カッターレース@神戸・横浜

神戸レースお疲れ様でした!<2017>

昨日、神戸港はメリケンパークで行われました、
毎年カッターシーズン開幕戦にもなります、
 
flag第39回 神戸港カッターレース
 
無事終了~致しました!
 
ご参加の皆様、
応援、観戦の皆様、
大勢の大会スタッフ皆様はじめ、
運営にご尽力頂きました皆々様、

 
お疲れ様でしたー!
皆様に感謝!shine

 

昨日は、風はやや強めとはいえ快晴のもと、
5月の爽やかな日のレースとなりました。
 
神戸港開港150年記念も重なり、
ややッ!こんな花壇が!!
ここもタイル張りに?!芝生も出来てるし!
あそこにスタバが!!

と、会場となりますメリケンパークも、
あちこち変身しておりまして、園内お洒落度倍増。
 
Kobe2_2 クリアファイルと150thロゴ入りアルフォート
 
 

その公園を横目に、
お洒落とは少々かけ離れた集団が、
熱戦を繰り広げまして候。
 
そのスタバのスタッフの方も、
「なんで今日こんなジャージの人ばっかり?」
だったとか何とかで、 
きっと今後も年に一度はこんな事になります。
 
さてさて、今回はチーム最後発で愛知から向かいまして、
「男子の1本目には間に合わないな~」
と、着いたらば、漕いでるの見れちゃったじゃん!
 
もうこの時点から少々レース進行に遅れが出始め、
この後それが更に伸びていく事になるんでございます。
 
陸から見てると、なんか酷そう (;;;´Д`)に見えても、
乗って出てみると意外とそうでもないんか、
といった印象の会場だったのですが(ka_akoは)、
「あんな風イヤー!」「うねりはイヤー!」と、
とりあえずそれなりに騒いでいたりするんですが、
実際内心は「ま、いっか」と思ってたりして、
一応、はしゃいでみたいだけかもしれん。
 
この日の我々は、
そんな海面のコンデションなどが問題などではなく、
もっと大きな心配が既にのしかかっており、
この事実を聞いた日には、
いよいよ神戸観光かと思いましたです。
 
その我々の予選1本目とは、
住友倉庫レディースさんに、商船ギャルズさんに、
んで、ウチ
もう聞いた名前ばっかでないですかぁ~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
 
2位チームからタイムで上がれると言うので、
もう絶対全力走行しかなかったのです。
(とにかく食らいつけ作戦で)
 
ちょうど右舷から商船チームが見えてまして、
あんな滑らかに加速してくのか~スゲーな、と。
滑らかなんですよ、ウチがMTならあっちはATくらいに。

まぁ、ぶち抜かれてるんですけども。
感心しとらんと漕げや!ですけども。

並んでみないと気付かない事もある。
 
そんな頃ウチの艇内では、
アレ?スタートって何枚漕ぐの?的な混乱が起きており、
これは続く2戦目にも起こっており、(残れたんだヨ!)
適当かお前ら!状態に陥っておりました。
 
 

一般の部の方では、
ここは来るよね、ってチームが続々予選突破しており、
そんないつもの常連チームの中でも、
いろんな事情が起きており、(ウチもかな?)
驚きやら心配やらも全て抱えて、
みんなチームの名の下に参戦。
 

 
そんな中、ウチの男子の2本目、
実はこの日の優勝チームと競り勝つ快挙がありまして、
陸ではさっさとスパートしろよ!とキーキーしてたのが、
あえてスパートしなかった作戦?だったとかで、
マジか!(゚□゚*)の1本を久々に見た
いや、これは今日は男子にキてるのかと思いきや、
そのあと、黒、黒、黒のユニフォームの揃った一戦で撃沈。
 
そして先述の我々の2本目はと言えば、
 
チャレンジ櫂LADIESさん、poco a pocoさん
で、ウチ。
 
なんで今日はこうなんだー!! o(#゚Д゚)_‐=o
と、思っていた。

2戦目の抽選で、
「あそこと、あそこと、ここが同じ組になりますようにψ(`∇´)ψ」
などと祈ってみたところで神様は平等と知る。
どこもそれ相当の組み合わせ。
 
ここはもう1位抜けしかないというので、
スタートしたらただのパニックでしたわよ。
そのパニックを終わらせるには、
漕いでゴールするしか他に方法がない。
どうせこのままゴールまでこのまま行くんだろ!(#`Д´)
と、半ギレに近いものがあった。
 
だもんで決勝前などは、燃え尽きどころか、

既に灰をかき集めてる様な状態。
初戦からずーっと決勝やってる感で一杯なんスけど。。

 
 

その決勝とは、
商船さんに、ワグーマLADIESさんにウチ・・・。

何とかここまで来たよ・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 
こういう時、いっそクソロングで漕いでやろうよ、
って話が灰の中から出るんだけど、この時もやっぱ出て、
ただそれを、競争の場でキープ出来るのか、って事で、
 
ウチはロング漕と言われるけど、
レースではそこまでロングかな、という感じもあって、
ロングっつったらもう少し1枚が長くて、
オールあげる所が、見えないくらい体が寝てる、
くらいまで引けてるのがいいとされる(気がする)。
だからもっとゆっくりペースに必然的になるので、
それが隣に誰かいる状況では、
焦りを引き起こすから無理なんじゃないか、と。

それが完遂された時どんだけの成績が出るのか、
を、単純に見てみたいからやってみたい、
という願望は随分前からあるのだけど、
 
それを現場(しかも決勝など)でやれるのか、
っつー話で、絶対ギャーーってなるのがレース。
次々にオールを繰り出す以外、
その焦りをかき消す手段がなくなると、
形もペースも飲み込まれる訳で。

案の定、この決勝も、
だから練習でもこんな事しねぇだろ!o(#゚Д゚)
というやけくそペースっぷりで、

もういい、今日はもうこんでいい、
ゴール出来て良かったぁぁーもぉぉーー
と思た。
 

「陸で手振ってたのに」と言われても、
 
見るか!(#`Д´)
 
もう何の余裕も残ってないゴール後。 

 

「勝利の櫂立て用の体力はとっとくもの」
って昔はよく言われてたんだけど、
誰が考えたんだと近頃は思える。
 

そして迎えた閉会式の頃には陽は傾き始め、
帰路に着くころには街灯に灯りがつき、
もう6時じゃん!の長い長い一日。
 
「やっとこれで皆と同じ所に並んだ」
と、あれ?立ってなかったか?(笑)
と思いながらも、
非常に嬉しそうな優勝チームの姿を見たり、
(そのあと某お店で宴会が始まっていた)
 
閉会式では隣にいたチームが、
ka_akらも遠方の方かもしれないけど、
長崎まで帰ると聞き、無事帰れたかな?
 
うちの助っ人の姉さんとレース観戦中、
私服の若者がいろいろ尋ねてきて、
あれはこうでこれはこれでと姉さんが「熱く」答えてたら、
どっかで漕いでる子達らしく、
知ってんなら聞くな!(`◇´*)
という事があったり、(いつかレース出て来いよッ!)

続きは名古屋で!みたいなシニアの一本とか(笑)
 
んでも、今日も楽しかったな、
総括したら間違いなくそう言える一日。
 
Kobe1_3 小籠包も食う。(並んで買って貰った!感謝!)
 


また名古屋で大量のジャニーズファンを見、
家に帰れば山と積まれた洗濯物を見て落胆し、
 

いや、落ち込む暇などないのだ
 
来週はflag横浜だ!!
 
 

と、締めたいところではあるんですが、

今回横浜レース、
我が女子チームは不参戦でございまして、
ka_akoも今年は横浜レース欠席でゴメンナサイ。。

東海勢各チーム、
ウチの男子チームは参戦ですので、
各チームのご活躍を期待しております!

 
今シーズンは、
ちょっと参戦状況が不安定なのでございますが、
見かけましたらチーム共よろしくお願い申し上げますtulip

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜レースお疲れさまでした!<2016>

これはもうさぁ、、、
 
風がなきゃ夏だよ夏!
 
と、言いたくなる様な快晴だった昨日、
横浜・山下公園前面で繰り広げられましたるは、
 
flag第33回 横浜港カッターレース
 
で、ございました!
 
ご参加の皆様、応援・観戦の皆様、
また、大会スタッフ、関係各社皆々様、

 
お疲れさまでした!
ありがとうございましたー!!shine

 
 

出場チーム数、207チーム!?
の、相変わらずの巨大レース!
一般レース、女子レース、
シニアレースに小学生レースと、
三世代同居!的な一日でございます!
 
 

ka_ako到着時には、
我チームの男子はとっくに予選終了しており、
(見んのか)
「で、どうなん?」って事なんですが、
いわゆる、上位16位以内にタイム入ってますか?
と言うことで、

今のところは~~・・・でもあと、
 
 20レースあるんですよねははははは
 
 

と、言いたくなるのも、 
例えば、この残りの20レースで、
やたら早いタイムを叩き出す16チームがいたら、
それまでの上位16チームなどは、
予選落ち!も、ありえる訳ですの!
 
なにしろ一日の大半を占めるのはこの一般予選。
まずはこの予選通過でございます!
 
といった傍らで、お昼どうする?
なんて楽しみもございますのが、こちら会場。
時間を見ながら中華街に繰り出す訳なんですが、
 
数年前から楽しみにしてるのが、
横浜チーム様からの「Reonard's」の揚げパン!!
どうもここでしか無いとか食えんとかで、
このほんわかあったかいのが、
テントの下にやって来ると、ほぼ争奪戦になり、
食べたことないと言うメンバーも居たので、
(いつも女子だけが主に食していた為)
「分けて食え。」と分け与えた、うむ。

そしてツナギと革靴の素敵コーデの「揚げパンの君」を発見。
 
お土産で思い出したんだけど、
四日市に「なが餅」ってあるんだけど、
「うちのロングってここから来てるんですよね」
って言って渡したら、皆信じるんじゃないか、
というのを、流行らせようとした事がある(?)んだけども、
(別に流行ってないし)
違うからねー!!(つか、誰もやってないか)
 
関東方面への遠征はこの日のこれだけだからと、
観戦に来て下さったり、お土産頂いたり、
映っている去年レースの写真をわざわざ焼いて下さったりと、
横浜レース万歳!都会万歳!な日でもあったりして、
ありがとうございます!(ご馳走様でした!)

 

そんなエネルギーを貰いつつ、
岸壁に叩きつける波が柵を超えて跳ね上がるのを見つつ、
暑"いーーと言いつつ、
出番をひたすら待つのもこちら横浜。
 
 

特に昨日は長い一日となって行くことが、
この舌鼓を打ってる時には分からなかったのだ。

 
 

ともかく地下鉄から地上に出た時、
ブワーーっと潮風が来て、
こんな風があったことあったかな??
という感じは、既に海面にも出ており、
しかも昼から風が出てくるよ、とも言われ、
うん、女子レースは午後だよ、的な。
そして、スタートまで漕がされそうだよ、
なんかこっち(岸壁)向いて曲がってるしスタート前!
 
もうなんつーか、
まずは風と波との闘いですわよね、
カッターで競う前の。。。
 
こちらスタート位置までは、船で送迎、
発着のポンツーンから艇に、なんですが、
船もポンツーンも揺れる揺れる。
(艇でメンバーが打撲!)

実は乗り物酔いのヒドイ人、ka_akoは、
「ヤバい・・ヤバい・・早く・・早く着け・・」
と呪文のように始まってしまう訳で、
船ダメだもんね~と周囲に言われながら、
「「何かに乗る」って思うだけで酔える(前日からでも)」
のが、乗り物酔いのプロたる所以だ。
 
今度はカッターに乗り込めば、
来たーー!滑るやつーー!
と、ここのニスは水が付いてると滑るので、
踏む所なんかは絶対水濡れ禁止でして、
本日雑巾持参!!みたいな。(結局タオルも使う)
 
して、オールをとっ替える様なことを、
予選も決勝も(決勝行った!)やりまして、
何しろ「軽さ」が気になり、
軽すぎる、ので、重そうなのに交換、
をして、普通、軽いとラッキーなんて思うんですが、
昨日の場合、軽いオールだと、
自力で海面にオールを突き刺さねばならず
跳ねっ返りでクラッチから外れる危険を感じ、
(外したら戻せる自信が無いぞ!!!)
重けりゃオールの重みで勝手に沈んでくれる
という判断で。まぁ、お好みで、ですけども。
 
結果としては、バタバタながらも、
予選でなかなかの好タイムで、

そして今年もちゃっかり若手助っ人が投入されてたの気付いてたかしら?!ありがとうー!また漕ごう!
 

「もう今日はこれでいいやん・・・」
 

とか思ったとか、言ってたとか。
 
 

予選はとにかくいいタイム出さないと、
決勝に残れないよーー!!!なので、
もう予選に懸けろ!状態で、
その後、もう立派に、燃え尽き状態にも陥るのは、
なんだか、
夕暮れの日差しに包まれ始めた会場のせい?!(笑)
 
 

そんな中で行われた女子決勝レースが、
この日の最終レースとなり、
そのレースで、
 
「予選の時の旗が赤だったから~・・・(;д;)」
 
どうやら、
 
そっち行っちゃったのかよー!Σ(゚д゚;)
 
 

と言うことが判明し、
 

赤い旗・・赤い・・・、
 
血の色・・?
 
 
また野生!!?(神戸に続く第2弾)
 
 
 
と、言ってる間もなく、

新幹線の時間がーーー!!Σ( ̄ロ ̄lll)となり、
ドタバタで会場を後にする事になり、
(しっかり副賞は頂いて来ました~!!)
 

新横浜駅では、
予選では争った同郷チームのメンバーに、
新幹線ホームで見送ってもらうなどし、
帰路に至った訳でございます。
 
何となく我に返った新幹線では、

「めっちゃ楽に漕げて、
 めっちゃ速い漕ぎ方が、
  あると思うんだよね!!!」

(別に乗り物酔いでも酒に酔ってる訳でもなく、
 普段からこういう事(なが餅の件とか)を言うのを好む)

 
あるかー!ンなもーん(`Д´メ)

って話なんですが、
楽に勝てる事ぁ、そりゃあ、ないさ。
 
そりゃ勝てるものなら勝ちたいけども~、 
 
今となっては、カッターやってないと、
行かない場所がある、
会えない人がいる、見れないものがある、
話さない事がある、感じないことがある、
という事を、もう知ってるから、
また行くし、また乗るし。

今はまだ学校で漕いでる彼ら彼女らも、
卒業後もずっと漕ぐなら、いつかこうなるぞー!(きっと)
 
昨日のカッター人たちは、
もう日常に戻り、別人と化しておると思いますが、
またレースとあらばどこからともなく現れ、
一大集団となり、一日共にするのでありんすよ。

 
さて早々と、今シーズンの前半戦が終了となりまして、
若干の小休止感がございますが、
 
7月10日、大阪!の知らせも飛び込んでおりまして、
更に四日市は例年通りの8月第一週とのこと。
これはまた暑そうだなぁ・・・・と(笑)
 
ではでは、次は7月flag大阪レースにて!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神戸レースお疲れ様でした!<2016>

去る5月8日、巷では「母の日」にしてこの日、
「うぁ、俺のが帰るのが遅いとは。。」
と、帰宅早々のたまう長男に、
(早いのはスーパーナビゲーターと帰り一緒だったから!)
 
「そんな事より、
 アタシに何か言う事があるんじゃないのか」

「えー?なに?」
「お母さん、今日はどうだったの?じゃないのか」
「あーぁ。で、今日はどう・・

「準優勝したし。」  ・・・・あぁ。」
 
超反応薄。
 
 

と、いう事で、
先日、5月8日に神戸港で行われましたるは、
 
flag第38回 神戸港カッターレース
 
無事終了!で、ございました!
 
ご参加の皆さま、
応援、観戦の皆さま、
そして大会スタッフ陣営の皆さま、

 
shineお疲れ様でした!
   一日ありがとうございました!!shine

 
 

あのスタート前に艇を前に向けるべく、
スタート直前まで延々と漕がされていることもなく、
穏やか海面だったのではないでしょうかね~。
日差しはかなりキツく感じましたが、
汗がダラダラという暑さでもなく、
5月の快晴のもと行われました神戸レース!
 
ka_akoらチームは、前述のように、
準優勝頂きまして~ありがとうございまっす!shine
 

この日の漕ぎなんかを振り返りますと、
 
 

なんか、ようけ(一杯)漕いだ気がする・・・
 
 

そんだけか!
 
 

とは言え、実質、予選、準決勝、決勝3本でも、
ものの10分くらいしか漕いでないのに、
なんか一杯漕いだ感覚。1本1本が濃かったのか~。
 
個人的には、前日から異様なテンションと言うか、
今回早い時間から会場入り出来まして、
それは前夜から櫂長宅入り
(これをやると夜大騒ぎしてなかなか寝ない)
早朝出発だったのですけど、
(寝てない上に車中は喋りまくり)
 
その前夜の櫂長宅で、とあるビデオを観まして、
それも、「これって□□さんじゃない?」
あーー!ホント!じゃあ○○さんも居る?!
居たーーー!!
というビデオで、
 
この□□さん○○さんっていうのは、
我々のチームを作った方々で、その方々が、
中学生だか高校生だかの頃の、
カッターレースのビデオだったのですよ。
シーズン開幕戦前夜に原点を観た!

ついでに、うちのチーム、

何気にと言うか、気がつきゃと言うか、

今年30thじゃん?!
 
 

そこに写ってた、女子レースがまた新たな衝撃で、
レース前のクルーのキャピキャピ(死語?)した風景が撮られ、
その後のレースになると、
当時のVHSの荒い画像も手伝ってか、
 
「こんなん狩りに行く原住民やん!」 by櫂長嫁
 
という凄まじさでして、
独自の?漕艇スタイルもビデオ内では健在で、
(艇指揮が艇を棒でド突くというもので、どこかで禁止されたのだが、
 じゃあ艇を叩かなきゃいいんだろ、というので、
 叩く為の板があったはず。どうしても何か叩きたいらしい)

もう完全に、

この先に獲物がいるぞー!(゚ω゚ )ノな迫力で、
 

ただ、あ~~・・でも昔こんなだった気がする・・・(ノ_-。)
と、蘇る感覚もあり、

これでいいのよな~、 
変に爽やかスポーツ風など吹かせなくとも、 
「野生化」という手がある、と。(マジか)
 
ちなみにka_akoらなどは、
「艇の上では男になれ」と言われたクチ。

 
 

そんなテンション(どんな?)を根底に持ちつつ、
会場入りしますとどうなるかと言うと、
 
予選までかなりイライラしてた。(更年期?)
 
早く乗らせてくれーー・・という感じ。
予選終わったらちょっと落ち着きましたけども。 
 
そしてまた前夜のビデオの話で大笑いして、
「レディース」から「アマゾネス」にすっか!的な。
 
そして男子メンバーからスイーツの差し入れがあり、
こんな所で生クリームとイチゴ食えるなんて~、
と、クリームまみれ。

ふと会場アナウンスに耳を傾ければ、
『今日の為にシンガポールから~・・』
めっちゃ個人情報ですけどー?!と、また笑う。
 
そんな時間を過ごしつつも、
出番が近づいてくると、どーしましょうね~・・
って話になるんですが、次が1コースと聞いて、
 
「アタシ目立ちたい!叫ぶ!(*゚∀゚)」
 
もーホント、この人って・・・il||li _| ̄|○ il||li
 

メンバーの言葉にならない心の声が聞こえるようです。
 
 

更に、乗り込んだ艇にFRP製のオールが一本。
あ~~使ってみよっかな~(・∀・)と手を出して、
数枚漕いで、重さも動きも、
「いやなんか、結構良さ気だぞ~」と、つぶやきつつも、
 
やめろ!バカ!o(#゚Д゚) (バカは言ってないな)
 
今ここで使わんでもいいじゃないですかぁ~(;△;)
と、余計な不安を煽ってしまいそうだったので交換。
しかし、感触は全然悪くないし、スタッフのお兄さんも、
「意外と玄人好み?」との事。
 
帰りの新幹線内で、
帰路のスーパーナビゲーター&助っ人の彼女が、
そのFRP製で漕いだ人の話なんぞを仕入れてて、
「どうも‘しなる‘?らしいよ」とかで、
バットに例えると「ビヨンド」?って話になり、
子供の野球の時にビヨンドを使ったことあるんだけど、
(なんでお前が打ってんだよって話だが)
打ち返す力+バットの弾力で跳ね返す力、が2重で働く感じ。
それも、真芯で捉えないとその力は出ない感じ?
となると?木と違って長く使っても均一だろうし、
ま~でも、これで始めたらコレでしか漕げないってのも、
多少出てくるんかな~と思ってみたり、
ともかくそんなオールらしい。(全然分からんが)
 
 

さて、いくら300mの片道といえど、
どの辺りでスパートします~?
(ゴールまでスパート状態出来たら問題ないんですけど?!)
ここじゃ遅いかな~届かないですよね~、
でもこの辺ってさ~、あ~そうか~、
 

もう皆真剣で、話に入れません!(問題児だから?)
いまだに、何枚漕いだら何秒たら、何mたら、
ちっとも分からないから!

 
そこでやっと言えたのは、
 

「勝てる号令を出せ!」
 
もうそうなんだよ、そんだけなんだよ。
 

艇の上では漕ぎ手は号令に従うだけだし、
その号令通りの漕ぎをして、
艇長が思い描く様に艇を進めるだけなのだから。
艇の上で、どんな号令が飛ぼうが、
ついていく技量と体力を常に備えるのが漕ぎ手、
という図式があるだけだろ。
 
で、

そんな事言わなきゃ良かったと思った決勝
 
異様に早いスパートの号令が飛んだ!(笑)
 

それを聞いて、どっかと競ってるのか~?、
と思って、まいいや!いったれーー!ヽ(#゚Д゚)ノ
と、思ったのも束の間、
つーことは、このままゴールまでコレ?(´Д`;≡;´Д`)
と、皆が一斉に思ったのか、失速!?
 
そして艇長は「何か血が出た・・」
とゴール後、口から血を流していた。野生化?
 
ん~、またこの組み合わせどっかで見るかもね~、
つーか、名古屋で見たようなね~、見たね~(笑)
なんて1本や、そんなチーム面々に会ったり、見たり。
 
そうそう!閉会式前に、
某チーム(強し!)の監督さんに声をかけて貰ったとかで、
皆それ聞いて感激shineしました!
そう言ってもらえる様な漕ぎが、出来てますかね~。。。

 
忘れちゃならない、男子はと言いますと、
ここの所、その名を聞けばタジタジというチーム(実は女子側もかなり戦々恐々の初顔合わせに相成り候)いきなり当たっておりまして、あえなく撃沈。。。
 
しかし神戸のレースの一般って、
どのチーム名見ても強そうに見えちゃって仕方ない。
何っつっても、この距離を漕ぐ気で来てますからー!

じゃぁシニアの部ってどんな人種が来てんだ・・・
 
 

と、いった感じで、

開会式から閉会式まで満喫出来まして、
シーズン始め、滑り出し上々といった感。
 
そして次、flag横浜だ!! 
雨が絡まないといいのだが~~。
 
 

ではでは、

今シーズンも、どこかの会場で見かけましたら、

チーム共々、よろしくお願い申し上げます!clover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜レースお疲れ様でした!<2015>

昨日、横浜は山下公園で行われました、
 
flag第32回 横浜港カッターレース
http://www.yokohamaport.org/event/cutterboat/index.html
 
で、ございました!
 
各地からご参加の皆様、
仲間の応援に駆けつけた皆様、
またこの巨大レースを切り盛りして下さる、
関係各社、スタッフの皆々様、

 
一日お疲れ様でしたー!
ありがとうございました!!shine

 
 

して、我々チームは今月の神戸戦に続く、
第2戦目(ってチームも結構居るんですが)
が、こちら横浜レースとなっておりまして、
とにかく参加チームが膨大なレースでして、
公園狭しと(決して狭くない、むしろでかい)、
木陰や芝生には各チームの拠点が点在しており、
普段のこちら公園を知った方には、
この日は「何なの?」という光景なんではないかと。
 
その前面海上で行われておりますのが、このレース。
ほぼ一日の大半を占めます、一般予選。
シニア・小学生部・女子部があり、
決勝戦はもう夕方になるという日程。
一日公園で暮らす覚悟が必要でございます。
 
横浜レースは雨が絡む、
という噂も吹っ飛ぶ、雨傘より日傘が欲しいような天気で、
いろんなワンちゃんも見れちゃうこちら山下公園。
 
でもって、ka_akoはいつもの当日入りで、
昼ごろ現地到着した訳なんですが、
朝から子供の部活の弁当作りーの、
洗濯しーの、夜ご飯作りーの(お約束のカレー)、

んじゃ行ってくる!の段階になり、
 
 

「は?何処行くの?」(知らないのお父さんだけ)
 
 

「横浜。」
 
 

「は?」(え?今から?横浜って横浜?みたいな)
 
 

だいたいお母さんが何かやってる家はこうなる!
(え?家だけスか?↑から察するに会話も短い!)
 
その日のレース時間にもよるが、
母はレース前に家で一試合も二試合もある。

 
 

そして家を脱出して会場に到着してしまえば、
自分フィールド全開!!自由!!
 

ついでにこの日、

携帯がぶっ壊れ電波からも開放!!
(どーも2,3日前からおかしかったみたい!テヘ!)
 
 

こうテンション高めかと思いきや、
実際のところ、神戸に続き、
「誰がクジ引きやがったー!!o(#゚Д゚)_‐=o」で、

こちら横浜レース、1位抜けは必須
スタート地点まで連れて行ってもらう船の上では、
怒りマックス(こういう心境にさせられた事自体に怒りが)に陥り、
 

ぐぁぁーもーこれ予選で終わったら
アイツ
(クジ引いた方をアイツ呼ばわり?!(((゚Д゚))))
ボコボコにしたるぁーー!!

(カッターマメ知識:そのエネルギーはオールにぶつけよう!)
 

そんな予選前の心境ってどお。
 
でもって今回我がチームは、
名古屋嬢2名(若さが弾け飛んでおりました)を、
助っ人にぶち込み当日ほぼぶっつけ!!

でもしっかりゴールまで漕ぎきって下さいまして、
 

感謝ですーー!!shineshineshine

また自チームでのご活躍も楽しみにしてます!

 
 

そして乗り込む予選レース艇ではですね、
滑る?滑らない??
まず艇座、ストレッチャーの滑り確認ですわね。
おー今日は滑らん!

が?
 

レザーが剥がれて釘がー釘ぃーーー!
クラッチギリギリー!レザー!!
(なんの言葉の羅列だ)

 
 

ここで負けたら終わりってのは皆にあって、
勝つ時は勝つし?負ける時は負けるし?
 

結果はどっちでもいいから、
 

やれるだけの事はやれ!やるのだ!
 

そんだけだ!!(という作戦)
 
 

ゴールで櫂上げした瞬間、
「ぅわーーもーーいやぁーーめちゃめちゃーーq|゚Д゚|p」だった。
多分全員が必死過ぎてオールが暴れまくりと言った感。
 
だいたいね、だいったいね、
練習通りに行って、作戦通りに進んで、
すんごい綺麗に漕げて、
んで物凄い速くて勝ちました!!
なんて事ぁほぼ無いんだ!
(きっと)
勝っても何ぞあるもんなんだ! 
 
ただ不思議とこのメチャメチャ感は、
陸から見てると分からないようだ。

 
 

この一本のお陰で、
女子決勝おばちゃん代表
現役に混じり唯一社会人チームで、
出れたんだぁ~。
 
他のレースが、召集の関係やら移動やらで、
ゆっくり好ポジションなどで見れなかったのだけど、
一般決勝はおっさん社会人チームで占められてまして、
こないだ(神戸)のあの人たち!でしたね~。
(焼肉のタレありがとうございます)
 
 

勝とうが負けようが、
レースの結果というのは、必ず、チームやクルーに、
何か残してくれるものに間違いないので、
レースに出るという事は、
それを貰いに行く様なものでもあるのかな。
 
美味しいものも貰えたり。
(お約束の品、揚げたてご馳走様でした)
 
 

会場を移動してても、
あれ?って見た顔、知った顔、
帰路の新横浜駅でも、また、あれ?で、
みんな転戦中でございます、カッター人!
 
と、我々チームはこれで、
シーズン前半、終了~となりました。
神戸、横浜戦を踏まえまして、
後半戦(7月大阪・8月四日市予定)に、
備えたいと思います!
 
神戸・横浜戦ご参加の皆さん、
お疲れ様でした!shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸レースお疲れ様でした!<2015>

昨日、神戸港・メリケンパークで行われました、
 
flag第37回 神戸港カッターレース
 
無事終了~で、ございまして、
 
ご参加の皆様、
観戦・応援に駆けつけた皆様、
また、大会開催運営にあたり、
関係各社、スタッフ皆々様、

 
お疲れ様でしたー!
ありがとうございました!!

 
今年カッターのシーズン来てても、
全然音沙汰なかったよね、ここのブログ
(ほんと小忙しいのよアタチ、今日も必死なのよぅー)
 
ですが、ちゃっかりしっかり行っております!
シーズン開幕戦、神戸レース!!
 
昨日も続々と集まっておりましたね~。
(地元で餅つきしてたチームもあったようですが)
漕ぐ気満々の体格の集団が!
 
会場でこう集まってると、
あ~カッター集団か~と思えるんですが、
単品(品?)でどこか街中ででも見かけたら、
レスラー?何してる人?(・_・)
みたいなそんな人たちで溢れかえります、
レース会場。(男子な!男子!)
 
5月の風は爽やかで何故か日差しは夏のよう!
な、好天にも恵まれまして、
 
「声には不思議な力があるんですkaraoke
 
その風に乗りこの日も会場中に届くアナウンス。
「へぇ」ボタン(懐かしい?)があったら連打したい様な、
コアなネタキビシー!コメントも、
次々飛び出す、そう声には不思議な力がある!
たとえ漕げてなくても声は出せ!(いや、漕げ)」
の、あれ(違うだろ?)ですね。
 
して、この日も現地直行だった訳ですが、
三ノ宮では降りてはいけない!を胸に、
 
 ka_akoは乗換えを覚えた!
   パラララッパッパッパー(レベルアップ音)
 
で、無事の到着。いや~何つーか、
 
スムーズ過ぎる!(((゚Д゚)))
(スムーズだと逆に不安になる症候群)
 
でもって~、レースは昼過ぎ!
日差しを避けろ!腹を満たせ!
で、過ごす訳でございますのね。
 
今回我々チームは他チームからの助っ人、
産休明けでボチボチ復帰メンバー、
内部の微妙ーな艇座替え等々で、
今期は出撃でございまして、
どこのチームもこういうのはあるあるだと思うんですが、
それでも行けるなら行きたいレース参戦。
今年もチーム元気でやってます表明
 
組み合わせ表を見てみると、
あ~このチームいつも居るよね~(◎´∀`)の出席簿状態で、
ほのぼのした気分で更に表を眺めていると、
 
 

おぃ。
 つか、マジで誰がクジ引いた?これ。」
 
 

「オレ!」(テヘペロ気味の櫂長)
 
 

なんでしたのよね~、今回。
また今月同じ台詞を関東でも叫びそうですが。
 
前門の虎、後門の狼というか、予想通りというか、
両猛獣に挟まれたアヒルちゃんな気分でしたわね。
(お風呂に浮いてる感じ?!)
 
もう全力前進じゃー!どりゃー!なんですが、
歯が立たず、あえなく撃沈。(男子も撃沈)
 
負けた割には女子的にはやりきった感があって、
あとでウダウダという事もなく、
そうそうに撤収して、家に着くと、
「早くね?!Σ( ̄ロ ̄lll)」とビックリされるという時間。
 
まぁ~ね~今日はね~~(´-д-`)
など言って、改めて今日の組み合わせ表を見て、
蛍光ペンでなぞってると、「くそッ」って思いが出てきて、
せいぜい自分が漕げるのが、
自分のオール1本分で一杯一杯なのが悔しい、
今日はオール2本分は漕げるべきだった!

おばちゃんしっかりー!現実を見てー!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;
 
たとえ右舷が自分のオールだけになろうと、
ゴールしてやる!と言う気持ちが、
昔はあった気がする。(昔かつ気がするだけかよ)
 
火事場のクソ力みたいなモンに期待しても、
どうにもならんもんで、(期待したいのだが)
負けた=間違い、ではなく、
=何か足りん、であって、
勝った=満点でもないと思うのだが、
 
今回一般優勝チームは、
満点近いんでないかと。
 
静かな分厚い(胸板も厚いぞ!)闘志が、
水面下で艇を持ち上げてる
ような、
強い!速い!次元でなく、
これはもう美しい.+:。(・ω・)゚.+:。としか出てこない、 
我々チームからしたら憧れものの、
そのブレードが押し出す水の量が全てを語る、
こうありたい!というものを見せてもらい、
 
また知った若手の活躍を眺めては、
また知ったチームのレースを眺めては、

もう終いにどこを応援してんだか分からないけど、
漕いでる人みんなに、
頑張れー!と思わずには贈らずにはいられない、
叫ばずにいられないものが、
レース会場には一杯あります。
 
と、いう事で、今年もシーズン開幕、
イチ参加者&イチカッターファンとして、
各レース模様(偏りはあるのだが!)
綴って参りたいと思いますーhappy01
 

また、シーズン中各会場で、
チーム共々お世話になりまーす!

 
次は横浜行くよッ!!run

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜レースお疲れ様でした!<2014>

昨日行われました、横浜は中華街も目前、
山下公園・氷川丸横において、
 
 

第31回 横浜港カッターレース大会
 
 

無事終了~致しました。
 
 

地元はじめ、各地からご参加の選手・チームの皆様、
この巨大大会をテキパキ進行して下さるスタッフ皆様、
応援・観戦に駆けつけて頂いた皆様、

 
 

お疲れ様でした!
ありがとうございましたー!
 
雨が絡まなかったわね、今年!!

 
 

 

と、終わってみるとあっという間の1日なんですが、
 
お決まりの午後到着でして、
(あれ?今日居たの?と言われる)
 
 

今回は到着までに迷う事も無く、
 
 

 

えー・・、
 
 

 

多少迷った方が良かったのかもしや!Σ( ̄ロ ̄lll)
 
 

 

と、今思ってみても仕方が無いのですが~、
 
 

先々週の神戸では進行が遅れており、
あ~なんだ~駅間違えたの~(笑)で、済みましたが、
 

今回は小一時間進んでる、というレース展開でして、
昨日何かやらかしてたら、
待ってるメンバーのドキドキ度相当アップです。
 
 

こちら横浜は例年、割に進行通り、もしくは早まる、
という、もう前述の、テキパキ進行がつつがなく行われており、
遅れて会場入りされる方も、
召集予定時刻の1時間前には会場入りが望まれます?!
 
 

と、道にも迷わなかったせいか、(そういう事ではない)
  

 

 

予選にて撃沈
 
 

 

という結果になりまして、

今回の横浜の予選は、
常に対戦相手に疎いka_akoでもさすがに唸る一本。
 
 

召集場所で地元強豪のJチームさんが、
進行が早くてメンバーがまだ来てない (;;;´Д`)
という事態になってまして、
 
 

 

「じゃあうちと代わります~?
 うちのレースの方が後だから~
  間に合うかもしれないですよ~~?ヽ(´▽`)/」

 
 
 

 

 

  「イヤです!(゚Д゚)」
 
 
 

 

と、即答させる、なんで予選からコレ?
(つか、レース前はこんな話などをしておる)
 
 

 

の、一戦になっておりまして、
 

男女共こちら横浜レースはとにかく1位通過が大条件。
 

去年1~4位のチームが今年予選で当たりますと、
その中の1チームしか決勝に上がれず、
いわゆる潰し合いが起きまして~、
 
 

逆にこういう事があると、決勝なんてとてもとても、
というチームでも入賞出来る確率も上がりまして、
それもこういったカッターレースの意義、みたいなものを、
感じる部分でもありまして~、
 
 

 

 

ようは勝てばいいんでしょ
 
 

 

って話にはなってくるんですが~、
 
 

 

そう簡単ではないのだよね。。 

 

ぶっちゃけ、

いいかげん、勝ちたいなぁコレ。 
ってトコロまで来てる感は確かにある、、が、 
軽々しく勝つとか言うな、 
という部分が何となくありまして、
 
 

やっぱ勝たせてもらえるって事は、
それだけの何かをしてきたからもらえるもので、
獲りに行くと言うよりは頂けるもの、
と言うのがどっかにあり、
 
 

そこを「勝つ」という言葉を使うより、
漠然とした「負けたくない」って言葉で、
片付けてると言うか折り合いを付けてる部分は、
否めなくもないのなぁ、と。
 
 

 

ka_akoらはこの予選一本で終わった訳なんですが、
それも「どっち??(´Д`;≡;´Д`)」って一本で、
漕ぎ1枚分かなぁとかそんな差で、
 
 

 

負けたには負けたけど、 
 
 

 

こんなヤケクソで漕いだのいつ以来か、 
 
 

 

という一本で、
 

 

負けた事より、あれはなんだったんだ?と、
ビックリしてる部分のが大きい。
 
 

 

負けるにしても、(←この辺りに1枚分の差が出ておる)
やるだけやって負けなきゃダメだ
というのはレース前に確認してまして、
それがあんなになるとは、でして、
  

このヤケクソ状態がどんなかと言うと、
 
 

というか、実は艇の上で、こんなのは珍しいのだが、
今って何の何枚目?一斉に分からなくなり、
 

全員が今なんて声出したらいいのか分からーん( ゜Д゜)
って事になっており、通常なら「なんでー?!」って、
慌てる所だったかもしれないけど、
それが致命傷にもならず、
 
 

 

声がバラバラでも今が何の何枚目でも、
 

どうでもいいんじゃー!!ともかく漕げー!
 

ともかく漕ぎゃあいいんだーー!
(とりあえず艇指揮の一声で収まったのだが)
 
 

 

 「声」や「合わせる」がウリ(?)なのにねぇ。
 
 

 

でもこの状況を引っ張り出してくれたのは、
練習ではなく、レースという現場。
 
 

それを走り抜けた事実と、 
えらかったーとか、しんどいーとか、ここが痛いーとか、
そんなものより先に来る驚きというか、恍惚とでも言うか、
(左舷は心臓に良くない風景(と言っていた)を見てたので、
 別の意味それどころではなかったかもしれん)

この感じを忘れないでレース毎に自在に引き出せる、
と、いいのかもしれないねぇ。
ともかく今回のこの感じ(ヤケクソ感?)は、収穫と思う。

 

もし勝ちたいって言うならね、
「どっちが前?」でなくってね、
 

ぶち抜きでなくてもね、誰が見ても、
 
 

 

「マザーズが前じゃん」
(ここでチーム名出すのは久しぶりだが)
 
 

 

って勝ち方をしたいよね、
 

勝つなら、そうやって勝ちたいよね、 
 
 

勝つならそうやって勝って、
 
 

 

初めて、
 
 

 

勝ったー!(別にシャレでもなんでもないぞ)
 
 

 

って言いたい、と、思うんだ。
 
 
 

 

 

なんだか今年は海も穏やかというか、
オールが刺さらねー!ようなウネリなども感じず、
またピカピカの艇に乗せて頂き、
ニス来たーー!滑るぞーー!(足元水濡れ注意)で、
 

チームタオルを踏み付けて漕ぎ、
(あのタオルはこういう事にも使えます!)
 

またそのタオルを肩に掛けているという、
(小さいことは気にしない)、
 

横浜レース会場でございました。
 
 

 

男子の方も16入り出来、
無事来年も来れそうだ~ (*´Д`*)と言うことで、
 
今期前半戦、早くも終了~となりました。

 

しかしここのところ、どこが上に来てもおかしくないようなそんなレース会場の雰囲気を感じますわね~・・・来たれ下克上?!じゃー!(#゚Д゚)ノ
 
 

 

また、後半戦は夏場になり、グンと気温も上がると共に、
前半戦からの成果も踏まえ、各チームの戦略精度も上がり、
 

間違いなくの熱戦が待っていることでしょうー!

またしばらく、
 
練習、練習・・で、ございますな!
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

神戸レースお疲れ様でした!<2014>

一昨日、神戸港はメリケンパークにて行われました、
 
 

第36回 神戸港カッターレース
 
 

お天気にも恵まれ無事終了~致しました。
 
 

今年も関係各社、スタッフの皆様、
そしてご参加の皆様、
応援に駆けつけた皆様、
 
 

お疲れ様でしたー!ありがとうございました!
 
 

※相変わらず文字に色がつかないのできっとしばらくは真っ黒記事です※

と、さて、いつもなら、
ほぼメンバーと共に会場入りのこちらなんですが、
この日は子供も試合やら学校やらで、
送り出した後の出発となり、
 
 

現地メンバーには、
 
「本当に来るんだろうか・・・」
 
と、不安も限界近くまで陥らせる、
午後着になってしまい、
 
 

そんな中でもさすが、我が櫂長は、
 
「俺はもう慣れてるから心配してないけどね( ̄ー ̄)」
 
と、アイツはこっちが思うような時間に来ない免疫
があるらしい。
 
 

きっとそんな頃、
 
 

降りる駅間違えた!Σ( ゜Д゜)
 
 

とは途中まで気付かず、 
「な~んか、もっと右の方~」くらいで、
必死に歩いてやっとこさ会場入りした次第で、 
 
と言うかレースの方も遅れに遅れてたらしく、
(電車も数分の遅れ発生とかでホームが人だらけで、
 とりあえず来た電車に乗ったらこうなった)
 
結局全ては間に合うと言う結果にはなった、うむ。
 
 

でも時間が時間ですので、 
着いてそうそう着替えて、そして何か食わねばと、
 
 

<この日の昼食> 
頂き物のたい焼き1匹(ご馳走様でした!!)
櫂長ご子息に許可を頂いたオレンジジュース1本
                  以上

 
全て頂き物、うむ。
 
 

 

既にこの時、女子チームメンバーには、
「もう何も食うな」指令
(レース前に食べすぎで苦しいとかよく言う為)
が飛んでまして、それでもお構いなし。
 
 

この頃はもう既に出番の終了してしまったチームもチラホラ。

いよいよ予選となり、
朝から会場入りの他メンバーには長い長い時間でしたが、

それからもう乗り場に行ったっきり、
決勝終了までテントに戻ることも無く、、、
 
 

 

そう!
 
 

 

決勝まで行っちゃった!ヽ(´▽`)/
 
 

 

しかーし!
 
 

 

どのレースも見ていない!!という散々たる状況!
 
 

 

もう出るだけ、漕ぐだけ、でしたの。。
 
 

 

~~他チームの皆さんへのご挨拶もままならず、
     某「ブツ」の押し売りにだけ出かけたka_akoへの、
            皆様の寛大な対応に感謝いたします~~

 
 

 

でもってこの日振り返りますと、
 
 

★流される向きがいつもと逆?
いつもだと、右に右に曲がるので、
どうかするとスタート直前まで続く、
「水取り」なんていう、鬼のような号令が飛ぶのですが、
今回は左舷で戻す向きに曲がってた。
押し戻されるのは相変わらず。
 
 

★人が落ちた。
艇に上がった時には陸から拍手が!
その後クルー全員が一致団結!という結果を生んだらしい。
「どうする?落ちてみる?」と、
とりあえず艇指揮辺りに聞いてみる。
こう全員が一斉に「!」って同じ事を思う、感じる、が多いほど、
このカッターってのはよく進むと思う、きっと。
 
 

★新しいオールと使い込んだオール
普通は軽いと扱い易いのですが、
軽すぎて跳ね上がってくるというか水に浮くと言うか、
「まだ魂が入ってないんだね~」
などと勝手なオール談義にハマる。
乗って頂いてたスタッフの方が素材(木)が違うとの事で、
「慣れてる方は重い方がいいって言いますね~」と。
こんな話が出来るのも女子は帰り道は引っ張って頂けるから。
 
 

★で、本来ならこの女子スタッフさんも出場してたはず。
 

 

★今回1~3コースまで全コースを走った!
 

 

★決勝の艇に50円玉が落ちてた。
 

 

★ある会話
 
 

 

「もう次正念場ですからね!」
と、言われ、 
 

「え?なんで?どこ(のチーム)?(・A・)」
と、言ったら、 
 

「えぇぇーー?あ~、
 
  もういいです、いいです!
 
  それで(その調子で)いいです!ヽ( ̄ロ ̄lll)」

と、言われる。

分かる人にはすぐ分かる誰かとka_akoのやり取り。
だいたい最後はこうなるのだが、
毎レースどこかでこういう類のやり取りがある。
 
 

 

レース内容~・・?としては、
ka_akoは2本目が一番手ごたえ有りだったが、
タイムが良かったのは3本目で、
その3本目とはオールが中盤から外れそうになり、
それを止めてたような感じで、
1本目はもうスタートから負けてると思いながら漕いでた!、
というレース内容。
何だか淡々としてましたな。。。(既に歩き疲れてた?)
 
 

 

そんなレース半日もあっという間に終わり、 
当日中には帰宅しまして、
頂いた賞品をバックに詰め込んできたので、 
肩にバックのベルトのアザが数本・・(苦笑)
     これが勲章だよ↑
 
 

 

ふと、そういや前にも、
レース前に迷いまくった日があったような、、、と、
過去記事をてきとーに見てみると、
なんか横浜でもとんでもない所を歩いてた時があって、
でもどうもこの時も決勝進出をしたみたいで、
なんかそういう事になる日のイベント?なのかなぁと。
 

(単なる確認不足です)
 
 

 

ともあれ、初戦終了と言うことで、

ま~滑り出しは上々でしょうといった感じで、 
次の横浜に向かいたいと思います!!
 
 

今シーズンもどうぞよろしく!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜レースお疲れ様でした!<2013>

昨日、横浜は氷川丸横、山下公園で行われました、
 

flag第30回 横浜港カッターレース
  

で、ございました!

レースにご参加の皆様、
家族、知人、友人、会社の仲間の応援にと、
駆けつけて下さった皆様、
また、この巨大レースを運営して下さる、
大会関係スタッフの皆様、
 

 

ありがとうございました!
一日お疲れ様でございました!
 

 

 

当日参加チームが200チーム越えに加え、
抽選でもかなりのチームが外れてしまうという、
トンでもない規模とチーム数で行われます横浜レース。
 
 

運よく男女チームで抽選に通りまして、
もう出れるんだから行かねば、頑張らねば、です。
 
 

今回特筆するとすれば、
 
 
 

 

雨が降らなかった(パラついたが降ったレベルでない)
 
 
 

 

横浜レースと言えば、
「どこかで雨が絡むレース」で有名でして、
絶対雨具(着替え)持参、という日も多いのが特徴。
 
 

 

さらに特筆すると言えば、
  

ka_akoはほぼ当日の新幹線で向かうわけなんですが、
(前日入り出来る日が来るのか)
 
 

富士山見えた。
 
 

横浜レースに向かう際、
見えたことがなかった(寝てた?)のが、
それが昨日はもう見えまくり状態だったようで、
 
 

「こんなに見えてるの珍しいわね~」
 
 

と、周りの乗客の声やシャッター音が飛び、
  
 

 

これは・・・・・
 
 

 

写真か?!と気付き、
 
 
 

 

 

Securedownload 撮り遅れ富士
 
 
 

 

 

となりまして候。壊れ手前の携帯にて。
 
 

 

予定通りと言うか、
(フラフラと駅の出口間違えて「丘公園」の方に出たー!
 駅がデカすぎるぅー!どこまでが駅なんだ!)

昼過ぎ到着となりまして、
女子レースは、一般、小学生の部の後に予選でして、
「もう間に合うように行きますんで、、、」の、
チーム内最後発でございます。
 
 

そこで腹減り状態のka_akoに愛の手が!
他チームからのお食事
ここでこんなものが食べられるの?!のカレーライス
差し入れで、
(去年から噂で持ちきりのハワイの揚げパン)

到着と同時にお腹を満たさせて頂きまして、
ありがとうございました~shine
 
 

を、よそに、
もう予選の壮絶な戦いは繰り広げてられており、、、
 

「残ってる?」が、横浜レース共通言語となってまして、
 

訳しますと、(日本語ですが?)
「上位16チームに残ってる?」でございます。
(もう当然残るでしょうってチームには使わない?!)
 

準決勝に進む為、来年のこのレースの参加シード権をかけ、
一日の大半を占めます、一般予選。
 
 

そろそろユニフォームに着替えとこうか~、
もう集まって準備体操しますよ~、乗り場まで行くよ~で、
なんだかあっチュー間の女子予選。
これが朝から居るとまぁ長いんだ。。。
 
 

女子予選の方も、とにかく1位通過が鉄則でして、
例えば、去年の優勝、準優勝、3位、4位、
のチームで予選となるとまさしく潰し合いとなります。

去年負けてるんですよね、ここのチーム、、、
と並んでの予選が分かっており、
なんだか、先週神戸後と言う事もあり、
緊張の(たぶん)一戦でしたのね。。。
 
 

そして、こちらレースの必需品の雑巾忘れた!状態で、
ニスの部分が濡れて滑るのが常だったのですが、
今回いい感じに乾燥気味でして、濡れて滑るでなく、

艇座が乾燥してユニフォームの生地と滑り過ぎる。

これは許せーん!(`Д´)だったので、

艇座に海水塗りつけて、
(地味にこういう事をしているのだ)
いつもの感じに近づけまして完了。
もう~、こういうちょっとした事はかなり許せませんのよ。

いつもと違う艇だしオールだしこんなもんだろうと、
その妥協がゴールまで響くこともあれば、
レース終わったら、なんでこんな所の皮が!
と、後で気付く様なハイテンション時もある。
 
 

運転する前の座席調節するとかそんな感じで、
何とかなりそうな違和感は速攻処理です、です。
 
 

 

と、臨んだ予選ですが、
 
 

「速かったのに~・・」
 
 

と言っていただくも、予選1位通過ならず敗退となり・・、

先週神戸に比べると、チームとしては手応え有だったかなと。
が、個人個人まで掘り下げると、
そうだったの~?!的な事がポロポロ。
だいたい、自分のオールしか興味がない、
に近い、チーム内での気遣いなどできない古株。。
ただ、ちっさい「あれッ?」は、
結構あなどれない事がこの神戸、横浜でよく分かった?!

 

後々、この予選時のタイムが、
決勝レースのタイムを何だか上回ってたとかで、
頑張り賞を頂いちゃいましてーー!!
ありがとうございまっす!!!
 
 

 

あ、男子の方は無事16入りという事でね~、(ついでか?)
「これ例えば16位通過で優勝したらカッコ良くね?」
などと「揺さぶり」かけてみましたが、(どんな揺れ?)
そんな計算通り全く行く訳ございません、この競技。
 
 

 

昼からしか会場いなかったのでアレなんですが、
海が穏やかで、非常に漕ぎやすい日だったのでは。
エイも居た。(関係ないか) 

 

準決勝辺りになりますと、展開もスピーディーでして、
どこかの決勝で見たかしら、みたいな面々の一本や、
あれどこのチーム?の会話も飛び交います。
 
 

上位チームに名を連ね続けるチームは、
安定感と、練習に裏づけされたものが漕ぎに出ています。
 
 

今回、各上位戦を見ていて、
 

各地のレースでも名の知られたチームになりますと、
ここのチームだったら、この辺りでこう来るよね、出るよね、
という、そのチームのレーススタイルみたいのが、
見てる側の中で勝手に出来てて、それをまた、
勝手に目の前のレースの光景に重ね、
想像しながら見てたりするんですが、
 

その想像してる姿と、目の前の姿に、
「来ない」とか「どうした?」が起こった瞬間と共に、
勝ちが動いていくのを感じましたかねぇ。。
 
 

 

  見てるばっかでなくて出ていたいものなのだが。
 

 

 

 

 地元の意地、
   

 

 練習の賜物、
 
 

 

 そして若さ!もうまぶし過ぎるー!sun
  

 

     に彩られた、今回の横浜レースでございました。
 
 
 

 

ホント今回shine優勝おめでとう!(そしてご馳走様!)shineです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神戸レースお疲れ様でした!<2013>

前日までの雨も嘘のような(こっちは思いっきり降ってたんだ、うん)、
木々も空も青々した五月晴れの中、
 
 

flag第35回神戸港カッターレース
  

 

無事開催終了~致しました!!
 
