2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カブの車窓から。

  • 花立つ。
    よく目にする場所を切り撮ってみました。 ※カブに窓あったっけ※

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/16

大阪レースお疲れ様でした!<2018>

今日も暑いが昨日も暑かった!
 

大阪、天保山(海遊館の裏側だ)で行われました、
 
 flag第29回 大阪港カッターレース
 
で、ございました!!
同日、下関でも熱戦が繰り広げられていた模様!
 

ご参加の皆さん、
応援、観戦の皆さん、
また大会運営スタッフの皆々様、

 
暑い中お疲れ様でした!
一日、ありがとうございました!
今日祝日でよかった!!

 

各地で降った信じられない程の雨の後、
やってきたこの連日の暑さ。
 
朝、名古屋から新幹線に乗って会場に行くのですが、
ホームで見かけたのは、
シャベル片手に新幹線を待ってた方、
どう見ても作業服(そのまま工事始めそうな)な方、
当然、博多行きなので、
これは被害のあった現地に応援に行かれるのかなと、

新幹線のホームなので、
ほとんどの人は、旅行かな、仕事かな、
って、思わせる出で立ちなんですけど、
そんな中で思わず目を引きましたですね。
 

で、
 
「それで新幹線乗ってきたん?」
 

という出で立ちだったお前は何だ、
という事なんですが、いよいよ、
上だけユニフォームに代えたらそのままレースOK状態で、
新幹線に乗るようになってきました、これ成長?
長男にも「もうダメだな(何がだ)」と言われる始末。

「電車に居た部活の高校生なんか皆こんな格好だったもん!」
とは言って見ても、
それはせいぜい数駅乗るだけとかね、
同じ格好で軍団で居るとかね、 
それとは違うでしょ?ね、ka_akoちゃん、って事らしい。
 

まぁいい。

気にしちゃおれんこの暑さ。
日陰まで暑い。
しまいに、なんで服着なきゃいけないんだくらい暑い。
 
でもカッターが待ってるから行くんだ。
(メンバーもいつも心配しながら待ってるが)
 

こちら大阪レースは毎度、
潮流、風、波、くじ運と実力、
全てを制して勝つ!のが色濃い(何となく)レースでして、
この日は午前中なのにもうこんなに波あるぅ?という印象。
 
一番奥の3コースは一番海面の影響が出るとかで、
1、2コースが人気、とか、
時間で行きが進む、帰りが進むとか、
そういうのも見ながら一日やってたりします。
 

昨日特筆するとすれば、
FRP製のオール、かもしれない。
 
どうも木のオールと半々?くらいで、
ka_akoらの艇は全部コレ(予備オールまで)だった。
 
皆初めてで、(ka_akoは触ったことはある程度)
これどうしたもんかな、
と、皆思いながら漕いだに違いない。
 
グリップは、先っぽだけ素材が違い、
そこだけ濡れても滑らない部分があり
男の人だともう片手で、その部分は埋まる感じ。
必死でそこを掴んで漕ぐしかない。
舷側の手に滑り止めグローブなんて有りかも。
 
で、軽い
木で軽いとある意味大変なのだけど、
これは軽い割に水には沈むので、
その点はいいのだけど、
レザー部分(きせまきの所)が濡れると滑る、
と言うか濡れてなくても滑ってる感触があり、
実際ここまでやっても外れない、だとしても、
その確信がないので、外れんじゃないか
と、思いながら漕ぐしかない(今のところ)。
 
ブレードが小っちゃい印象で、
この軽さとこのブレードの大きさとなると、
1枚でも数打つ方がいいのかな。
 
このオールでの漕ぎ方ってのが要るかも、
と、ちょっと思った。
 

そしてこの艇で予選に突撃した訳なんですが、


「いない!!
(横の艇が)
 

と、思ったが最後、そのまま撃沈し、
クジ引いたの誰だ(#`Д´)とか若干始まったりするんですが、

今回は、家の専属助っ人(?)含め、
遠くに引っ越しちゃったけど、
レースに来てくれるメンバーも居て、
フルメンバー女の子!で乗艇でき、

やっとシーズンの初戦に辿りついたという事で、
皆で暑い暑い言って、
皆どうしようどうしようって言って、
あーこれこれ、この感じですよ(ノ∀`)・゚・。という、
皆でレース来たよ感
があった為か、そう悲観的でもなく。
 

ただ、決勝戦の時、
我チームの御大が、
 

「さぁー出るはずだった決勝見るよー!」

(lll゚Д゚)!
 

と、言った時はしまったと思った。
 

横からいなくなった艇は、
そのまま上り詰めていった。
 
何か男子にツキ持ってかれてんのか~、
と、言いたくなる(酷い)場面に遭遇しつつも、
波にも風にも暑さにも負けない猛者チームが、
ガンガン勝ち上がっていく中、
男子も決勝までは及ばず敗退となり、
 
我々の大阪レースは終了致しまして候。
 

この暑い中で、
知り合い増やすんだ!とメンバーは駆けまわり、
カッター仲間をちょいちょい増やしていた。
(そのせいでミーティングにいないとか)

そして今、内々で話題になってた(らしい)、
小豆島のカッターの話の主の方?本人??
がいらっしゃってたみたいで、
ガラケー仕様のka_akoには、
置いてきぼり(既にもういろいろが結構置いてきぼり)
な、話だったのですが、

そういや昔(20年くらいは前)小豆島の人って会った事ある
という、今の話題に付いて行けずとも、
『記憶で対抗』できる、
どんだけカッター界(つかチームに)に居るんだよって話で、
その時の小豆島の所縁の人なの??(゚0゚)
とか思うと、何か不思議な感じで、
こんな形でまた縁があるとは、
絶対思ってなかったはずですから、当時。

このカッターレースの日を、
おのおのが満喫して、
他チームの皆様へも挨拶もままならず、
いつもの如くドタバタ帰路に着いた訳なんですが、
 
次はこうはいかないからな!
もー!!(#`皿´)


とは、内に秘めつつ、
 
この暑さ乗り切りつつ、

来たる来月、

四日市で勝負じゃ!

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »