あの音楽と共に未来から裸でやってくるサイボーグであるが、
地味に見続けている、
「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクル」
(ドラマで当然本人は登場しないのだが)
のシーズンⅡを全話。続きが非常に気になる。
(続けて見ないと、え?これ誰?何処?何?が頻発)
 
 

ざーっとこちらのあらすじを説明すると、
映画の間や後にもどんどんターミネーターも人も、
未来からどんどん送られてきていて、
ジョン・サラ親子が常に狙われ続け、応戦、逃亡を繰り返しつつ、
スカイネットを崩壊出来るのか否か。
映画でのエピソードが見え隠れするがベツモノである。 

 
何だか、元々知名度高めキャラクター活用や続編強しか?

そういや、ノオミ・ラパス
(スウェーデン版ドラゴンタトゥーの女/
 シャーロックホームズ・シャドウゲームの占い師役)

は、「プロメテウス」に出ててジリジリ大女優にステップ中の感。
漠然と、ドラゴン~の時、

「もっと女らしい、ドレスやメークの美しい女性がやりたいのよ」
 

って、思ってそうな印象を持ったのだが、
(なのでドラゴン~のⅠのラストが非常に嬉しそうに見えた)
洋服すら通り越して宇宙服だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四日市レースお疲れ様でした~<2012>

5日の日曜、
三重県は四日市の霞ヶ浦で行われました、
 
 

flag第25回 四日市カッターレース大会
 
 

で、ございました。
 
 

ご参加の皆様、大会運営スタッフの皆様、
応援、見学にお越しの皆様、

 
 

 

  大変にお疲れ様でございました!
 

  一日、ありがとうございました!
 
 
 

 

やはり、灼熱の・・日差しではありましたが、
時折テントが飛び上がるような風もあり、
暑さの塊の中に居るかのようなうだるような・・

という事もなく、そしていつもなら、
 

 

男女1チームずつ出場が常の、
我チームの地元レース
なのですが、
 
 

 

ここ数年ドキドキの出場チーム抽選にて、
 
 

 

ウチの男子チームが抽選落ちとなり・・・、

 

 

  まぁこういうこともあるさ
 
 
 
 

 

 

で、男子メンバー面々は、
 

スタッフに混じってみたり、
(スタッフ体験記をコメントにでも依頼したい)
顔見知りチームに混ぜて頂いたり、
それぞれ会場に散って、ここそこに紛れ込んでおりましたが、
 
気付かれた方いらっしゃるかしら?(とか言ってみる)
 
 
 

 

の、前に、チームのテントの下に、
 
 

何やら大きな箱が~・・・
 
 

 

「これトロフィーです~crown
 
 

 

って、四日市前日の尾鷲のレースに、
実はあの初参加した年から、
ちゃっかり出場し続けている我がチームが、
(行く人で艇座が決まる混成チーム)
 
 

優勝してきたトロフィー!
(尾鷲レポートをコメントにでも依頼したい)
 

 

なのに、

そこに置いてあるのに、

「で、尾鷲ってどうやったん?」
「あ、どうやったんやろ~聞いてないわ~そういや」

 
 

などと、

どうも伝達不備やら、
よくよく会話の噛み合ってないウチのチーム。
 
 

 

  尾鷲の皆様、
  ウチのチームの者がお世話になりました~!shine

 
 
 
 

 

と、四日市レースに話を戻しまして、
 
 

この抽選落ちの話と共に、
オールのキセマキ部分の仕様変更が言われておりまして、
その尾鷲レースでは去年から使われていたとかで。
 
 

 

20120721_123735 こーゆーの、 
 
 

 

なんですが、滑るし重い、って話で、
何しろ内々でも四日市港の練習に来た人しか、
その感触が分からない状態。
 
 

しかし確かに、

女子レースの時間帯まで来ても、
キセマキがほどけてない!ボロボロじゃない! 
凄いなコレ~と言うka_akoもここで初めて握った訳で。
 
 

しかし、濡れると更に滑る、と聞いて、
いつもの「キセマキ浸めせ」の号令は飛ばず。
更に濡らしてどうするこのオール。
 
 
 

で、実際どんなオールだったかと言えば、 
 

スタートギリギリまで、 
クラッチ辺りのキセマキをこすり続けてみた。(濡らすとダメなら摩擦で乾いてしまえ的なレース直前の意味不明な衝動的な行動)そして垢すりみたいにひたすらこすり続け、タオルでいっそ拭いてみようかと思ったり、終いに、こうこすって何になるんだろうとか
そんな気にさせるオールである。(うん、全然分からない) 
とりあえず「すぐ外れそうーギャー!」って事はない。

 
そんなキセマキに気を取られ過ぎて、
ブレードが曲線で縁取られているのに気付かず、
改めてブレード見た時に言葉を失う。

 
 

して、今シーズン最後となるレースに向け、

勝ちに行くぞ!って気もなく(漠然と何に勝てばいいのか分からず)
しかし負ける気は全く無く(負けるとすれば諦めた自分くらいだ)
 
 

ただただ、
 

 

 せめて皆が、まだka_akoさんが来ないーー!
 ってハラハラしない時間に会場に着きます様に!

 
 
 

 

それだけクリアすれば今日はもういい( ̄^ ̄)みたいな。さっきまで家で洗濯干してた感覚でレースに来る女。(実際そうなのだが)

しかも大阪レースで漕いだっきり
 
 

ka_akoだけ練習行ってないぜ? 
でも他の皆は公式練習もこなしてるぜ?
 
 
 
 

 

練習量を自信に変えて挑むか、
練習量の無さで逆に己を追い込んで挑むか、 
 
主婦洗濯の選択のしどころでございますのよ、毎度毎度。
 
 

な、感じでいつもレースに出る訳で。。。
 
 
 

 

 

20120806_143876 1秒の間に数チームがひしめく激戦模様。
 
 
 

 

 

ここまできましたー!ですですcrown
 
 
 

 

しかーし、

いえいえ~アナタ達まだもっと漕げるでしょ~( ̄ー ̄) 

※そこに自分が含まれるという事はあまり頭にない模様※
 
 

って気が(欲が?)同時に出てきました、
今シーズン最終戦となりました。
 
 
 

 

また今年も会場では「元・地元」の、
いろんな方と一斉に会う事が出来る場所でして、

自分がこんなカッターに乗ってるなどと、
想像もしてなかった頃からの先輩やら先生
やら、

いわゆるka_akoらの「現役」時代一緒に漕いだ方

また、このチームに来た頃には一緒に漕いだ、
我チームの創始メンバーの方も来て頂けて、
 
 

「マジでこれで(カッターで)食っていけないかと当時思ってた」
 
 

と言う、ありがたいお話を聞く事が出来、 
ウチはそのつもりで出来たチームか?もしや。
 
 

全てのルーツは四日市にあり、うむ。
 
 
 

 

男子の方もシーズン最終を飾るにふさわしく、
また遠方から続々と集まる猛者共!でして、
 
 

やっぱり前の大阪のせい・・・?
 
 

と思ったり、
 

実は現在隠れファン急増中の注目チーム(東海)や、
 

つい先月チョイチョイとやりとりして、また練習で顔見始めて、
この日もう乗艇デビュー戦期待のルーキー陣(?!)や、
 
 

 

 またちょっと楽しくなりそうやんけヲィ!(ノ∀`)・゚・。
 

 

 

な余韻を残し、シーズン終了~です。
 
 
 

 

また来シーズンも、

我チームの漕ぎに更なる磨きをかけまして、
男女チーム揃って、
東海から各会場に出撃して行きたいと思います。

 
 

 

 

今シーズンも彼方此方でお世話になりましたshine
 

また来シーズンもチーム共宜しくお願い致しますcatface

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »