« 寒くなってきましたな~ | トップページ | 寒中お見舞い申し上げ候 »

やっぱり観てるぜ

例のあの人から定期連絡(特に定期という訳でもない)が来たよ。

わ~なんだか最新作ばっかだよ~~最近自分って何観たっけか~(実は現在暇があればFF13-2攻略中)なんて思ってみたら意外にポロポロ出てきたよ(笑)じゃあ今回の戦況報告行ってみよー!

 

アベンジャーズ
 よくもまぁ!!
 この豪華キャストでくだらない映画を撮ったものですな?
 期待していたので、余計に腹が立ちます。
 高い金払って観に行ったのにとても残念な映画でした。
 とりあえずジュレミー・レナー(ハートロッカー、MIゴーストプロトコル、ボーンレガシーetc)には頑張って欲しいです。
 
 

に、対しまして~?、
 
 

エクスペンダブルス2
 豪華キャストの格の違いですか?
 ア〇ンジャーズとは比べ物にはなりません。
 スタローン、シュワちゃん、ウィリスの、
 3ショットを観るだけでも価値があります。
 敵も味方も大物ばかり、キャスティングでお金かかってます。
 だからなのか前作に比べて爆破シーンが少ないような・・・
 この大物達が繰り広げる自虐的コメディは笑えますよ。
 前作観た時も思ったけど、
 このおっさん達、ようやるよな~。でも頑張れ~!!!

プロメテウス
 旬の女優、ノオミ・ラパスの鬼気迫る演技に拍手。
 これは、これでありです。
 ???なところも沢山ありますが、僕は好きですよ。
 ですが!エイリアンと無理して関連させる必要ってあるの?
 っていうのも本音。
 『昔の名前で出ています』的な、
 以前成功した映画で客を釣るような感じでとても嫌です。
 釣られる自分もどうかと思うが、
 最近こんな商売っ気丸出しの映画ばかりが目立ちますね。
 
  

  そうそうノオミ・ラパスのミレニアム!観ましたよ!
  体当たりの演技に、売れてやるっていう野望すら感じますね。
  先にリメイク版(ルーニー・マーラー&ダニエル・クレイグ)
  を観てしまったので、俳優陣の野暮ったさが何とも・・・
  原作が素晴らしいのでしょう。ほぼ忠実に実写化したのではないでしょうか?
  早くルーニー・マーラー&ダニエル・クレイグ版で続編が観たいです。

 

デンジャラス・ラン
 デンゼル・ワシントン節が炸裂です。働き者ですな。
 観て損はしませんが、だからっていう映画です。
 ありきたりのお話です。
 
 

ハング・オーバー!消えた花婿と史上最悪の二日酔い
 独身カウントダウンの花婿と男友達の大暴れ記。
 だから何がどうなってんだよ!に続く、
 だからどうしたらこうなるんだよ!!な展開。
 お子様には見せたくない(R指定)ですねぇ。
 こんな夜は一生に一度でいいでしょう。 

白雪姫と鏡の女王
 最近、白雪姫ってブームなの?この前も見た様な???
 こちらは、ジュリア・ロバーツの怪演が見物です。
 エンディングは、インド映画のパロディですか?
 スノーホワイトのヒロインも、
 この映画のヒロイン(共に白雪姫)も僕の好みではない。
 二人とも美人なんだけどね。

ハンガーゲーム
 やられました!!
 なんだかストーリーがすすまないと思ってたんだ。
 連続ものだとは、思ってなかったのでびっくりでした。
 こじつけも甚だしいストーリーですが、
 なんか続きがきになるので2も早くやってくださいな。
 製作者サイドの罠に嵌ったみたいで、悔しいですが・・。
 
 

ボーンレガシー
 今をトキメク俳優。女性がノオミ・ラパスなら、
 男性はこのジュレミー・レナーでしょう。
 CIAものです。スパイものです。まぁ、ハズレは少ないです。
 この作品もおもしろく観れます。
 ただ、ボーンシリーズにする必要はあるのかなぁ!
   
 

アルゴ
 ベン・アフレック、カッコいいです。俳優としても監督としても。

 いつも悪者にされるCIAが、
 カッコよく撮られてる実話だそうで、
 
 事実は小説より奇なりっていうことがよく分かる作品です。
 何かにこだわり、やり遂げる人間は美しいです。
 上手く言えないけど、とてもいい映画でした。
 
 

ついでに実話から出来た作品としまして、
 
 

エリン・ブロコビッチ
 ここにもジュリア・ロバーツです。
 一見、大丈夫かよ・・な、子持ちのシングルマザーが、
 危なっかしくも気付けば周囲も巻き込み大奮闘の末、
 あらゆる勝利を引き寄せて行きます。
 
 

僕はラジオ
 町に一人、名前も言えずラジオと呼ばれるようになった少年と、
 町で名監督と言われる高校教師の交流が、
 町や人を変えて行くお話。ラストまで必見。 

シルクドゥソレイユ
 サーカス?と映画のコラボ??
 サーカスって言ったら怒られるかも知れませんが・・・
 素晴らしい映画だと思います。
 ほとんどセリフのない流れの中に、
 しっかりとストーリーが織り込まれていて
 シルクドゥソレイユの演技と融合してます。
 いろんな意味で胸の高鳴りがおさまらない映画です。
 
 

で、洋画ばっかもなんなんで邦画も少々、
 
 

南極料理人
 南極基地で働く男達の物語!突然放り込まれる氷の世界。
 あ~・・こんな生活してるんだ・・と、ある意味壮絶。
 基地内あらゆる場所に貼られた標語がやけに面白い。
 普通の事がこんな必死で大事だなんて。
 それでもなんだかんだとタフな男共だ。
 
 

ツレがうつになりまして
 宮崎あおいがやたらに可愛いので困る(笑)
 原作漫画家のイラストに合わせ、
 明るくほのぼの展開の割には、コワい部分もチラリ。
 映画では2時間ほどだが、
 もっと濃く深く長い長い時間だっただろうな。
 
 

素敵な金縛り
 三谷幸喜作品。「マジックアワー」も是非。
 西田敏行さんは本当達者だな~とつくづく感心させられ、
 (いまだに「おろしや国酔夢譚」だったか、
  「おれキリシタンになった!」ってシーンが頭から離れん)

 またこの三谷幸喜って人は、映画の展開的に誰もが思う、
 ここでこうあって欲しいってのを踏まえた上に、
 150%~膨らませて弾けるタイミングも外さない、
 映画の持つ鼓動と見る人の期待を一致させる名人に思える。
 決まった役者さんを決まって使うのも何やら納得。
 
 

探偵はBARにいる
 人気原作の映画化?探偵やスパイなんかは、
 「向いてそう~」って言われる人が実は向いてないらしい事を、
 地で行ってる探偵(大泉洋)がBARにいるお話。(なんだそれ)
 この人どういう人なん?ってのがこの話だけではなかなか。
 もっとコテコテにハードボイって頂いても良さ気なのだが、
 なんだか地元なんではしゃいでいます感が楽しげではある。
 
 

テルマエ・ロマエ
 ローマ人と日本人の水周り物語。(これも人気原作有)
 現代日本に、時々タイムスリップするローマ人。
 目にしたものは全てを凌駕していた!
 それを再現してしまうローマ人に一票!か、
 これが普通の日本人に一票!か。
 しかしタイムスリップは話的、展開的に便利だが、
 例え水周りでも歴史に関与してはいけない!
 

 

さてさて、そろそろ今年の〆も近づいてきたかな、12月。。
「この映画は語らねば!」忘れはないか、
見忘れないか、、、(ka_akoはいっぱいある)

今年皆さんはどんな映画見ましたかね~( ̄▽ ̄)

|

« 寒くなってきましたな~ | トップページ | 寒中お見舞い申し上げ候 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51359/56243366

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり観てるぜ:

« 寒くなってきましたな~ | トップページ | 寒中お見舞い申し上げ候 »