« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

四日市レースお疲れ様でした!<2013>

シーズン最終戦、各チームの今シーズンの集大成名高い
三重県四日市霞ヶ浦南埠頭・ポートビル前で行われました、
 
 

 

   flag第26回四日市港カッターレース
 
 

 

昨日無事終了致しましたー!
 
 

 

ご参加の皆様、応援、観戦に来られた皆様、
また大会関係スタッフの皆々様、

 
 

暑い中お疲れ様でした!
ありがとうございました!!

 
 

 

『灼熱の四日市』合言葉なこちら、
熱波の吹き荒れる中、熱々のアスファルトを、
草履(どこに脱いだか見つからず裸足等)で、
歩き回るのが常なんですが、
 
 

昨日は風のある一日で気温も抑えられた感じでして、
日陰と日なたの間に熱の壁があるような事はなく、
ただその風のお陰か、スタートで艇がまっすぐ向かず、
左舷よろしく的なレース海上。
各種イベントやフリーマーケットなども、
かなりの充実っぷりでした、今年。 

そんなレース会場に続々集結しますは、
各地レースでもお会いする面々から、
練習時には一緒になります東海地区のチーム、
地元四日市の先輩後輩方々、育休中のメンバー、
出る出ないに関わらずやって来て下さいます四日市。
 

声を交わす交わさないにしろ、
カッターと聞いて集まってしまう皆さんを見て、
元気を貰える会場でもありまぅす。
 
 
 

 

今回特筆すると言えば、
 

さかのぼる事レース2日前になりますか、
我チーム櫂長から、
 
 

 

「決勝レース実況をやりやがれ!」
 

 

 

との指令が下りまして、
 
 

男子決勝の模様をマイクで話すようなスンゲー話で、
地元ケーブルテレビかの絡みでそんな話が飛び込んで来たらしく、
男子決勝の模様となると、男子はレースに出てるかもしれないので、あいつ等にやらせようってこっちに飛んできたよ。
 

もうひと方は櫂長嫁のaiさんでして、
「あーやるやる~ka_akoとやるよ~(◎´∀`)ノ」と、
 
 

 

おぉーぃ・・つД`)みたいな。
 

 

   しかしとうとうこの時が、、、、

 

      レースアナウンス!ヽ( ゚ω゚)ノ
 

 

 

   (今回たまたま話が来ただけです)
 
  
  

 

 

いやいや、我がチーム始まって以来、
まさか本部テント下のマイクで喋ったなんて誰もいないわ!!

初よ、初!!!
 

 
もう会場に着くやいなや、
 
 

 

「どーしよーー 
 アタシの声って通らないんだよーーーー」

 
 
 

 

 

  なんの心配しとんだ。
 
 
 

 

だから決勝で何やら喋ってた声は、
ka_akoとaiさんだったのだが、、、 
一体何を喋ったのやら今となっては。。。
 

 

 

事前に、一緒にレース進行して下さるお兄さん(FM四日市で喋ってるんだってよ!)と打ち合わせ。カッターレースは見るも聞くもとにかく初めてだそうで、そこにカッターに詳しい方を、、、というので我々で良かったのか。
カッターって救命艇なんですよ、なんて一言も言ってないが、

何を打ち合わせたのやら今となっては。。。
 
 

 

このチームがどんなだか大量のネタはあるが
やはりここはどのチームにも肩入れせず公平なコメントしつつ、
丁寧な言葉で、初めてレースを見る方にも、
ここをこう見る!的なものを、
 
 

 

短く的確にまとめられない俺たちみたいな。
 
 

 

とりあえず、
 

karaoke集めてみたらただの飲んだくれでした

 

という話はしておいたから、
 

もう安心して?前夜祭に挑むがいい?!
 

 

 

決勝レースともなると、
レースに小慣れたチームばかり出揃ってくるので、
スタートの話をしてるともう回頭でないですか!
というくらい早い。回頭の話などしてみれば、
もう帰ってきたーーー!になりかねず、 
余談を挟もうものならレース終わってしまうがね!で。

いつもレース見ながら「あー」って言ってる間に、
どんだけの事を頭の中で考えてるかを言葉にすると、
それはそれは膨大であることに改めて気付いた次第。
 
 

もっと各地のアナウンスを聞き込まねば。。。
(いつ何時またこんな事が起こるやもしれんので?!)
 

多くを話したければ、予選がいいかもしンないっすね。
 
 

なかなか無い貴重な体験をさせて頂きまして、
ありがとうございました!karaoke

 
 
 

 

さて、その本部テントで観戦させてもらった一般決勝なんですが、
予選1位通過+2位着タイム上位で、
4艇×6本かの決勝戦となり、最終に向かうにつれ速い組に。
女子は一本だけでそのまま決勝タイムとなり順位が決定。

四日市レースらしいメンツ揃いと言いますか、
現役や若手と大人チームが半々?くらい?の印象で、

地元とあって、いつもレースを手伝ってくれます鳥羽商船、
三重大絡みの若者揃いのチームが大量投入され、
地元企業のチームが入り混じり、
遠いからって関係ねぇ猛者共に、
そこに東海のカッターチームが点在する感じ。
 
 

 

こちら四日市では、この決勝のタイムは、
閉会式まで発表される事がなく、
1着でも全体で12位でした、とか、2着でも3位でした、
とかになるわけで、
順位発表毎に悲鳴?があがる閉会式。
 

この結果を読み上げる人が毎度非常に楽しそうである。
 
 

 

これも本部テントにいたので傍目に見てたんですが、
もう結果は手元にレース後どしどし届いておるんですな。
(当たり前か)
 
 

 

決勝最終枠のチームの中に、
優勝したチームが居たのですが、
今シーズン他レースでも魅せてくれたのですが、
クルーの重量と漕ぐパワーのバランスが最高かと。
船ですが線路の上を走る機関車の様で、
速いと言うより、これは強い!と、そんな感じです。

カッターが何か別のものに見えるくらいの漕ぎ、
というのは、某強豪チームでも感じた事があり、
これもある意味、強さの証明なんではないかと、
勝手に思っております。
 
 

 

えーと、あ、我々(女子)ですか?
 
 

まぁ普通~?というか、もう上等でしょ、というか、
 

いいんだよ、四日市はぶっ倒れなきゃ!
(古株にレースの目標など聞いてはいけない)
 

という目標は達成、うん。(いやどちらかと言えば涼しかったし)
 

ka_ako的には、救命胴衣の厚みとあのキセ巻き部分の樹脂を攻略せねば、、と、そんな感じですかね、えぇ。。。男子はとりあえず当日にメンバーが揃う、が希望?(笑)
 
 

 

なんだかんだ言っても、
 

また来年もきっと来ちゃうんだろ、カッターレース!

 

と言った所で、
 

今シーズン無事終了です、早いなぁ。
 
 

 

   各地ではチーム共々お世話になりましたshine
 

   来シーズンもどうぞよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »