« 2012年12月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年1月

久々に書いとくよ、この話。

ええ~と、この、
 

婦人科関連ってどこまで書いたのかしらねぇ、、、
(なのでそういうテのお話苦手な方はご注意下さい)

って言うか、

ああこの人そうだったわね

って思い出した方すらいらっしゃるんでないかしら?!

 

あら、こんな中途半端で終わってるでないですかこちら

 
と、あれから、
 

3ヶ月ごとの検査をかかさず受けてましてですね、
 

 

そもそも、
 

近くの産院から大きい病院に変えたのもですね、

更にさかのぼる事こちら

 
 

に、なりまして、
 
 

不正出血→ポリープ発見&子宮がん検査、子宮筋腫発見
 
 

までを近所の産院で出来たのですが、
また不正出血が~~~と気になり駆け込んだところ、
 
 

 

先生が違った。
 
 

 

とゆーか、
 

↑の診断をした先生が、とある曜日にしかいない先生で、
駆け込んだ日は院長先生の診察日だったのだ。
 

(子供を取り上げた先生だが覚えてないだろう。。飄々としたお爺ちゃん具合は当時そのまま、きっと今もお元気だろう)
 
 

 

「またポリープが出来てる事はないですね~・・」で、

 

「これ子宮筋腫って言われましたか?」と、聞かれる。
 
 

 

って言われました~、と言うと、
う~~ん、、って考え中~・・みたいな事になって。
 
 

 

「これね、一度、
 いい機械の揃ってる大きい病院で診てもらって下さい」

 
 

 

なんと?! 
 
 

 

「例えばね、もしこれが、治すのにね、
 大きい手術が必要な病気だと、うちじゃ手術できないから」

 
 

 

あ、そういやこないだの先生もそんな事を、、、

そう言いつつ、お爺ちゃん先生が「これ筋腫かな~・・」と、
ひたすら首かしげて考え込んでたのが印象的だったのだが、 
 

 

大きい病院に行った時に答えは出まして、
 
 

「筋腫でなくて子宮腺筋症の方ですね」
 
 

子宮内膜症っつっても総称みたいなもんで、症状も似たり寄ったりで酷いとか軽いとか個人差もあり、筋腫も腺筋症も扱いは割に同じっぽい。
とにかく筋腫はまん丸だからそれが見えるものだけどka_akoには無く、
腺筋症ってのは子宮の壁が分厚くなって、そこに血が溜まってしまい、ホルモンのバランスやら、前から気付いた運動後、なのでお腹に力が入った時などで、不正出血って形でそこに溜まってたのが出血する、そっちだったみたい。 
 
 

こればっかりは月経の度に悪化するもので、
ピルを飲む、取る、妊娠か閉経、しか軽減策はない感じ。
 
 

不正出血は不正出血なのだが、今となっては、
出血する日がピッタリ分かるようになったが如何に。
 
 

 

して、この腺筋症が分かったのと同時に分かったのが、
3ヶ月毎の検査にまでなったガン検査の方なんですが、
 
 

 

  ガンではないけど正常でもないですよ
 
 

 

という、このライン越えたら手術!までは到達せず、
その辺りをウロウロし続け、人によってはこの状態で、
事なきだったり、進行したり、治っていったりもあり、
 
 

検査だけがカギ。
 
 

 

※記事に書いてある事はka_akoが検査を受けてきた印象で語ってるので、ちゃんとお医者さんに聞いてね!!※
 
 

 

「陰性」って来たらまずは安心。
 classⅠ~Ⅱとかその辺り。始めの病院ではコレ。
「陰性」~「擬陽性」になると、
 classⅡ~Ⅲaとかで若干なんか混じって来てる?
 いや月の周期のせいか?なんか炎症で荒れてる?
 なので次の検査も受けよう。
「擬陽性」が、classⅢa~Ⅲb、Ⅲbは手術のレベル。

「陽性」はないのだけど、確実に急ぐレベル。
 
 

 

ka_akoの場合、

 

いきなりⅢa出たー!で、

もうリーチじゃん!ギリギリじゃん!だったのですが、そのⅢa内にもレベルがあって、ここらをウロウロしてⅢbまでは到達しない子でして、、。
 
 

 

よく言われる子宮がん検診と言えば、
あの~~小学生の時にやったか、
口の中を綿棒でこすって顕微鏡で細胞見る、みたいな、
あんなヤツ。(の、イメージ。細胞診。)
 

で、もう一歩進むと、
ちょっと切り取ってそれを直接調べる検査があり、(組織診
毎回やるもんでもなく結果が変わった時とかに有り。
えーー?ちょっとつまんで切り取るのー?ですが、
顔の吹き出物を爪で引っ掛けた時の方が痛い。 
 

どう考えてもこの切り取ったのを調べた方が確実と思え、先生も「怪しい箇所」を狙って取ってくれるものの、細胞診より組織診の方が結果がいい、なんて事も。

たまたま採った細胞が「何ともない」(ホントに何ともなけりゃこんな検査しないのだが!)場合もあり、ここでもⅢa以上は出ず。
 
 

 

が、

 

 

昨年の暮れに急転。
 
   
 

 

 

  「これもう切ろうか」
 
 
 

 

 

って、
 
 
 

 

 

 

   よし分かった!切ろう!(゚Д゚)o

 

 

 

って、(どんなノリ?)
   
   
  

 

 

    もう切っちゃったのだ!
 
 
   

 

 

子宮頚部円錐手術というもので、
検査兼治療の、この病気では一番負担のない手術。
(また手術日はある意味大騒ぎだったのだが~)
 

ここの病院は1泊が原則で、朝10時に入院、午後手術、
何もなければ翌日朝10時退院。 

そして帰って来たら誰も居なかったみたいな。だもんで、自分で車乗って行って、自分でまた運転して帰って来れますのね。

一応先生からは「あんまり飛んだり跳ねたりしないでね」とお達しはあり、湯船には1週間は浸からない様に等の制限はありますが、

昨日は病室から手術室までベットでガラガラ運ばれてたと思ったら、もう今日は家でゲームしとんのかぃ!で、 

「そんなにもう何ともないのか・・・( ゚д゚)」
 

と嫌でも思いたくなるくらいみたいです。この手術ならこれくらいで済むというか、子供らは手術を受けた事すら知らない、言わなきゃ知らなかった状態。

 

一応長男には、年明け頃、カレンダーを指差し、
  

 

「実は~・・・・

 

  この日に入院することになって~・・」
 
 

 

 

    (lll゚Д゚)?!
 
 
  

 

 

 「この日(指が少しずれただけ)に多分退院」
 
 
 

 

 

        あ、そう~(・_・)
 
 
 

 

 

 

       反応薄ッ(;´д`)

 
 

 

 

今回例えば、切り取ったものから普段の結果より、
 

進行した細胞が見つかった場合、

子宮摘出くらいで済む

と言えるのはやっぱka_ako世代だったり、
もう子供も産んでるし、って見方ができるから。
まだこれからの人はここまでには見つけて頂きたい。

何年もかけて変化していくものなので、
検査しかその過程で捕まえる事はできない。
 
 

 

もっと進行した状態だと、子宮だけでは済まず、
開腹しての大手術になってしまい、後も治療が続き、

 
ka_akoの場合だと、まずそこまでは行きません段階で
最悪でも子宮摘出で済みます、のがこの辺り。
 
 
 

 

 

そして、
 
 

「いったんリセット」
 
 

宣言されました、今現在。

切り取った所から進行した細胞は無しで、
疑わしい部分は取りきれたと考えていいでしょう、って結果に。 

前癌病変(ガンになる前段階)で取った、取れた事になり、たとえ今後ガンにならなかった可能性もあったかもしれないが、こうⅢaが出続ける以上、居座り続ける以上は疑いは晴れずガンに変わる可能性が普通の人より高い状態なわけで。
 
 

 

「切って直接調べた方がはっきりする」

チョコチョコ摘んで調べるよりもう全部切り取って調べてしまえ!的な。
 
 

 

との判断で、この手術話になると、ガンの種類の話が出てきて、
 

抗がん剤・放射線が効きやすいガンと、
どちらも効きにくい腺ガンってのがあって、
 

いまの検査結果がこの腺ガン(の素?)に反応してた場合を考えると、今手術できれば早期発見・治療になる、って事に。
 
 
 

 

 

「慌てて直ぐにやらないとって事でもないんですが~」
 
 
 

 

「もう来月に!!(#゚Д゚)ノ」

 

 

 

まだまだ動いて貰わねばなりませんからこの体!
 

 

それくらいの速攻決定かつ短時間手術の一泊入院だったので、
旦那と子供くらいしか知らないくらいで~ほんとに。
 
 

 

今後は定期検診で済んでいくようで、
 
 

もし、また出たーー!ってなるのは、
10年後とかもう出ない場合もある、だそうだ。
 
 

 

ただもうその頃には、他の病気にも足突っ込んでそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒中お見舞い申し上げ候

とうに新年も明けまして、
もう残すところ今年も356日と、
ねぇ~早いものでねぇ~、、、(ノ∀`)

 
などブツクサ言ってないで、

 
昨年中はお世話になりました!!
本年もよろしくお願い申し上げまっす!!fuji

 
と言う事で、今年一発目。

 

冬休みも終わり、各々会社・学校に散っていき、
いや~家の中が静かだね~、
洗濯機がガタガタ言ってるが。
 
 

なんつーか、
暗い時間に起きなくていい正月
を、

かなりの、

かなりの久しぶりに体験致しまして、
 
 

とゆーか、

先のクリスマスに、
 
 

 

 

サンタさんがね
 
 

バイオハザードくれたもんでして!!
 
いや~分かってらっしゃる、サンタさん

(古いのがベスト版みたいので出直してるヤツ。
 だもんでバイオハザード3本ゲット。
古いからと甘く見過ぎて手こずったぜ)
   
   

もう年越しゲーム決定。
 
 

 

あ~12時過ぎてるわ~あ~おめでとうございます~、
と、起きてる面々に声をかけながら、
よっこいしょ、とテレビ前に居座る女一匹。
こういう生き物どうよ。よく嫁の貰い手あったわね今思えば。

各局の正月特番すら1分も見ていないという、
これが世に言うテレビ離れ?(違う気がする)
 
 

ちょうど年末年始に仕事が入ってまして、
仕事納め~仕事初めまでに一本クリア。(ゲーム自体が短いからな) 
FF13-2もほったらかしでクリア。

ぼちぼちFFに帰ろうかと、FFは長男も同時進行中でして、
(バイオハザードは興味ないらしい)
 
 

「あそこのアイテムってどうやってアンタ取った?」
(実際FFは何やら行き詰まってるらしい)
 
 

 

とか聞いてみれば、
 
 
 

 

「そんな所まで行ってないし、
 
 てか、
 
 あなたどんだけゲームやってるの」

 
 
 

 

とかあなた呼ばわりで言われる始末。 
少なくともお前(長男)よりやってる、間違いなく。
 
 

 

と、ゲームで〆ゲームで明けた2013年。
 
当然、恒例の、お餅の馬鹿食い
(お雑煮で一気に10個くらい食っちゃうのよね~)
は、健在であり、なんでこう旨いかな餅って、の、 
なんだかんだの元気スタートupwardright(と、思う)

 

  でもまだモノになってない仕事もね、、、
  中学校のPTAとかね、、どうなるのかしらね、、
  あ、いよいよ受験生だわね長男、、、

 

   
 

え?

 

何か、もしかして、
 
 

 

大変??
 
 
 

 

 

 

 

   まあいい、行くしかねぇ。

 

 

 
 
 

という訳で、今年もごひいきに~~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年5月 »