« 君はターディスを知っているか! | トップページ | 今年も折り返し地点に到達る »

神戸レースお疲れ様でした!<2017>

昨日、神戸港はメリケンパークで行われました、
毎年カッターシーズン開幕戦にもなります、
 
flag第39回 神戸港カッターレース
 
無事終了~致しました!
 
ご参加の皆様、
応援、観戦の皆様、
大勢の大会スタッフ皆様はじめ、
運営にご尽力頂きました皆々様、

 
お疲れ様でしたー!
皆様に感謝!shine

 

昨日は、風はやや強めとはいえ快晴のもと、
5月の爽やかな日のレースとなりました。
 
神戸港開港150年記念も重なり、
ややッ!こんな花壇が!!
ここもタイル張りに?!芝生も出来てるし!
あそこにスタバが!!

と、会場となりますメリケンパークも、
あちこち変身しておりまして、園内お洒落度倍増。
 
Kobe2_2 クリアファイルと150thロゴ入りアルフォート
 
 

その公園を横目に、
お洒落とは少々かけ離れた集団が、
熱戦を繰り広げまして候。
 
そのスタバのスタッフの方も、
「なんで今日こんなジャージの人ばっかり?」
だったとか何とかで、 
きっと今後も年に一度はこんな事になります。
 
さてさて、今回はチーム最後発で愛知から向かいまして、
「男子の1本目には間に合わないな~」
と、着いたらば、漕いでるの見れちゃったじゃん!
 
もうこの時点から少々レース進行に遅れが出始め、
この後それが更に伸びていく事になるんでございます。
 
陸から見てると、なんか酷そう (;;;´Д`)に見えても、
乗って出てみると意外とそうでもないんか、
といった印象の会場だったのですが(ka_akoは)、
「あんな風イヤー!」「うねりはイヤー!」と、
とりあえずそれなりに騒いでいたりするんですが、
実際内心は「ま、いっか」と思ってたりして、
一応、はしゃいでみたいだけかもしれん。
 
この日の我々は、
そんな海面のコンデションなどが問題などではなく、
もっと大きな心配が既にのしかかっており、
この事実を聞いた日には、
いよいよ神戸観光かと思いましたです。
 
その我々の予選1本目とは、
住友倉庫レディースさんに、商船ギャルズさんに、
んで、ウチ
もう聞いた名前ばっかでないですかぁ~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
 
2位チームからタイムで上がれると言うので、
もう絶対全力走行しかなかったのです。
(とにかく食らいつけ作戦で)
 
ちょうど右舷から商船チームが見えてまして、
あんな滑らかに加速してくのか~スゲーな、と。
滑らかなんですよ、ウチがMTならあっちはATくらいに。

まぁ、ぶち抜かれてるんですけども。
感心しとらんと漕げや!ですけども。

並んでみないと気付かない事もある。
 
そんな頃ウチの艇内では、
アレ?スタートって何枚漕ぐの?的な混乱が起きており、
これは続く2戦目にも起こっており、(残れたんだヨ!)
適当かお前ら!状態に陥っておりました。
 
 

一般の部の方では、
ここは来るよね、ってチームが続々予選突破しており、
そんないつもの常連チームの中でも、
いろんな事情が起きており、(ウチもかな?)
驚きやら心配やらも全て抱えて、
みんなチームの名の下に参戦。
 

 
そんな中、ウチの男子の2本目、
実はこの日の優勝チームと競り勝つ快挙がありまして、
陸ではさっさとスパートしろよ!とキーキーしてたのが、
あえてスパートしなかった作戦?だったとかで、
マジか!(゚□゚*)の1本を久々に見た
いや、これは今日は男子にキてるのかと思いきや、
そのあと、黒、黒、黒のユニフォームの揃った一戦で撃沈。
 
そして先述の我々の2本目はと言えば、
 
チャレンジ櫂LADIESさん、poco a pocoさん
で、ウチ。
 
なんで今日はこうなんだー!! o(#゚Д゚)_‐=o
と、思っていた。

2戦目の抽選で、
「あそこと、あそこと、ここが同じ組になりますようにψ(`∇´)ψ」
などと祈ってみたところで神様は平等と知る。
どこもそれ相当の組み合わせ。
 
ここはもう1位抜けしかないというので、
スタートしたらただのパニックでしたわよ。
そのパニックを終わらせるには、
漕いでゴールするしか他に方法がない。
どうせこのままゴールまでこのまま行くんだろ!(#`Д´)
と、半ギレに近いものがあった。
 
だもんで決勝前などは、燃え尽きどころか、

既に灰をかき集めてる様な状態。
初戦からずーっと決勝やってる感で一杯なんスけど。。

 
 

その決勝とは、
商船さんに、ワグーマLADIESさんにウチ・・・。

何とかここまで来たよ・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 
こういう時、いっそクソロングで漕いでやろうよ、
って話が灰の中から出るんだけど、この時もやっぱ出て、
ただそれを、競争の場でキープ出来るのか、って事で、
 
ウチはロング漕と言われるけど、
レースではそこまでロングかな、という感じもあって、
ロングっつったらもう少し1枚が長くて、
オールあげる所が、見えないくらい体が寝てる、
くらいまで引けてるのがいいとされる(気がする)。
だからもっとゆっくりペースに必然的になるので、
それが隣に誰かいる状況では、
焦りを引き起こすから無理なんじゃないか、と。

それが完遂された時どんだけの成績が出るのか、
を、単純に見てみたいからやってみたい、
という願望は随分前からあるのだけど、
 
それを現場(しかも決勝など)でやれるのか、
っつー話で、絶対ギャーーってなるのがレース。
次々にオールを繰り出す以外、
その焦りをかき消す手段がなくなると、
形もペースも飲み込まれる訳で。

案の定、この決勝も、
だから練習でもこんな事しねぇだろ!o(#゚Д゚)
というやけくそペースっぷりで、

もういい、今日はもうこんでいい、
ゴール出来て良かったぁぁーもぉぉーー
と思た。
 

「陸で手振ってたのに」と言われても、
 
見るか!(#`Д´)
 
もう何の余裕も残ってないゴール後。 

 

「勝利の櫂立て用の体力はとっとくもの」
って昔はよく言われてたんだけど、
誰が考えたんだと近頃は思える。
 

そして迎えた閉会式の頃には陽は傾き始め、
帰路に着くころには街灯に灯りがつき、
もう6時じゃん!の長い長い一日。
 
「やっとこれで皆と同じ所に並んだ」
と、あれ?立ってなかったか?(笑)
と思いながらも、
非常に嬉しそうな優勝チームの姿を見たり、
(そのあと某お店で宴会が始まっていた)
 
閉会式では隣にいたチームが、
ka_akらも遠方の方かもしれないけど、
長崎まで帰ると聞き、無事帰れたかな?
 
うちの助っ人の姉さんとレース観戦中、
私服の若者がいろいろ尋ねてきて、
あれはこうでこれはこれでと姉さんが「熱く」答えてたら、
どっかで漕いでる子達らしく、
知ってんなら聞くな!(`◇´*)
という事があったり、(いつかレース出て来いよッ!)

続きは名古屋で!みたいなシニアの一本とか(笑)
 
んでも、今日も楽しかったな、
総括したら間違いなくそう言える一日。
 
Kobe1_3 小籠包も食う。(並んで買って貰った!感謝!)
 


また名古屋で大量のジャニーズファンを見、
家に帰れば山と積まれた洗濯物を見て落胆し、
 

いや、落ち込む暇などないのだ
 
来週はflag横浜だ!!
 
 

と、締めたいところではあるんですが、

今回横浜レース、
我が女子チームは不参戦でございまして、
ka_akoも今年は横浜レース欠席でゴメンナサイ。。

東海勢各チーム、
ウチの男子チームは参戦ですので、
各チームのご活躍を期待しております!

 
今シーズンは、
ちょっと参戦状況が不安定なのでございますが、
見かけましたらチーム共よろしくお願い申し上げますtulip

|

« 君はターディスを知っているか! | トップページ | 今年も折り返し地点に到達る »

カッターレース@神戸・横浜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51359/65282725

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸レースお疲れ様でした!<2017>:

« 君はターディスを知っているか! | トップページ | 今年も折り返し地点に到達る »