 

ご参加のチーム、選手の皆様、
仲間の応援に駆けつけた皆様、
また大会関係スタッフ皆様、

 
 

一日お疲れ様でした!
ありがとうございました!!shine
shine 
 

 

カラッとした天候にも恵まれまして、
 
 

我が男女チーム初戦にて撃沈
 
 

という散々たる結果になり、

 

えーと、
 
 

どうしますかね、コレ!!(´Д`;≡;´Д`)
 
 

 

と、今シーズン開幕戦でこの有様!
とは言え、急に次から変わった事が出来るわけでもなく、
来週には横浜も控えておりまして、
今出来ることをレースで最大限発揮するのみで。。
 
 

 

目前で繰り広げられる準決勝、決勝戦と眺め、
 
「あそこ速ぇな~~」とつぶやけば、
 
 

 

♪オールが揃ってませんね~
 
 

 

キビシーな!!Σ(゚д゚;)
 
 

 

と、お馴染みアナウンスも冴え渡る中、
 
 

ふと、
うちは随分とのんびりやってるのだな~と改めて思った訳で、
(今始まった事ではないと言えばそんな感じだが)
絶対勝ちを奪いに行くぜ!というよりは、
ラッキー待ちのようなフシすらある気がする。
確かになんだかラッキーが降ってくる時もある。

が、毎回確実に降ってくる、
ような事は出来てないのだろう。
 
 

「あーもっと自分がこうだったら勝ったかも」
と、後悔だらけになるような事は覚えがなく、
1本1本自分がやれるだけはやった、で今まで来てて、(いや昔過ぎたり似たような事が多々あって覚えてないだけかもしれない)
それで勝っても負けても「これが全ての結果」としてきた。
 
 

負けは負けで認める以外の方法が思いつかず。
なんでかな~と思っても今日の1本は帰って来ず。 

相手より前に出たければ当然そういう1枚になるよな、
という漕ぎがあると思うのだけれど、
形やオールを揃える事で抑えなきゃいけない事も当然あり、
いつもそんな漕ぎ方してないじゃん!がレースで出ても、
いい結果に終わるパターンや、
練習通りにやれたけど勝っていない事がある。
 
 

かなり漕げた気がするって人と、
全然いつもみたいに漕げてないって人が混じってるより、
今日のコレ何なのよ!って全員の感想が一致した方が、
結果がしっくり納得いったりする事がある。
 
 

レースとなると、練習では出てこない、
思い切って突き破らないといけない部分がある。
突き破った仲間についていける仲間が居て、
フォロー出来る仲間が居て、
そうレース用のテンションを爆発させることが出来るのも、
仲間との練習や過ごした時間の上に成り立つ。
 
 

きっと、
  

お行儀がいいのよね、アタシたち、、、(そっち行くか)
 
 

 

とか、決勝を眺めつつ、、、して、決勝はと言えば、
女子優勝チームのオールの迷いの無いことこの上なし
これはロング旋風来るか!と思わせた男子決勝。
シニア戦では、
これは付けられるべくして付いた(んですよね!?)
チーム名と納得の漕ぎ。  
 
 

そういう姿を見ていると、
自分たちはまだまだ遠慮と自分の事でいっぱいいっぱいで、
仲間がどうだまではまさか手は回らない感が。

仲間相手にそうだから、ましてや、
この子(艇)がどんな風に走りたいかなんてのは三の次。
(またどっか行ったなコレ)
長・指揮は頭脳で、漕ぎ手はそれに忠実な手足でありたい。
ka_ako的に思い返せば、
ちょっと艇に対するものが欠けてたかなぁと。
そりゃラッキー降ってこないわ、と今思う。
 
 

練習内ではこんな事は、 
まず考えない事柄であるのは間違いないので、 
経験値にカウントしたいと思います。

と、初戦敗退のアンニュイ気分の、
写真も無しの超特急記事ではございますが、 
とにかく言える事は、

勝っても負けてもカッターが好きだーwaveドーン
 
 

では次、横浜でー!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

横浜レースお疲れ様でした!<2012>

誰もが、雨具をしのばせて乗り込みましたるは、
昨日、山下公園で行われました巨大なる、
 
 

 第29回 横浜港カッターレース
 
 

で、ございました。

 
選手の皆様、大会関係スタッフの皆様、
遠くから地元から応援に駆けつけてくれた皆様、

 
 

一日お疲れ様でした~ 

ありがとうございました!shine

 

 
 
昨日はギリギリかで「雨具不発」となりまして、
 
 

 

・・・・なんつーか、暑いやね。。。
 
 

 

というほどの日差しの下での大会となりました。

でも、今日降るの?降ってくるの?
と、気になれば誰かに聞く聞き続ける
みたいな一日で。
 
 

雨具と同様、この日の持ち物として、
「雑巾」ka_akoしか持ってってなかった訳だが
をあげておりまして、こちらは活躍いたしましてよ。
 
上手い事ニスの剥げた部分を狙うか、
水気拭きとるか、で、ございます、横浜の艇。

 
 

そして朝から行われますは、

 

一般上位16チーム(来年のシード権)争奪戦!
(いわゆる予選ってやつですが)
 
 

 

 とにかく求められるは1位通過! 
 その1位通過チーム内のタイム争い!

 
 

 

「え?余裕で上がってんじゃないんですか?」 
「違うってーー!!」 

 

とか、 

「タイムだけならなぁ・・・」 
 

などの会話がきっと公園各所で繰り広げられております。
 
これが、ほぼこの一日を占めますのね、えぇ。
 
 

 

その争奪戦から離脱し、ガックリしてるため息の後ろで、

「今自転車で買って来た」と、某地元チームの方から、
こちらチームもいよいよ登りつめて参りました!
まだほんわか温かい「スーパー揚げパン(勝手に命名)
えーー?いいんですかーー?ヽ(´▽`)/と言いながらも、
 

容赦なく頬張っているのはka_akoのチーム、
(ごちそうさまでした~heart04
後ろのため息もka_akoのチーム、、、、

 

はっ!Σ( ゜Д゜)
 

 

同じチームのメンバー達が沈んでるこのタイミングで、
こっちだけ美味しいもの食べちゃって・・・。

 

そんな沈んでるメンバーに、

 
 

 

「・・・・じゃあアタシ達お昼買って来るんで・・・」

 
 

 

 鬼?!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
 
 

 いや、まだ食うんだ?!(昼食は別)

 

やはり容赦のない風景も各所で繰り広げられております、
ここ山下公園、中華街目の前。
 
 
 

 

昨日はなんだか予定時間もジリジリ早まって、
かなりスムーズなレース進行具合。
 
 

昨年はと言えば、召集場所で大会中止となり、
このメンツでは初めての横浜でして(来るのは2度目でも)
そしてこの日は、

「決勝行こう」
 
 

と、メンバーから言葉が出まして、
 
それを聞いたka_akoの心境は、
 
 

 

 「好きに漕ぐ」
 
 
 

 

 

 反抗期?!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
 
 
 

 

いや、もう、だってねぇ、実際乗って出てみな分からんし~、
あーしよう、こーしようも、
結局海面やら艇のコンディションでパーな事もあるし~、
出たトコ勝負っしょ~?
 
 

と言うより、
その時与えられた環境で左右されないものを、
練習で身に付けるのだろうし?
やっぱり練習でやった分しか出来ないし出ないし?

いや漠然と、練習時以下にはならん!、
って確信があった気がする。
 
 

何かレースだからって特別な事をした感じもなく、
もっとああすれば良かったなってのもなく、
レース(どっかと競争)したような感覚さえないに近く、
乗って漕いだらあの結果だった~みたいな。
 
 

あ~レースってこうやって出たらいいのか~と、
改めて感覚化したと言うか、
自分的には結果よりそんな事に収穫を感じる、うん。
 
 

女子決勝後、陸まで船に乗せてもらってると、
ややッ!男子決勝の艇がポツポツと~・・、
「船長急げー!」と言うまでもなく(言ってた?)十分間に合った。
 
 

そうして男女決勝も終え、結果を見てみれば、 
 

いモンにはまだまだ負けんのじゃーィ!ヽ(#゚Д゚)ノ 
 

 

と聞こえてきそうなそんな結果に。
 
 

 

して、ka_akoの心境は、
 

「アタシ達はまだまだ強くなる!」
 
 

と思いました今回横浜レースでございました。
 
 

そして次なる大阪が、
もう楽しみになっている次第でございます。

 

Securedownload カッターお疲れ様~~ 

 

120610_172124 こやって見るとかわえぇのぅ。。




| | コメント (6) | トラックバック (0)