« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月

四日市レースお疲れさまでした!<2016>

昨日、四日市の霞ヶ浦埠頭西側、
ポートビルのお膝元で繰り広げられました、
 
flag第29回 四日市港カッターレース大会
 
無事終了~と、なりました!!

結果コチラに!→http://www.yokkaichi-port.or.jp/cutterrace/
 
 

近隣、遠方からご参加の皆様、
応援、観戦に駆け付けた皆様、
また大会スタッフの皆々様、

 
お疲れさまでしたー!
ありがとうございました!shine

 
 

早朝には、なんだか雲も多くて、
鈴鹿の山々が霞んでたり、暗かったりして、
天気どうなん?とささやかれたりもしたのですが、
 
もうちょっと曇ってくれてもいいのに、、、
 
と、終いにはボやく、晴天・暑さに恵まれまして、
まだ風があるからマシか・・・の、

夏レース日sunとなりました。
 
また、たくさんお土産や差し入れを頂いちゃいまして、
チーム一同御礼申し上げますー!!

 
 

さてさて、今回も、
開会式から閉会式までどっぷり参加出来まして、
まず朝イチで、「あれ?どうやって来たん?(゚0゚)」
と聞かれて始まる一日。
 
いつもこの四日市レースの日は、
名古屋を出て、近鉄の駅に降り立つと、
ただいまぁ~って言いたくなる感じで、
まさに里帰りレースであり、我チームの原点を、
改めて想う日でもあり、
勝ち負けとは別に、今持てるものを、
報告すると言うか、返しに来るというか、
奉納しに来る気分と言うか、
 
とにかく祭りだ
 
 

して、開会式では、
昨年のトロフィー返還!役を仰せつかり~、
「また戻って来るんだよ~」
とトロフィーに皆で言い聞かせて返還。
 
そして今回は選手宣誓もうちのチームが担当ってんで、
ド緊張の宣誓の主に、
「大丈夫、大丈夫、意外と皆聞いてないから!」
と、助言なんか何なのか訳の分からんアドバイスをした割に、がっつり聞いてたとか何とかで、
 
一般予選突入ー!&暑さ&待ち時間との闘い
の始まり始まり~~で、ございます。
 
そして一回戦目に、我男子チームが登場!で、
「多分、ここ押せば撮れるはず´ω`)ノ」
と言う指示だけ聞き、新カメラでビデオ係
(そんなんでいいのか)
 

そして一回戦スタート!したはいいが、
いきなり、

回頭ブイ間違ってないかー?!Σ(゚д゚lll)
 
これはこの日一日言われてたヤツで、
スタートブイから見ると、そのコースの回頭ブイが、
やたら右に設置されてたようで、
(どっちかと言えば左にあった方がうれしい??)
そのまま真正面行ったら隣のコースのだった
と、いうくらいの位置だったようで、
艇長の間ではこれは間違うわ~(;´д`)と言われていた。
 
そこで男子艇長、間違いに気づいたらしく、
しれっと艇を曲げたようで、
 
「そう!それでいいんだよ艇長は!!」
 
と、後でka_akoが絶賛(笑)
 
この出来事に関わらず、
なんだか好タイムでの予選通過相成り候。
 
この日、ケガで棄権のメンバーは、
「俺がいない方が早いん?!」
とボヤいていたが(爆)、とりあえず、
「漕ぎ手の体格(バランス)は揃ってるかもな」
と、また助言なのか慰めなのか訳の分からない事を言っておいた。
 
その頃、陸上では、顔見知りのチーム面々や、
地元の知り合いと、この日こその再会したり、
懐かしの面々にご挨拶してみたり、、、
 
と、元気に動き回るのもつかの間、
 
気温も一気に上昇し、
まだウロウロ出来るのは午前中くらいで、
もう気が付けば、
皆テントの下でじーっとしている図、に。

 

そんな予選で、
かつてka_akoが、

このチームに来始めた頃の櫂長さんが、
別のチームで漕いでるじゃんよ!!!
と、カメラを回す現櫂長に、
「ズームで撮れ!」と指示しつつ観戦。
 
その後テントに寄ってくれて、お久しぶり!の握手!
「お前老けたな!!」と言われる。
 

多分、かの方の記憶では、
ka_akoらは20歳前後なんだよ、きっと。。。

 

あえてそれからどんだけ経ってるかは言わんが。
 

でもって当人は、
あの頃とほぼ風貌も変わっていない超人ぶり。
 
 

そんな再会も挟みつつ、
いよいよ出番は迫り、もうこっからは怒涛ですわね。
 
今回、古巣の四日市海洋少年団から、
救命胴衣をお借り出来まして(ありがとうございます!)
対戦相手チームからの、「どうしたんですかそれー!」
と、羨望の眼差し。まさか買えないっすよ、えぇ。
 
その乗り場前テントまで来て、
我チームの今回の助っ人が、
「サ○ミにご飯食べに行っちゃったってーー!!」
の大事件が発生。助っ人って、漕ぎ手が(笑)
 
どうするー!?他で声かけるー?!と焦る面々と、
 

いや~?来るんじゃない? 

たとえ頼んだ料理が「今」出てこようがね
 

と、悠々な面々とチーム内でも両極端(笑)
 
 

そんな乗り場前のテント下、
皆で写真撮ろう~、入って入って~、
などとワイワイしつつも、
「こいつらに勝たねば優勝はまずねぇ」と、
皆が笑顔の下に隠しつつのレース直前の風景。
 
そんなこんなで間に合ってくれた助っ人と、
いざ乗艇~してみれば、
サーキットのコース横のタイヤ屑よろしく、
オールのシリコン屑が底にパラパラ。
このキセ巻き部の働きと過酷さを思う。
 
そしたら巡視船の放水があるので、と、
スタート位置待機で、プカプカ眺める。
あの放水の下に行きたい感じ。。
 
さぁー女子はこの一本勝負だかんね!
それもあちこちで対戦してきた、
東海女子勢ぞろいの一戦で、
負けられん!ですよ。
つか、よくこんな組み合わせになったな(笑)と。
 
そして何だか異様に重い、
つか、あんまバリバリと漕げなかったような、
そんな一本を終え、
 
 

次は今年もやるよ!レース実況!!
 
いつもの、
[ひ]~ちゃん兄さん(今年もありがとうございます!)と、
櫂長嫁と喋るよーー!!
と、早々に本部テント下にゴーですよ!
(日陰かつ椅子があるからな)
 

でもってミス四日市ちゃん?達が飛び入りで、
マイク前にいらっしゃってですね~、
そしたら本日2度目のアイス差し入れが来て、
皆にあげた。(喋ってる最中やっちゅーねん)
 
もう漕いだ後でグデグデのおばちゃんと、
カメラで追われる娘さんテント下の図。(笑)

 
 

そしてバトンタッチで決勝レース2戦目辺りから参戦。
 
まー相変わらずのノープラン戦法でして、
えーと、いつも何喋ってたっけ(・∀・)、みたいな。
 
こんなでも今年で4回目。 
そして乗降艇、レース展開も早い決勝組の艇達。

 
 

風で回頭が膨らみがちかな~という話や、
目についたチームの漕ぎ方の話、
大阪レースの話も触れてもらったり、
また今月末の下関のレースの話、
東海の最終兵器の話、横浜チームM氏の飛び入りや、
櫂長嫁の話に対して、
「それって漕ぎ手としてどうなの?」
という話をしてみたりと、話題はあちこちなんですが、
 
決勝最終組を眺めてた時には、
なんでここはこうも強いかな~と言葉にならなかった。
 

(でもって先週の日曜にここのチームの人がうちの練習にちょっと参加してたのだが、一緒に漕いで一発でka_akoの手の豆が剥け、さらに「レース前なのにこんな練習で大丈夫なのか」と言われたと風の噂できいた(笑))
 
 

この喋ってる間にも、ka_akoらの周りで、
大会のスタッフの皆さんが動き回っている訳ですよ。
そんなの見てると、ありがたいな~と思えるのと同時に、
この四日市レースを大事にしていかなきゃいかん!とひしひしと思え、参加した人、見に来た人に楽しかった、面白かった、と思ってもらえるのはもちろんの事、

この規模だからこその良さと言うか、地元の人の温かさとか、そういうのを身近に感じられたり、そんなに面白いなら行ってみるか?と興味を持ってくれる人が出て来るようなレースに、自分達も参加しつつ、していきたいな~と思えた。
 
 

その為には、四日市が我チームのホームで、
原点のレースだと言える様に、
いろんなレースで結果を残してくることも一つだし、
 

実況マイクの前に居るなら、
それを聞いた人が、なるほどな~と思える様な事を、
一つ二つ言える事も必須であり(!)、

次シーズン以降要課題としていきたいと思います。
ノープランではダメだ?!
 
 

大会スケジュールも時間通りと言うか、
予定より早いのか!というスムーズさで迎えた閉会式。
 
「アタシ返還したからまた貰う!!(*゚▽゚)ノ」
 
と、賞状でなくトロフィー受け取り役で、
今シーズン最後のレース、無事終えまして候。

 
振り返れば、
どのレースにも助っ人に入ってもらい繋いだ今シーズン。
助っ人の皆様、お世話になりました!
 
また各レースでは大会スタッフ様はじめ、
常連チーム、地元チームの皆様にお世話になりまして、
チーム一同今期も楽しくシーズンを終えられました!
ありがとうございました!
 
甲子園も、オリンピックもありますが、
 

こちらお先にシーズン終了という事で、
 
また何処かの会場にて参上すると思いますので、
お声かけて下さいねclover

 
 

ではではひとまずは是にて!paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »