2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カブの車窓から。

  • 花立つ。
    よく目にする場所を切り撮ってみました。 ※カブに窓あったっけ※

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018/08/06

四日市レースお疲れ様でした!<2018>

また昨日も暑い暑い日であった。。。。

三重・四日市は霞ヶ浦のポートビル前で行われました、

flag第31回 四日市港カッターレース

で、ございました!

ご参加の皆さん、
応援、観戦の皆さん、
そして大会スタッフの皆々様、



あの暑い中、

お疲れ様でしたー!

ありがとうございました!


と、このまま行きたいところなんですが、



仕事行ってくるよ。
暑いよ今日も。



ちょっと後日になりますが(諸々事情で)、
また書くです。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜



という訳で、

やっとこさ四日市レース当日を振り返ってみよう。
 

ここの所の猛暑続きの真っ只中行われました、当日。

名古屋でも40度に到達した日にゃあ、
名古屋で40度か~こりゃ暑いやね~(;´Д`A ```
と、よくよく考えたら、
住んでるのは隣市、仕事場は名古屋市内、

ここか!


と、しばらく気付かない感じで、
 
あんなに各地では雨が被害を出し、
台風も通っていったのに、
暑さだけ残ったままろくに雨も降らず過ぎてる地域が、
この辺りといった感じ、現在も。
道端の雑草すら枯れ枯れ感が。
 

それでも当日会場には、
西から東から、地元の面々から、
暑い中続々と集まって来ます。
暑いと分かってても参戦しちゃうカッター人。
 

何と何と、また今年も実況を!と言う話で、
しかも、朝から喋っても可!!
と、櫂長嫁から連絡が来た時、
歯茎が腫れ上がり物が食えん状態で、
(当日痩せた?という印象があった方はこのせい)

レースまでに何とかせにゃ困る!!で、
歯医者に飛び込めば、
親知らず抜きますか?(抜けば全て解決?)って話で、
抜歯も困る!レース一週間前!!
(一瞬もう抜いてくれと思たが)
 
当日は腫れは残るものの痛みは気合の?完治。
痛いままだったらどうしようか焦っちゃったわ。
ちなみに歯はまだある。
 

焦ったと言えば、
携帯電話が朝止まってたこと。

あのワタクシのスーパーなガラケーが、
いつから切れてたのか当日朝に電源オフ。
(オフってたり圏外になったまま直らないとかここ数日頻発はしてた)

何故にこの日の朝に限って?!

という事は、アラームが鳴らない、更に、
目覚ましも時間設定を間違えており、
たまたま起きたらとんでもない時間。

乗るはずのバスが目の前を通過し、
あーあーあー・・と思ってたら、

バスがバス停で待ってくれた奇跡shine

bus次から時間に来てくださいね~」
と、やんわり運転手さんに注意された。テヘ!
 
それで近鉄の駅までメンバーにお迎えに来てもらい、
現地到着してみれば、
女子メンバーは誰もまだ来てなかった。
 

この一件で、突然だが、
ガラケーを卒業したことをここで発表しておこう。
ショップで店員さんに、
「まだ動いてる(使えてる)のが凄いです。」
と、驚かれたのは言うまでもない。
 
少々長々書いたが、
こんな奴が漕いでいると思って頂ければ。
 

さて、もっと焦ったと言えば、

いざ座ってみたはいいがマイクの前、である。
 
朝の開会式で、あれ?ひーちゃん兄さんの声?
という事は、今日一日居てくれるの?!upwardrightと思ったら、
また昼から再登場という事で、
どーすんだよーー(lll゚Д゚)という状況になり候。
 
本部テントの下ではどうぞどうぞと招いて頂いたものの、
全く素人の櫂長嫁&ka_ako。
「頑張って下さいとかそういうので」
「応援してあげて下さい」

とテントの下で周囲の皆さんに促して頂くも、
二人してしばらく(かなり)沈黙す。
 
が、突然、目前のレースで指導が始まった!
とかそんなこんなでズルズル喋り始める!
 

そこで逸材を発見。
今日レース出てなかったよねぇ、、、
なのに観戦に来ちゃった西の男!
「今日暇だろ?」と、マイク前に拉致。
(でもこの後全然暇じゃなくなった)
ここでちょっとレース解説らしい解説がやっと展開。
 
その後も、この日女子優勝チームの面々や、
この日男子優勝チームのいつもの方や、
何となく誰かがマイク前、という体制に持ち込む。
皆様当日ぶっつけでご協力ありがとう!
(我々だけでは絶対無理。また呼ぶぞ。)
 

んでもってこの日、
我男子チームの急な欠員で、
ka_ako息子を漕ぎ手で乗せる事になり、
カッターレースを見ると言うか、
「授業参観」みたいな雰囲気になってしまい、
一日落ち着かん所もありまして、
何か知らんが「漕ぎ方がそっくり」らしく、
50%の遺伝子か環境か。
ともあれ親子2代でレース参加達成、うむ。
行く行くは先輩方の様に、
大会のお手伝いに来るのかもしれない。
 

ちょうどレースの前の週は逆走台風接近で、
練習という練習はほぼ中止になり、
台風シーズンに加えて、
この暑さとの闘いもありまして、
晴天sunの四日市レースは過酷でございます
 

今回は三谷水産現役チームが多数出場で、
こんな若いのに漕がれたら・・とレース前から戦々恐々。
片や30年前は現役でした!のOB陣や、
この歳でも漕げちゃうんだよチームや、
会社で多数チーム参戦の地元チーム、
今回初めて参加です!ってチームに、
各地のレースで勝ちまくりチームも入り乱れ、
決勝ともなるとかなりのレベルかと思います。
 
ka_akoらチームもその若いチームが隣に並んでのレースで、
(女子は一発勝負なので)
いつも通りっちゃーいつも通りだけど、
今シーズンのウチはこんなもんだろう、の、
納得の一本だった気がする、ka_akoは。
 
ほんと練習すればほんとすぐ上手く速くなると思う。
それが分かってるけど出来てない、やらないで、
漕げる人間が揃ったところで、
本番でのちょっとした事が気付かないし、
埋められない、と言うのはある。
やはり練習して練習して、レースに出たいものだ。
歯槽膿漏とかなってる場合ではないのだ。
 

この一本の後は、
ひーちゃん兄さんの安定ナビ付での解説と言う、
有難いことに、ここ数年の恒例となってきており、
四日市レースは小忙しい事になっております。
 
一日通して熱中症予防のアナウンスが入り、
さすがに「この暑さはもう災害」と言われるこの夏。
スプリンクラーが乗り場前で回り続け、
ちょっと気分悪い人も出たとか。
 
今回は本部テントの後ろを通る、
レース終えたチームの方をとっ捕まえて、
インタビューしてみたり、喋ってもらったりと、内容充実。
うちの櫂長はマイクを奪いどこか遠くを見て話してた。 
ひーちゃん兄さんは暑さでダウン寸前?だった。

男子決勝は、バリバリ進行して行くので、
目についた場面場面しか話せないというか、
それ話してる間にこの艇が来たー!とかになって、
え?どこ?どっち?と、
順位発表は閉会式までおあずけなんですが、
まず、今、眼前でやってるレースを見て貰いたいと。
爆発的スパートや、思わず応援したくなる漕ぎ、
綺麗な漕ぎや、圧巻の競り合いなど、
それを是非見て貰って、何か思って欲しいなと、
 

思って喋っています。
(きっと)
 

↓そして結果はこちら
http://yokkaichi-port.com/ypa/tools/wut000_news/cgi_img/143_6.pdf

 


暑い一日はあっという間に終わって行き、
と、同時に我々シーズンも終了となりまして、
また各チーム、来シーズンに向け、
(いや、秋の某レース?に向け?)
次なるレースを見据えての、
シーズンオフを迎える事になると思います。
 

まだまだしばらく暑そうですがsun
皆々様、無事にこの夏を乗り切って、

何処かの会場で、
また皆さんにお会いしたいと思います!
 


今シーズンも、
各会場でチーム一同お世話になりました!
ありがとうございました!clover

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »